はしご湯のすすめ青森県の温泉


アソベの森いわき荘
百沢温泉アソベの森いわき荘

弘前市大字百沢字寺沢28-29
TEL(0172)83-2215
いわき荘HP
9時?〜16時(うる覚えなので直接確認されてみてください)
本館350円・新館500円
備考:新館浴室は撮影禁止の為、画像は本館ヒバ風呂のみです

訪問:06年1月

百沢温泉
ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩・塩化物泉
48.5℃ 溶存物質計=1335mg
Na=169.3mg(44.66mv%) K=31.1 NH4=0.7 Mg=81.1(40.47) Mn=0.1 Fe2=3.6
Li=0.2 Ca=28.9 Al=0.1 F=0.3 Cl=219.9(36.82) SO4=13.5 H2PO4=0.2
HCO3=631.6 (61.46) H2SiO3=148.2 HBO2=6.4 CO2=203.7
(H元.10.13)

※温泉利用状況は上記いわき荘HPにて詳しく公開されています。


詳細は不明ですが「アソベの森」とは岩木山の事を指すのだそうだ。通り沿いに案内看板があったのでフラッと立ち寄る事にしてみた。岩木町振興公社の経営で公営の温泉宿泊施設のようです。まだ出来てからあまり年月が経っていないのか、外観館内ともにキレイな印象です。お風呂は新館大浴場&本館内湯の二箇所にあります。それぞれの浴場入り口に受付があり、二箇所のお風呂は別料金でした。

まずは新館です。こちらは万人向けのお風呂で豪華な総ヒバ造りの浴槽です。新館浴室は撮影禁止なので画像はありません。浴室空間にヒバの香りが漂っており、なんともいい香りです。内湯は船形の浴槽で20人は入れる広さのものです。雰囲気はとても良いので、画像がお見せ出来ないのが残念。黄土色濁り、薄い浴感の印象。温泉は源泉投入しながら循環をしており、半循環です。内湯からそのまま移動できる露天風呂は大小の岩石を組み合わせた岩風呂。雪見の露天風呂で良かったのですが、なんていったってカルキ臭がプンプンしていてすぐに撤収する。

やはり温泉好き(マニアではない!)には本館ヒバ風呂に浸かる事をお薦めします。こちらも浴室空間はヒバの香りでいい香りです。なぜかこの香りでリラックスしてしまいます。1.5×3.5mのヒバ造り浴槽は何度お目に掛かってもいいものです。湯はキレイな緑色笹濁り。甘味にダシ塩味のキシむ感じがします。35L/minほどの源泉を利用しており、充分量を掛け流し。溢れ出す湯の通り道は、鉄分で変色。何度も言うようですが新館より本館が良いです、本館だけなら350円也。
(06年1月)

(三昧)




本館ヒパ風呂(男性)


静かにかけ流し


キレイな緑色笹濁り


はしご湯のすすめ青森県の温泉