はしご湯のすすめ宮城県の温泉


東鳴子温泉 上川原荘
東鳴子温泉 上川原荘

玉造郡鳴子町大口字蓬田64
TEL(0229)84-7240
立寄り時間不明/200円

訪問:05年9月

上川原1号/単純温泉(Na-HCO3)/44.2℃ pH=? 成分総計=418.8mg K=2.9mg Na=70.7(91.30mv%) NH4=0.6 Ca=2.7 Mg=0.2 Fe2=0.5 F=0.4 Cl=9.7 Br=0.2 SO4=10.9 HPO4=2.8 HCO3=161.6(80.18) CO2=9.5 HAsO3=0.1 H2SiO3=145.5 HBO2=0.5 CO2=6.2 (S49.5.10)


かなりの鄙びというかB級と言って良いのか不明ですが、不思議な施設です。以前はお宿だった形跡がありますが、現在では宿泊営業はしていない様子。立ち寄りさえも、とりあえずお客さんが来たら入れてあげる、といった雰囲気の「上川原荘」です。受付しようとすると、庭で草刈り中のおばあちゃんが来てようやく入湯させていただく。薄暗い館内も電気が点いたり点かなかったりでなんでも来い!状態。

しかし、湯は新鮮で絶品ものである。正方形の2人が浸かる事ができるほどの広さの浴槽に、薄ウーロン茶色のモール泉がたっぷりと満たされている。源泉は塩ビ管にて浴槽内へ直接に注入されており、新鮮そのものである。推定40-50L/minは使用していると思われ、とても贅沢な湯使い。湯の表面はアワでモヤモヤしている状態である。気泡の浮遊があり、おかげで肌はスベンスベンでたまらない。新鮮な金気臭が漂い、こちらを刺激してくるといった湯で気に入る。
(05年9月)

(三昧)


東鳴子のメイン温泉街から川の向こうにある温泉宿。どうやら現在は立寄りのみ受付のよう。かなり年季の入った館内で、脱衣所の電気はつく。けれど浴室の電気はつかない。浴室は湯布院の田中市共同浴場に似た独特の雰囲気がある。

お湯はとびきり良かった。3〜4人サイズの浴槽に満たされるモールちっくな薄茶濁りの適温湯は贅沢な程の掛け流し。浸かると細かな泡がビッチリと付着し、ぬぐってもぬぐっても泡に包まれる。泡効果で嬉しい程のスベスベ。金気を含む温泉臭も心地よく、鮮度良好の湯との思わぬ出会いに、すっかり御機嫌になってしまった。帰り際、男湯を見せてもらった。女湯より小さな浴槽で、お湯がより一層楽しめそうで羨ましかった。
(05年9月)

(まぐぞー)



男性


結構な掛け流し


女性


はしご湯のすすめ宮城県の温泉