はしご湯のすすめ埼玉県の温泉


羽生温泉華のゆ
羽生温泉 華のゆ

羽生市西3丁目19-3
TEL048(560)4126
華のゆHP
3時間/平日750円/土日祝900円
フリータイム/平日1000円/土日祝1300円
10時〜24時30分(23時30分まで受付)
備考:別料金で貸切風呂、砂風呂あり


羽生温泉 華のゆ
ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉
44.0℃ pH=8.1 460L/min(動力掘削) 溶存物質計=1420mg
Na=411.8mg(93.14mv%) K=4.7 NH4=2.6 Mg=1.9 Ca=16.3 Al=0.5 Fe2=0.7
F=0.2 Cl=298.6(44.69) SO4=1.0 HCO3=627.9(54.62) CO3=3.0 H2SiO3=44.1 HBO2=7.0 CO2=5.3
(H16.12.13)


※(源泉かけ流し浴槽)完全放流式、加温、加水なし/(その他の温泉浴槽)加温、滅菌、循環ろ過装置



宿泊施設のルートイン羽生に併設の日帰り温泉施設です。宿泊者は当然にも無料で日帰り温泉施設を利用可能。受付で平日料金750円と告げられ、「ちょっと高いな」と思いつつも脱衣所へ向かう。あまりの脱衣所の設備の充実に驚く。脱衣ロッカーの造りやひとり一人専用の化粧台、浴室との境に敷いてある足拭きマットまでが豪華なのである。浴室に入ると洗い場と浴室が扉で完全に分けられており、これまた新鮮な印象。お風呂は内湯&露天風呂があり、それぞれ源泉掛け流し浴槽、掛け流しでない温泉利用浴槽、真湯浴槽がある。掛け流し浴槽のみに興味があったので、入湯もそれのみ。内湯のメイン浴槽は桧風呂と称した掛け流し浴槽。横に細長い長方形型で10人弱はいけそうです。源泉は浴槽底から注入されていて、新鮮な湯使い。湯の色はガラス張り窓からの光の差込具合できれいな黄緑色に見える。つるすべ浴感で重曹泉そのものだ。わずかに塩っけがあるかなという程度、弱アブラ臭を感知する。

露天風呂も数種類の浴槽あるが、ここでも源泉掛け流しの浴槽のみ入湯。浴槽ごとにきちんと掛け流し、もしくは循環ろ過等の表示があるので分かりやすい。露天風呂中央にメインの掛け流し浴槽がある。大小の岩の組み合わせた岩風呂で、ココでは光の関係で黄色がかった色に見える湯が満たされている。黄色透明、つるすべ感に弱アブラ臭。浴槽隅にある湯口ではボコボコ?ドコドコ?という音と共に、源泉が浴槽へ送り込まれている。鼻を近づけるとちょい金気に弱アブラ臭、また湯口付近は体への細かなアワ付きもある。その他にもう一つ、掛け流しの浴槽があった。湯浴みで疲れてきて、少しばかり休憩用の椅子でウトウトしているとふと目が覚めた。目を閉じて休んでいると、湯口から出ているボコボコ?ドコドコ?音がお祭り太鼓のように聞こえてきて面白い。

青森・津軽地方の平野部、栃木・塩原平野部の温泉にもこのような類の温泉が湧出しており満足でした。
(05年11月)

(三昧)



掘削ラッシュの埼玉県内に平成16年12月湧出した新しい温泉。ビジネスホテル併設の温泉センターで、食事処やカットサロン、リラクゼーションルームも揃います。館内はまだ新しい為か、どこもかしこも綺麗でピカピカ、従業員のおばさん達もニコニコ皆親切に接してくださいます。

さて、肝心の浴場ですが、大きくわけて内湯ゾーン、露天風呂ゾーン、洗い場ゾーンの三つにわかれています。内湯、露天風呂には様々な浴槽が並び、どれに入っていいか迷う程。こういう温泉施設は「数ある浴槽のひとつだけが温泉利用」というのがよくあるパターンですが、ここでは数カ所の掛け流し浴槽を含め、圧注浴槽や座湯など、埼玉では珍しい程の温泉大盤振舞。

湯は黄緑色を帯びた澄んだもので、湯面に陽の光が射すと、まるでビタミンドリンク剤のような鮮やかな蛍光色を発します。湯口付近では肌にビッシリと泡付きもあり、湯の中をフラフラと小さな気泡が漂う様子も見られます。その為か実にスルスルとした肌触り。ただ、泡付きがあるものの湯の柔らかさはあまり感じられませんでした。湯口付近の臭いを嗅ぐと何ともいえぬガス臭が漂い、湯で顔を洗うと特に金気とも思える臭いを感じます。なんというか、まるで只見川沿いの湯のような‥そんな印象の臭いです。内湯のひのき風呂は泡付きがよく、露天風呂一番奥の源泉掛け流し浴槽は湯の臭いをより強く感じる事ができました。

カランにはシャンプー、ボディソープ、洗顔ソープと揃い、パウダールームにはドライヤーに化粧水類等、備品も充実。浴槽やサウナの種類も多く一日いても飽きない感じです。今回は平日に訪問した為か、館内はお客さんもまばら。のんびり静かに湯浴みが出来ました。
(05年11月)

(まぐぞー)





内湯「ひのき風呂」



内湯「半身浴」



内湯「圧注浴」



露天メイン浴槽



露天「寝湯」



露天「座湯」



露天「壷風呂」




露天「源泉かけ流し浴槽」




温泉マークが
掲げられている浴槽は
源泉かけ流し

画像はすべて男性浴場のものです。女性側は露天メイン浴槽以外ほぼ同じ造りです。


はしご湯のすすめ埼玉県の温泉