はしご湯のすすめ栃木県の温泉


奥塩原新湯温泉 寺の湯 奥塩原新湯温泉 寺の湯

那須塩原市湯本塩原
奥塩原新湯温泉HP
7時〜18時/300円

訪問:05年10月

寺の湯
酸性-含硫黄-アルミニウム-硫酸塩泉(硫化水素型)
74.3℃ pH=2.2 溶存物質計=2099mg
H=6.4mg Na=37.0 K=11.3 Ca=78.9 Mg=22.2 Al=102.4 Mn=0.2 Fe2=14.8 Zn=0.1
F=0.2 Cl=11.9 HSO4=251.0 SO4=1180.9 H2S=55.6 H2SO4=4.0 H2SiO3=320.9 HBO2=1.7
(H5.7.7)


塩原新湯温泉には三箇所の共同浴場がある。今までに何度も新湯温泉に行ってますが、寺の湯は未湯であった。今回、機会があったのでようやく入湯。木造の湯小屋でいかにも共同湯といった外観です。入口扉には一回300円と掲示が目に入ります。湯小屋内に入ると、以前は混浴だったと思わせる造り。脱衣所が二つに、浴槽も二つあります。おそらく浴槽と浴槽の間に仕切りの壁でもあったのでしょう。1.5×1.5mの正方形の浴槽が横並びに二つあります。総木造りの浴槽はなんとも自分好みでたまりません。こういう浴槽は何度、お目にかかっても良いですね。湯は塩ビ管よりチョロチョロの投入。つるつる感もあり、ギチギチ感もある白濁湯でタマゴ臭に明礬臭も目立つ湯です。味、臭い、浴感ともに濃厚な湯で気に入っていまいました。新湯に来たら共同浴場は「寺の湯」と「むじなの湯」に浸かると良いと思います。
(05年10月)

(三昧)




寺の湯浴室


すぐ裏は新湯爆裂火口跡


はしご湯のすすめ栃木県の温泉