はしご湯のすすめ群馬県の温泉


草津温泉 睦の湯
草津温泉 睦の湯

吾妻郡草津町
24時間(下記時間除く)/無料
清掃9時〜11時30分/区民専用15時〜21時
備考:地域の生活湯です。
入浴の際は、「もらい湯」感謝の心で・・・。
共同浴場利用要件の掲示

訪問:02年6月〜04年5月数回利用、05年10月、09年9月、10年7月、11年4月、12年2月

湯畑/酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)/51.3℃ pH=2.1 溶存物質計=1.65g Na=56.0mg K=27.5 Mg=36.3 Ca=73.5 Fe2=17.5 Mn=1.8 Al=43.8(20.14mv%) H=8.9(36.54) F=9.9 Cl=311(35.63) SO4=640(54.16) HSO4=192 Br=1.3 H2SiO3=216 HBO2=8.2 H2SO4=4.3 CO2=36.7 H2S=7.1 As=0.1 (H25.4.24)/※温泉利用状況=全ての項目において該当なし/→以前の分析はページの下


草津熱帯園近く、住宅街に囲まれた共同浴場で、温泉街の中心から離れているためか、ここまで足をのばす観光客は少ないようだ。コンクリ浴槽で8人はいけそうな広さです。近所のお爺さんが先客でいて、泣けるほどとても暖かで親切に接していただいた。こういう立地のため、夕方は区民専用となり、たくさんの地元民で賑わう。湯はちょっぴりマイルドな「湯畑源泉」利用。
(04年5月)

…………………

ここ暫く訪問していなかった「睦の湯」。何度も飽きる事なく草津共同浴場巡りをするのが楽しみのひとつとなっています。地域密着型の共同浴場で観光客は貰い湯のマナーを守りましょう。

相変わらずに湯畑源泉がドンドコ投入となっておりコンクリ浴槽からは大量に溢れ出しています。大量投入といっても、自由自在に源泉バルブを操作できるので、今回はたまたまバルブ全開になっていた、といった方が正しいかもしれません。

無色透明の43℃。タマゴ臭はどこかに飛んでしまっている。万代鉱源泉を引いている共同浴場の後に浸かったせいか、レモン酸味はいくらか弱く感じてしまう。
(05年10月)

(三昧)



木造りのぬくもりある湯小屋がいい感じの睦の湯です。観光名所「湯畑」から離れている為か、はたまた周囲が民家に囲まれている為か、数ある草津共同浴場の中でも昔ながらの地域利用率が高いところです。

天井が高く広々とした印象の湯小屋には、コンクリ造りの長方形浴槽がひとつ。詰めれば7〜8人入られそうな大きさです。湯口からは万代鉱に比べ優しい印象の(それでも酸味は強い)湯畑源泉がドバドバ投入され、ザコザコと溢れています。なにしろ存分な掛け流しなので鮮度の良さは申し分ありません。訪問時は何時でもキリッとした熱湯を楽しめます。

ここは地元専用時間外でも沢山の御近所さんがお風呂セットをぶら下げ、浴槽を囲み体や頭を洗っています。当然ながら皆さん古くからの顔馴染みで、世間話でワイワイと盛上がるわけですが、あきらかに見知らぬ顔の私がひとり混ざっても気さくに声をかけ、いろいろ気遣ってくださいます。草津共同浴場は地域ごとに、そこに住む方の雰囲気が違うのですが、ここは何時来ても気さくで笑顔が絶えない印象です。
(09年9月)

(まぐぞー)




外観(09年)


男性(09年)


男性(09年)



女性(09年)


女性(09年)


女性(09年)


睦の湯温度(気が向いた時だけ計測しています)
11年4月1日湯口47.1℃、浴槽44.7℃

【以前の分析】湯畑/酸性-含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)/53.9℃ pH=2.0 湧出量測定せず(自然湧出) 溶存物質計=1720mg Na=61.2mg K=26.8 Mg=34.3 Ca=73.8 Fe2=19.0 Mn=1.23 Al=52.2(22.05mv%) H=10.0(37.73) F=11.4 Cl=381(41.22) SO4=606(48.44) HSO4=206 H2SiO3=230 HBO2=8.8 H2SO4=5.2 H2S=13.0 (H15.4.15)


はしご湯のすすめ群馬県の温泉