はしご湯のすすめ群馬県の温泉


草津温泉 瑠璃の湯
草津温泉 瑠璃の湯

吾妻郡草津町
24時間(午前10時30頃清掃を行っていた)/無料
備考:地域の生活湯です。
入浴の際は、「もらい湯」感謝の心で・・・。
共同浴場利用要件の掲示

訪問:02年6月〜03年1月数回利用、05年10月、07年3月、12年4月

湯畑/酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)/51.3℃ pH=2.1 溶存物質計=1.65g Na=56.0mg K=27.5 Mg=36.3 Ca=73.5 Fe2=17.5 Mn=1.8 Al=43.8(20.14mv%) H=8.9(36.54) F=9.9 Cl=311(35.63) SO4=640(54.16) HSO4=192 Br=1.3 H2SiO3=216 HBO2=8.2 H2SO4=4.3 CO2=36.7 H2S=7.1 As=0.1 (H25.4.24)/※温泉利用状況=全ての項目において該当なし/→以前の分析はページの下


瑠璃の湯は湯畑から草津バスターミナル方向に歩き、坂道を登った右手にある共同浴場。周辺は商店街で、その中にポツンと建っています。あまりにも地味な佇まいで、ボンヤリ歩くと見逃すかもしれない。

5人サイズの変形コンクリ浴槽が一つだけの簡易なもの。利用の源泉は湯畑より引き湯している。草津の3月はまだまだ寒い時期で、浴室は湯気がたくさん。無色透明、レモン風味酸味、44℃の湯中には細かい白系の湯華が踊っています。清掃時間を除く24時間、観光客にも開放されています。
(07年3月)

(三昧)


草津バスターミナルから湯畑へ向う道沿い左側にある瑠璃の湯です。目の前の道は比較的観光客が多いのですが、建物自体が地味な為か、つい見過ごされがち。私も02年に初めてここを通った時は、てっきり町の寄り合い所かと思って通り過ぎてしまいました。

浴槽は3人程(つめて4人)サイズのベース型、洗い場共々コンクリ造りです。以前は洗い場に木製のスノコが敷かれていましたが、いつの間にか無くなっちゃいましたね。湯は草津の中でも優しい「湯畑」利用。無色透明、酸っぱい湯が蛇口より惜し気も無く掛け流し。湯畑により近い「関の湯」と比べると、湯口温度が若干ぬるく、お湯もより優しく感じるのは気のせい?

観光客には見過ごされ気味の瑠璃の湯ですが、地元の生活湯としては大いに活躍のようで、特に夕方など目の前を通るといつも誰かしらが利用中。特に地元時間は作られてない様子ですが、浴室があまり広くないので、やはり夕方からの地元お風呂タイムは避けた方が良いかも。
(07年3月)

(まぐぞー)



男性浴室(12年)


女性脱衣所(12年)


女性脱衣所(12年)



女性浴室(02年)


以前は床が
スノコでした(02年)


掲示



掲示


掲示


掲示

【以前の分析】湯畑/酸性-含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)/53.9℃ pH=2.0 湧出量測定せず(自然湧出) 溶存物質計=1720mg Na=61.2mg K=26.8 Mg=34.3 Ca=73.8 Fe2=19.0 Mn=1.23 Al=52.2(22.05mv%) H=10.0(37.73) F=11.4 Cl=381(41.22) SO4=606(48.44) HSO4=206 H2SiO3=230 HBO2=8.8 H2SO4=5.2 H2S=13.0 (H15.4.15)


はしご湯のすすめ群馬県の温泉