はしご湯のすすめ群馬県の温泉


草津温泉 喜美の湯
草津温泉 喜美の湯

吾妻郡草津町
24時間/無料
午前中(不定)〜12時は掃除
備考:地域の生活湯です。
入浴の際は、「もらい湯」感謝の心で・・・。
共同浴場利用要件の掲示

訪問:02年6月〜05年10月数回利用、06年2月、10月、09年9月

湯畑/酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)/51.3℃ pH=2.1 溶存物質計=1.65g Na=56.0mg K=27.5 Mg=36.3 Ca=73.5 Fe2=17.5 Mn=1.8 Al=43.8(20.14mv%) H=8.9(36.54) F=9.9 Cl=311(35.63) SO4=640(54.16) HSO4=192 Br=1.3 H2SiO3=216 HBO2=8.2 H2SO4=4.3 CO2=36.7 H2S=7.1 As=0.1 (H25.4.24)/※温泉利用状況=全ての項目において該当なし/→以前の分析はページの下


住宅街の入り組んだ場所にある共同浴場「喜美の湯」です。浴場建物が曲線の屋根で特徴があります。個人的に「喜美の湯」の外観は好きであります。

入口を入ると脱衣所まで縦に細長い造りになっています。脱衣所と浴室が防犯対策のためにか、ガラス窓なのは草津の共同浴場ではよくあるものです。浴室天井が高く、湯気などはモクモクと屋外へと排気されています。

浴槽は4-5人の広さで浴槽縁は木製。源泉は塩ビ管より一度、湯溜めに落とされそこから浴槽へ投入されます。無色透明の湯で、42℃と草津では温めの温度でした。朝の訪問でしたが、近隣住民の方は既に湯浴み中。休日の朝、のんびりした雰囲気の喜美の湯でした。
(05年10月)

…………………

車中泊後の朝一番風呂で訪問する。毎度ながら誰も居ない浴室はなんとも言えなく心地良い。どういう外湯なのかは今更なので省略。お約束の温度は湯口で48.5℃、浴槽では45.5℃でした。
(09年9月)

(三昧)



千歳の湯から路地を歩いて2分ほど、スーパーもくべえ近くに位置している喜美の湯です。外観は社寺のような風格ある造り。浴室は4人強サイズの長方形タイル浴槽(縁は木造)がひとつあり、一度湯枠に投入された湯が浴槽へと流し込まれる仕組み。その為か他所よりも湯温は若干ぬるめ。また、浴槽の深さも他所より浅い感じなので、お年寄りや小さいお子さんにも優しい浴場かと思います。ここのオススメ入浴時間はなんといっても昼間!明り取りから陽の光りが浴室内に射込み、湯気や湯がキラキラと輝く様は実に風情があります。周囲は住宅街という場所柄、夕方には沢山の地元住民で賑やかに。湯は優しい「湯畑源泉」利用。
(03年1月)

…………………

約2年半振りの訪問です。外観も内装も特に変化ないようで、相変わらずいい雰囲気を醸し出していました。ただ、普段より「ぬるめ」の印象がある喜美の湯ですが、この日は湯口から流し込まれる湯からしてより一層「ぬるめ」で、湯汚れもあり鮮度がいまひとつ良くありませんでした。
(05年10月)

…………………

久し振りの喜美の湯です。以前と特に変わった様子はありません。相変わらずココの湯はぬるめで、そして他所の草津共同浴場の鮮度の良い湯と比べ、やっぱり「なまり気味」となっています。男性側はそうでもなかったようなので、浴槽の構造に加え、シャンプーなどの使用度が高い女性側だからなのかも。
(09年9月)

(まぐぞー)




正面


男性


女性

【以前の分析】湯畑/酸性-含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)/53.9℃ pH=2.0 湧出量測定せず(自然湧出) 溶存物質計=1720mg Na=61.2mg K=26.8 Mg=34.3 Ca=73.8 Fe2=19.0 Mn=1.23 Al=52.2(22.05mv%) H=10.0(37.73) F=11.4 Cl=381(41.22) SO4=606(48.44) HSO4=206 H2SiO3=230 HBO2=8.8 H2SO4=5.2 H2S=13.0 (H15.4.15)


はしご湯のすすめ群馬県の温泉