はしご湯のすすめ群馬県の温泉


草津温泉 長栄の湯 (町営の湯) 草津温泉 長栄の湯(町営の湯)

吾妻郡草津町
24時間(清掃8時30分〜10時)/無料
備考:地元の方の生活湯です。
入浴の際は、「もらい湯」感謝の心で・・・。
共同浴場利用要件の掲示

訪問:02年6月〜05年10月数回利用、06年2月、4月、11年4月

万代鉱/酸性-塩化物・硫酸塩温泉/96.5℃ pH=1.6 溶存物質計=3.3g Na=101mg K=57.9 Ca=102 Fe2=6.3 Mn=2.8 Al=47.1 H=26.0(54.84mv%) F=23.2 Cl=742(44.41) SO4=836(36.92) HSO4=732 Br=2.9 H2SiO3=501 HBO2=18.7 H2SO4=48.1 CO2=14.7 As=5.23 Pb=0.17 (H25.4.24) ※温泉利用状況=全ての項目において該当なし→以前の分析はページの下


ここは草津町営住宅の敷地内にあり、まさに地元住民の為の共同浴場といった感じ。場所も観光客の往来する地区から離れ、ちょっとわかりにくい所にある。その為、過去幾度かの訪問で他の観光客と出会った事が一度もない。浴室は、たくさんの戸数があるせいか広めに作られている。7-8人は入られそうな浴槽に、上がり湯も完備。しかしながら、大勢の人が生活湯にしているせいか、なぜか湯はいつも温めである。
(05年10月)

…………………

以前は「町営の湯」だったが、現在では「長栄の湯」とネーミングが変更になっている。今回は冬場の再訪で浴室は湯気がムンムンと篭っている。写真は撮影は無理でした。万代鉱源泉を引いておりますが、今回もぬるめの41-42℃ほど。朝一の風呂でのんびり浸かっていると、後からきた団地住人様にはぬる過ぎたのか、温度がぬるいと分かり次第バルブ全開のドンドコ投入。お湯はいつも新鮮さにちょっと欠ける。ちょうど冬の雪祭りの開催時期にあたり、団地の広場にはどこからか運んできたと思われる大量の雪が小山のようになっていた。かまくらも造られていて、子供達には人気らしい。
(06年2月)

(三昧)



団地に隣接した地元の方の生活湯。その為か草津共同浴場の中では湯汚れが目立つ方。5〜6人サイズのシンプル浴槽に満たされる湯はキリリと熱い万代鉱利用ですが、その本来の強烈さは上がり湯のみで満喫できるといった感じ。浴槽内に水の蛇口もあるので、皆さん気兼ねなく加水している様子。湯巡りの一湯目や、ゆっくり浸かりたい時、お子さん連れにもいいかもしれない。草津共同浴場の中でも特に観光向けでない。立地上、夜中の訪問、特に車の乗付けは避けるのがベスト。そーっと静かにね。
(02年10月)

…………………

約2年ぶりの訪問です。「町営の湯」という名前で親しまれていましたが、ごく最近になって「長栄の湯」という看板が出来ました。看板は新しくなりましたが、浴室は何も変化ありません。湯は相変わらずの万代鉱マイルドバージョンが満たされていました。
(04年8月)

(まぐぞー)


02年〜06年



男性浴槽
女性側もほぼ同じ


湯口(男性)


上がり湯(男性)



タイトル「ザ・矛盾」
禁煙なのに吸殻入れが
あるんだな〜


浴場入り口


冬に行ったら
かまくらがあった

11年



男性浴室


男性浴槽


上がり湯

【以前の分析】万代鉱源泉/酸性-塩化物-硫酸塩泉/94.6℃ pH=1.7 溶存物質=3510mg Na=149.0mg(13.55mv%) K=74.8(4.00) Mg=57.9(9.95) Ca=93.2(9.72) Fe2=7.27(0.54) Mn=2.35 Al=48.3(11.23) H=24.5(50.83) F=20.4 Cl=901(49.93) HSO4=826(33.78) HSO4=683(14.11) Br=3.25 H2Sio3=558 HBO2=20.3 H2SO4=42.4 H2S=0.3 総ひ素=9.727mg (H15.6.10)/※全ての項目において該当しない


はしご湯のすすめ群馬県の温泉