はしご湯のすすめ群馬県の温泉


草津温泉 凪の湯
草津温泉 凪の湯

吾妻郡草津町
24時間(下記時間除く)/無料
清掃6時30分〜7時30分、19時〜20時
備考:地域の生活湯です。
入浴の際は、「もらい湯」感謝の心で・・・。
共同浴場利用要件の掲示

訪問:02年6月〜04年10月数回利用、05年10月、06年2月、14年3月

西ノ河原源泉(町有)/酸性-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉/51.0℃ pH=2.0 溶存物質計=2.04g Na=75.8mg K=37.1 Mg=48.4 Ca=95.3 Mn=2.4 Al=61.8(22.60mv%) H=10.0(32.62) F=13.9 Cl=434(39.72) SO4=734(49.57) HSO4=247 Br=1.9 H2SiO3=248 HBO2=11.1 H2SO4=6.2 CO2=44.0 H2S=0.6 As=1.1 (H25.4.24) ※温泉利用状況=全ての項目において該当なし→以前の分析はページの下


西の河原通りから、饅頭屋「長寿店」手前を入ったとこにある共同浴場。まず入湯前に「長寿店」で饅頭1個、風呂上がりに1個、またまた戻ってきて1個、3個も貰ってしまった。

西の河原源泉を引く「凪の湯」は、木造の3人も入ればいっぱいの広さの浴槽です。源泉は塩ビパイプが浴槽内に伸びており直接に浴槽内への注入。夜の23時の訪問時は46℃の激熱でした。なんとか掛け湯して慣らしてから湯に浸かる。無色透明、弱タマゴ臭に弱金気臭。また、一時間ほどしてから、お客さんのいなくなったのを見計らって写真を撮りにいこうと訪問したら浴槽の湯が半分程になっていて下水の悪臭がしていました。深夜の清掃タイムだったのかも??
(04年10月)

………………

久しぶりに訪れてみました。脱衣所には浴槽の清掃についていろいろ書かれています。浴場自体が道路より低位置にある為、浴槽湯を完全に抜くことが不可能との事。なので、一日に2〜3回の清掃を行いそれをカバーしているとも案内掲示がありました。湯に浸かろうと試みましたが、今回は激熱で掛け湯のみで断念しました。更新された分析書を確認して撤収。
(14年3月)

(三昧)



饅頭配りでお馴染みの「長寿店」横の路地を入った共同浴場。辺は飲食店に囲まれ、賑やかな立地の路地裏温泉。女性浴室は、浴槽、洗い場ともに木造で、なんとも言えぬ温もりがあり、「ここが一番好き」って人も多いかも?

3人サイズのこぢんまりとした浴槽に注がれるのは西の河原源泉。綺麗な無色透明湯で、底には少量の硫黄パウダーが沈殿。ただ、時々オソロシク湯が熱い時がある。万代鉱より、煮川より。しかもジャンジャン容赦ない投入量で「こりゃ、どう見ても入れ過ぎだろ」と唖然とする時も。そのおかげというか、鮮度の良さもあっての事か、ビリビリ感が強く、スベニュルで皮膚の表面が溶けるようなイメージ(もしかしたら本当に溶けてんのかも・・と思ってしまう程)。ただし万代鉱のような人工的、かつ薬品的な尖った刺激はない。ここはスズメの住みかになっているらしく、昼間に行くとチュンチュンかわいい鳴き声が聞こえる。
(04年10月)

………………

熱い。とにかく熱い。草津の中では他を寄せ付けないブッチギリの高温共同浴場です。「すんなり入れたとか」「ちょっと熱い程度だったとか」そういう時は、かなり加水されていたと思っていいかもしれません。今回もあまりの激熱に泣く泣く加水。それでもここ最近の中ではダントツ熱湯での湯浴みとなりました。
(14年3月)

(まぐぞー)







掲示


男性浴室



女性浴室


浴槽


湯口

【以前の分析】西の河原源泉(町有) 採水地点=瑠璃の池/酸性-含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)/49.5℃ pH=2.0 溶存物質計=2000mg Na=81.4mg(11.48mv%) K=34.5 Mg=41.4(11.05) Ca=95.8(15.19) Fe2=15.0 Mn=1.45 Al=70.2(25.32) H=10.0(32.18) F=14.2 Cl=499(45.34) SO4=668(44.79) HSO4=225 H2SiO3=229 HBO2=13.2 H2SO4=5.7 H2S=4.7 As=0.94 (H15.4.15)


はしご湯のすすめ群馬県の温泉