はしご湯のすすめ青森県の温泉


白神温泉 静観荘 白神温泉 静観荘

西津軽郡深浦町大字岩崎字平舘7-4
TEL(0173)77-2411
立寄り時間要問合せ/300円

訪問:05年8月、07年8月

白神温泉
ナトリウム-炭酸水素・塩化物泉
40.0℃ pH=6.8 180L/min 成分総計=8783mg
Na=2150mg(88.04mv%) K=92.0 NH4=0.3 Mg=70.0 Ca=84.0 Mn=0.1
Fe2+Fe3=2.2 Li=2.1 F=0.4 Cl=1060(28.13) Br=0.8 I=0.6 SO4=400.0 HPO4=1.4
HCO3=4140(63.98) H2SiO3=197.1 HBO2=26.3 CO2=554.4
(S60.1.17)


確か会津・只見川沿いにある温泉に似たような湯が、青森の海沿いの宿にもあったなー、と思い出し確認がてら立寄る。前回訪問は夜間だったので、昼間の写真を撮りたかったというのもあります。

男性浴室は二面ガラス張りで明るい浴室となっています。8人サイズのタイル浴槽は変わらずに健在でした。赤茶系の湯華でタイルがコーティングされているので、タイルというか別物に変化しています。浴槽隅にある湯口は、湯の析出物が堆積しまくっていて元々の姿はよく分かりません。そこから湯がでているというより、噴出しているという感じです。薄っすらと緑白がかった貝汁澄まし色の半濁りの湯。炭酸が目立ちパチパチと弾けているほどでもあります。弱キシつる浴感、重曹甘味に弱塩味、新鮮な金気臭味もあり。掛け流しでそれは良いのですが、ただ清掃状態に少々疑問。
(05年8月、07年8月)

(三昧)



深浦町の海岸線を走る国道101号線沿い、丁度「白神ロード」の入口付近にある、海が目の前のちょっと古めかしい垢抜けない感じのお宿です。夜暗くなってからの訪問でしたが、立ち寄りを訊ねてみると快くOKしてくださいました。立寄り時間は「特に決まっていない」との事でしたが、宿泊者の入浴時間6時〜22時と掲示有り。入口に立寄り用の料金箱が置かれていたところをみると、御近所さんの利用も多いのかもしれません。

男女別の浴室は、やや草臥れ感漂うもの。が、浴室へ一歩足を踏み入れビックリ!10人程入られる長方形内湯浴槽にドバドバと湯が投入され、惜し気も無く掛け流しとなっているではありませんか。そっと湯に浸かると、これまた2度ビックリ。人肌よりやや温かい程度の湯はピリピリと炭酸を感じるもので、湯面からは金気と重曹の甘い臭いがプンプンと立ち上り、口に含むと薄甘ダシ塩鉄味。まるで只見川沿いに居るかのようです。思わぬ「好みの湯」の登場に鼻息荒くコーフンしてしまった。

湯口からは非加熱源泉がジャンジャン投入、また、浴槽内では熱交換器のようなものを使用し、少しだけ加熱をくわえているようです。清涼感ある浴感ですが、ちょっとベタ感も残る、湯上がりは指先までポッカポカです。湯上がり後、脱衣所で着替えていたらば、すぐ真横を轟音とともに五能線が走り抜けビックリしてしまった。
(05年8月、07年8月)

(まぐぞー)




男性浴室
窓の外に五能線の
線路が見えます



湯口
炭酸感のある湯が
どんどこ投入



お湯は貝汁濁り





女性浴室(夜に撮影)



熱交換場



窓のすぐ外は五能線
その向こうは海


はしご湯のすすめ青森県の温泉