はしご湯のすすめ秋田県の温泉


泥湯温泉 小椋旅館 泥湯温泉 小椋旅館

湯沢市高松字泥湯沢25
TEL(0183)79-3035
8時〜18時/300円/冬期休業

訪問:04年6月

単純酸性泉
89.7℃ pH=2.4 自然湧出 溶存物質計=996.1mg
H=4.0mg Na=19.0 K=6.6 NH4=0.6 Mg=8.2 Ca=17.0 Al=20.0 Mn=0.7 Fe2=6.7
Fe3=8.3 Zn=0.1 F=0.2 Cl=4.8 HSO4=55.7 SO4=414.9 H2SiO3=429.3 CO2=370.4


「小椋旅館」は泥湯温泉にある湯治宿です。静かな泥湯温泉街への(といってもお宿は3軒しかない温泉街ですが)入口にある湯治宿が「小椋旅館」です。木造の鄙びたお宿で雰囲気が良い。受付けはお宿の帳場で、お風呂は一旦外に出て道路の反対側の建物内にあります。男女別の檜作りの内湯がそれぞれに一つずつ、というより広い浴槽を仕切り板で男女別に分けた様なつくりです。なので湯面下で男女が繋がっていました。湯は灰白色濁り、硫黄臭、タマゴ味、微酸味、金気味を感じる湯。湯温は体感で43-44℃と熱めでした。静かな湯治宿でゆっくりするには最適。
(04年6月)

(三昧)



泥湯温泉にある鄙びたお宿です。小椋旅館から奥山旅館までの眺めは細い小道に木造家屋が並び、なんとも風情あります。まずは本館にて料金を支払い、道を挟んだ向い側にある浴室へ。男女別の浴室には桧造りの長方形浴槽がひとつ。底の方で男女が繋がった造りです。10人位入られそうな大きさで、湯は白灰濁り。湯面からは酸硫黄独特のまったりとした臭いが立ち上ります。顔を洗ってみると鉄の臭い。飲むと仄かな酸味と鉄、そして硫黄独特のまったり感。浴室は年季の入った桧風呂のいい臭いが立ちこめ、気持ち良く湯浴みができました。浴槽横に打たせ湯らしきものもあったのですが、こちらは作動していたかどうかは忘れてしまった。
(04年6月)

(まぐぞー)




小椋旅館外観


男性浴室


女性浴室


はしご湯のすすめ秋田県の温泉