はしご湯のすすめ山形県の温泉


飯田温泉 飯田温泉

山形市飯田5丁目12-3
023-623-4758
7時〜20時30分
300円

訪問:05年9月



山形マップルに飯田温泉とあったので立ち寄りしてみました。住宅街の中のお宿で日帰り入湯も可能であります。受付で声を掛けると調理場から係りの方がお出迎え。

浴槽は男女別に内湯が一つあります。5人ほどが浸かる事ができる長方形浴槽は、浴槽内が十和田石造りで見事なもの。湯口からは15L/minほどの源泉が浴槽へ投入される。ほぼ無色透明、独特の薬味が目立ちなかなか美味しい。新鮮な金気臭もちょいある。浴槽内には細かいアワが浮遊していて、湯口周辺ではっきりと確認できます。体に付着したアワの影響で摩るとすべすべで気持ちが良い。中程度のつるつるも相まってダブル心地よい。浴後はあたたまりが強く、汗がダラダラなかなか止まらない程でした。
(05年9月)

(三昧)



竜王温泉荘の後「さて、次はどこ行こう?」と地図の温泉マークを見て立寄った所。飯田温泉は一般的な温泉旅館ですが、中はやや草臥れムード。湯治宿として利用されているようで、館内を浴衣で歩くお爺ちゃんお婆ちゃんもチラホラ。

男女別の浴室は館内の草臥れ感とは違い、なにやら綺麗でスッキリとしています。窓が大きく取られ、浴室全体が明るい雰囲気です。女性浴室には長方形の内湯浴槽がひとつあり、無色透明の湯が少量ながら静かに掛け流しとなっていました。

湯は浴槽内で少しばかり白濁りのあるほぼ無色透明、明るい茶色の湯花も少しばかり漂う適温湯。そっと浸かると細かな気泡が漂い、ややヌル感のあるスベスベ浴感が心地よい。湯面からは独特の薬臭が漂い、湯を口に含むとほんのり薬風味。誰もいない浴室で、湯に浸かりながらボンヤリ窓の外を眺めると、庭に観音像?がまつられているのが見えます。使い勝手の良いカランにシャワー、備品はシャンプー、ボディソープと、一通り揃い、ちょいと立寄りにもいい感じです。浴後は結構あたたまり、肌はガビカビする湯でした。
(05年9月)

(まぐぞー)




男性浴室


女性浴室


湯口(女性)


飯田温泉 ナトリウム-硫酸塩泉 44.0℃ pH=7.8 蒸発残留物=3280mg K=98.8mg Na=932.2(85.98mv%) Ca=73.5 Mg=2.1 Fe2=0.3 Al=2.0 SO4=1850(81.76) HCO3=214.0 (S37.8.29)


はしご湯のすすめ山形県の温泉