はしご湯のすすめ青森県の温泉


二双子共同浴場 二双子共同浴場

黒石市大字二双子
9時30分〜21時30分/200円
向いの奥瀬商店で湯浴み券を購入
1、15日休み(日祭日は翌日休み)

訪問:05年8月

二双子温泉
アルカリ性単純温泉(Na-HCO3)
42.8℃ pH=8.8 464.4L/min 溶存物質計=199mg
Na=43.5mg(85.91mv%) K=2.6 NH4=0.1 Mg=0.2 Ca=4.2 F=0.5 Cl=11.2 Br=0.2 SO4=10.8
HPO4=0.1 HCO3=54.9(39.65) CO3=24.0(35.24) H2SiO3=30.3 HBO2=16.5
(S63.7.26)


黒石市・二双子地区の住宅街にある共同浴場です。外来も可能で200円で立ち寄り利用できます。現金での利用は出来ないので、共同浴場の道路を挟んで反対側にある酒屋?雑貨屋?の奥瀬商店にて利用券を購入後に共同浴場へ。受付は近所のおばあちゃんが番台当番。

浴室には浴槽が一つあり、それを8人&3人が浸かる事ができる広さに仕切られている。しかし、よくある温度差を付ける目的のものでもないらしい。実際に温度差は無かった。仕切りで分かれいるそれぞれの浴槽には、20L/minほどの源泉投入がある。吸い込み有りの循環、それに源泉に加温をしているようですが、オーバーフローも結構な量となっていて満足のいくものとなっています。無色透明、無味の湯ながら共同浴場の雰囲気がよく気に入った。源泉はほのかに甘い香り漂う湯。
(05年8月)

(三昧)



黒石の住宅街に佇む共同浴場です。青森でよく見かける広々温泉銭湯の類ではなく、こじんまりとした地域の浴場といった所です。訪問時は暑いカンカン照りの昼間だった為か先客さんは誰もおりません。カランの並ぶ洗い場の奥に長方形の浴槽。縁が石造り、内部はタイル張りのスッキリとしたもので、3人サイズと8人サイズに仕切られています。このふたつ、温度差がつけてあるのかと思いきや、ほぼ同じ湯温(適温)。無色透明無味の湯はスベ感と弱キシ感のあるもので、石膏っぽい甘い臭いが漂います。大きい方の浴槽には吸込みと吐き出しがあるものの溢れ出しも多く、気持ちの良い湯です。加熱、半循環でしたが、まずまずの満足度でした。湯上がりは顔がガビガビ突っ張り度の高い湯。
(05年8月)

(まぐぞー)




男性浴槽
女性側もほぼ同じ造り


湯浴み券は
向いの商店にて購入


川沿いで見かけた
二双子共同浴場の看板


はしご湯のすすめ青森県の温泉