はしご湯のすすめ青森県の温泉


湯野川温泉 寺島旅館 湯野川温泉 寺島旅館

むつ市川内町湯野川15
TEL(0175)42-5135
18時〜22時/200円

訪問:05年7月

湯の川1号泉
単純温泉(Ca・Na-SO4・Cl)
53℃ pH=7.4
K=1.8mg Na=103.9(38.11mv%) Ca=145.0(61.01) Mg=0.6 Cl=87.9(20.93)
SO4=434.3(76.29) HCO3=19.9 H2SiO3=60.3 HBO2=2.0
(S48.10.17)


小規模な温泉街といった印象を受けた湯の川温泉です。湯の川温泉の源泉は3本あり、全て自然湧出泉で旅館配湯や公衆浴場にて利用されています。立ち寄りした「寺島旅館」は10部屋程度の中規模なお宿です。従業員の方々は宿泊客を迎える準備で忙しそう。横目に浴室にて湯浴みする。

お風呂は内湯が一つあります。明るい浴室にはきれいに清掃されているタイル張り浴槽があり、それは5−6人が入れる広さです。湯はとても熱く45℃はありそうなほどです。湯もみ&掛け湯20回にてなんとか湯に身を沈める。無色透明、弱石膏臭、ほぼ無味の激熱湯である。熱くて浴感うんぬんどころでは無かった。短時間の出たり入ったりの繰り返しにて入湯する。さっぱり爽快の風呂上りだったのですが、もうちょっとだけ温度を調整して欲しいところです。
(05年7月)

(三昧)



深い緑に囲まれた静かな静かな温泉宿です。飾り気のない素朴な寺島旅館には、男女別に各々趣の違う浴室が用意されていました。今回私が利用した女性用は、3人サイズのヒバ風呂がひとつ。洗い場スペースもさ程広くなく、こじんまりとした造りです。備品はシャンプー、ボディソープが置かれています。

浴槽には無色透明激熱湯が掛け流し。柔らかな温泉臭漂う、とても澄んだ湯です。が、兎に角熱い。足を浸けただけでヒリヒリと来る。先客のマイお風呂セットを持った奥さんが「熱いから少し水を入れたらいいのよ」とホースにて加水してくださったのですが、それでも熱い。肝心の奥さんは「今日は熱いから入らない」と言い残し、体に少しばかりお湯をかけただけで出て行ってしまった。小さなヒバ浴槽に身を沈め、静かに流し込まれる湯の音だけを聞く。激熱ながらも、どこか優しさがあり、身に染入るような湯でした。
(05年7月)

(まぐぞー)




男性浴室


女性浴室


湯口(女性)


はしご湯のすすめ青森県の温泉