HOMEエクセルの基本・小技集文字入力関数FAQ
ワード・エクセル文字入力Tips
エクセル2002 エクセル2007 エクセル2010 ワード2002 ワード2007 ワード2010 共通
・フォント・
入力可能な文字のサイズ(ワード・エクセル) 文書の文字サイズを一気に変更(ワード)
カタカナ英語を英語のつづりに  カタカナを半角で入力する・文字種を変換する
日本語用のフォントと英数字用のフォントを別指定 フォントの「早見表」を作る 
文字コードで入力 異体字の入力
ない文字を外字エディタで作る  Vistaの外字エディタ  
VistaとWindowsXPで異なる「字体」 上付き/下付き文字の入力
横向きの△記号を入力する いろいろな記号の入力
日付の入力
・文字入力Tips・
文字を回転させる  ワード2010の文字の回転・鏡文字
セルの文字を回転させる セルの文字の回転(方向ボタン)
文字を○で囲む 文字に色つき下線や傍点をつける
複数の文字列や図を繰り返し使う(クリップボードの活用)
住所から郵便番号、郵便番号から住所を自動入力する - 郵便番号変換ウィザード -
・ルビ・
漢字にフリガナを振る(ワード) 漢字にフリガナを振る(エクセル)
漢字からフリガナを取り出す(エクセル)
・数式・
ワードで分数の入力−2002の [数式エディタ]  ワード2007/2010の [数式] 
エクセルで分数の入力 エクセル2010で分数の入力[数式ツール]

・ワードアート・
ワード2002のワードアートの使い方 ワード2007のワードアート (1) 作成→書式
ワード2007のワードアート (2) 影・3D効果・配置 ワード2010のワードアートの使い方
エクセル2002のワードアートの使い方  エクセル2007のワードアートの使い方
・テキストボックス・
エクセル2002のテキストボックス エクセル2007のテキストボックス
ワード2007の「組み込み」のテキストボックス ワード2007のテキストボックスの使い方
ワード2010のテキストボックスの使い方  
エクセルの [コメント] (セルにメモをつける) 
ワード・エクセル2002の [図表ギャラリー] ワード・エクセル2007の [SmartArt]

エクセル2002 エクセル2007 エクセル2010 ワード2002 ワード2007 ワード2010 共通
エクセルで作るローマ字入力早見表
マウスで文字入力(スクリーンキーボード・ソフトキーボード)

・ワードの基本・
ワードの文字のスタイル (1) 
 ・フォントのスタイル   ・文字飾り(取り消し線・上付き/下付き・影付き・傍点・隠し文字他)
 ・文字と文字の背景の色   ・蛍光ペン  ・網掛け  ・書式のクリア   ・ミニツールバー 
ワードの文字のスタイル (2)   ・ルビ(ふりがな)
 ・囲い文字    ・囲み線     ・文字幅    ・縦中横  ・組文字/割注  ・文字の均等割り付け  
仮の文章を使ってレイアウト−サンプルテキスト  ・ワード2010のサンプルテキスト 
先頭の文字を大きくする−ドロップキャップ 文字数や行数を数える 
文書に行番号を追加する  ワード2007/2010で「表紙」を作成する
ワード2007/2010のヘッダー・フッター ワード2002のヘッダー・フッター  
ワード2007/2010の簡単レイアウト (1) クイックスタイル
ワード2007/2010の簡単レイアウト (2) ページレイアウト
 ・テーマ  ・文字列の方向  ・余白  ・段組み   ・区切り  ・ハイフネーション
ページの背景 ・透かし(文字・図)を入れて印刷  ・背景に色を付ける/画像を表示する 
 ・背景を印刷する(2007/2010) 
ワードの罫線の活用  ・ページ罫線  ・段落罫線  ・網掛け  ・水平線   ・罫線の自動作成
ワードで作表 (1) ・表の作成  ・データを表に変換  ・罫線ツールで編集 
 ・表のスタイル(2007)/オートフォーマット(2002)
ワードで作表 (2) ・表/セルの配置  ・行列の追加と削除/セルの結合と分割  
 ・表のデータの並び替え   ・タイトル行の繰り返し 
ワードで作表(3) ・ワードで表計算
ワードでグラフ作成 −ワード2002のグラフ機能 ワード2007互換モードでのグラフ機能
ワード2007/2010の新しい [グラフ]
ワードの描画ツール (1)  ・クリップアートの活用  ・写真やクリップアートの固定−アンカーの使い方−
ワードの描画ツール (2) 画像の編集  ・描画キャンバスの活用
ワードの描画ツール (3) 図形(オートシェイプ)  ・図形内の文字列を回転  ・図形で文字列を囲む
エクセル/ワード2010の画像の編集 ・図の挿入  ・トリミング  ・背景の削除  ・アート効果 
「方眼紙」でレイアウト-グリッド線の活用- 
「原稿用紙」で文書作成 ・ワード2002 ワード2007の原稿用紙
段落のレイアウト (1) 行間の変更   ・インデント   ・ルーラー   ・タブとリーダー   ・配置
段落のレイアウト (2) 文字の間隔と配置   ・改ページと改行    ・箇条書きと段落番号  
 ・リストの並び替え
文字列の選択 -単語・文・行・段落・文書全体・縦方向の選択-
文字列の検索 -検索・置換・ジャンプ-  ワード2010ナビゲーションウィンドウからの検索
リンクは、Shiftキー+クリックで新しいウィンドウInternet Explorer7ではCtrlキー+クリックで新しいタブで開きます。(INDEXページを表示させたまま他のページをご覧いただけます)
各ページ右下のNEXT/BACKボタンから前後のページに移動します。(INDEXの順番とは一致しません).
すべてのページの上下に「エクセルの路地」各コーナーのINDEXページへのリンクを設置しています、このページに戻るには「文字入力」(またはINDEXボタン)、エクセルの計算式の基礎・基本的な関数の使い方については「関数」、エクセルの基本操作や小技については「エクセルの基本・小技集」のコーナーをご覧ください。「FAQ」にもエクセル等の関連情報を掲載しています。「HOME」(またはHOMEボタン)は「エクセルの路地」の入口です、サイトと各コーナーの概要・更新状況などはこちらでご確認ください。 
    
文字のスタイル  -EXCEL(エクセル)の日本語を、読みやすく・美しくする。-
 
 ベタなフレーズですが、一応、漢字・ひらがな・カタカナ・アルファベット・句点・読点・中黒・カッコまで入っています、この一文を使って、エクセルで設定可能な「文字のスタイル」をまとめてみました。
 
 以下の表はエクセルのシート上で作成、画像化したものです。赤い点線はセルの枠線(グリッド線)。列幅は同じ。(1)から(15)まではフォントのサイズも同じです。表示方法は [折り返して全体を表示する]([セルの書式設定] → [配置])(一部例外あり)。
 
 (1)はエクセルの標準のフォント(初期設定)の [MSPゴシック]。サイズは12ポイント。アルファベットのみ半角(日本語入力OFF)。
   
 (2)(3)(5)は(1)のコピー(以下同じ)をそれぞれツールバー(2007はリボン)のボタンから変更。
  [太字] では折り返し位置がずれました。
 (4)はアルファベットを全角に変更。1行目がその分、右にずれます。
 (6)は [ルビ] ボタンからフリガナを設定。ついでに「コンマ」に変更した例です。

 (7)から(15)はすべて(1)(文字のサイズ12ポイント、アルファベットの「EXCEL」のみ半角)の、フォントの種類を変更したものです。
 (1)の [MSPゴシック] と(7)の [MSゴシック] では文字のデザインは同じですが、折り返し位置が異なっています。
 (8)(9)の明朝、(11)(12)の教科書体も同様です。
 「MSP」などの「P」はプロポーショナルの略で、文字によって幅が異なるものを「プロポーショナルフォント」、文字幅が同じものを「等幅フォント」と言います。
   
 同じ文字サイズのプロポーショナルフォントでも、(9)の明朝と(12)の教科書体とでは1行目の文字数が異なっていますね。
 また(10)の [JSPゴシック] は「P」付きですが、カッコや中黒の幅は等幅フォントの方に近いです。(等幅のJSゴシックというのもあります)
 アルファベットはプロポーショナルで日本語は等幅というフォントもあります。(次の [メイリオ] など)

 (13)の [メイリオ] はVista用に新しく開発されたフォント。スタートボタンのプログラム(の表記)などに使われています。
 (14)の [MS UI Gothic] はWindows用(XPまで)のフォント。
 Vista上のエクセル2007のヘルプファイルの文字はメイリオのようですが、操作画面のボタン名などはこちら(だと思います)。メイリオと比べると文単位での横幅がかなり違ってきます。
 (15)は同じく Wiindows パソコンではおなじみの [創英角ポップ体] のプロポーショナルフォント。見出しなどによく使われます。
 
 (16)は(1)の文字サイズを少し小さくしたもの。
 読点で改行してから(17)、ツールバー(2007は [ホーム] タブ)のボタン、または [セルの書式設定] → [配置] から文字列の配置の形を変更(18)(19)(20)。(21)は改行しないで列幅に収めたいときに。
   
 (22)は長い文章を「折り返しなし」で入力した例です(右のセルを使用しているので途中までしか表示されません)。
 数式バーで全文を確認することはできますが、印刷する場合は(23)か(24)のように「折り返し」て、全文が読めるようにします。
 (23)(24)の違いは、右端部分。 [折り返して全体を表示] より、 [両端揃え] の方がきれいに揃います。
     
 次は「縦書き」の例です。
 縦書きに変更するときは半角のアルファベットや数字を(必要に応じ)全角に変更してから。
 (25)は「EXCEL」を全角に変更。 [フォントの種類] ボックスの [MSPゴシック] の頭に「@」を入力→Enterキーで確定すると、選択範囲の文字列が縦書きフォントで表示されます。
 (26)は文字列を90度回転、(27)は「方向」を「縦」に変更。(→「セルの文字を回転させる」)
   
   (セルの行間を広くする方法など、 [セルの書式設定] → [配置] についてはこちらにまとめました)

 文字の「色」、セルの「塗りつぶし」はそれぞれのボタンから変更。
 あと、セルに直接入力しない例として、
 (28)デザイン文字の [ワードアート] (→2002のワードアート 2007のワードアート)、(29) [オートシェイプ] (図形)に入力 (→図形に文字を入力する)、(30) [テキストボックス] (→2002のテキストボックス 2007のテキストボックス)、そして(31) [コメント]。(→エクセルのコメント
   
   
 このように、エクセルで「編集できる」文字。「文字入力Tips」では、数字や数式ではなく、特に日本語入力についてのあれこれを書いていこうと思います。「エクセルの」路地ですが、ワードについても少々・・って、上のINDEX、(ワードのマーク)の方が多いんじゃないか・・・。
          
 (文字入力Tipsの「文字の回転」から始めます→)
   HOMEエクセルの基本・小技集文字入力関数FAQ