____   HOMEエクセルの基本・小技集文字入力関数FAQ ____

図形描画ツールバーの使い方

 
 図形描画ツールバーが表示されていないときは、
[図形描画]ボタンをクリック、または [表示] →
 [ツールバー] → [図形描画] をクリック。
 図形描画ツールバーはマウスポインタがこの形で
ドラグして移動でき、他のツールバーと並べて設置したり、シート上の任意の位置に置いて使えます。

 
 それぞれの▼ボタンから表示されるメニューは切り離せます、作業中は必要なメニューをシート上に出しておくと便利です。閉じるときはメニュー右上の×ボタンをクリック。

 

オートシェイプ

 エクセルにあらかじめ用意されている [図形]。
 図形描画ツールバーの [オートシェイプ] のメニューから選択、また図形描画ツールバーの  からは [直線] [矢印] [四角形] [楕円] を作成できます。 
※メニュー[挿入] → [図] → [オートシェイプ] からはオートシェイプのツールバーが表示されます。↓ 

オートシェイプで四角形を描く 
    
 メニューの [基本図形] → [四角形]をクリック、マウスポインタがの形で、シート上で斜めにドラグして四角形を描きます。
     
 外枠の小さなはサイズ変更のハンドルです。マウスポインタをこのに合わせるとポインタが矢印で表示されます、この状態でドラグしてサイズを変更。縦横のはその方向に伸縮、斜めのは縦横比を固定して拡大・縮小します。
 
 マウスポインタがこの形で図形をドラグして移動。
  Ctrlキーを押しながらドラグするとコピー。
 
    このハンドルをドラグして回転。
 
 図形以外の場所をクリックして確定。(ハンドルは非表示に)
 図形を削除するには選択(ハンドルを表示)して
 Deleteキー。
 
オートシェイプの書式設定   

    

  

     ↑オートシェイプの書式設定〔色と線


     ↓〔サイズ
   



    
 図形描画ツールバーのボタンまたは
  [オートシェイプの書式設定] 画面で設定します。           ↑図形描画ツールバーのボタン
 
図形描画ツールバーのボタン
 図形の色は [塗りつぶし]、図形の枠線・直線や矢印には [線の色] [線のスタイル] ボタンを使います。ボタンに表示されている色は前回使用した色なので、これ以外の色を使うときはボタンの右横の▼をクリック、表示される色の一覧(カラーパレット)から指定します。(一覧の [その他の色] [塗りつぶし効果] などについては次のページ) 
※カラーパレットなどが薄いグレイ状態で表示されたときは、その操作の対象がアクティブになっているか確認を。図形や直線を選択していなければ [線の色] などは使えません。
  
オートシェイプの書式設定
 図形を選択してWクリック、または右クリック→ [オートシェイプの書式設定] → [色と線] [サイズ]。
 [塗りつぶし] や [線の色] など、それぞれ▼のメニューから選択したり、数値で指定します。
 [サイズ] で [縦横比を固定する] にチェックを入れておくと、高さ・幅の一方の変更で形を崩さずに拡大・縮小できます。

同じ図形を続けて描く
  
 目的の図形をWクリックすると、繰り返し同じ図形を描くことができます。
 もう一度ボタンをクリック、またはESCキーで終了。
※図形描画ツールバーでは、直線やテキストボックス(下図の内のボタン)で有効です。
      
※[オートシェイプ] のメニュー上の図形は、右のようにメニューを切り離した状態で、Wクリックでの連続描画が可能になります。
   
オートシェイプで円を描く     

 オートシェイプのはポップヒントでは [楕円] と表示されます。これをクリック→ドラグでは楕円になってしまいます、正円にするときは、Shiftキーを押しながらドラグします。Shiftキーを押しながらドラグで正方形になります。
※目的の図形をクリック→シート上をクリック(ドラグではなく)で、一定のサイズの正円・正方形が描けます。
図形をコネクタでつなぐ    

 図形を直線コネクタでつなぐには、[コネクタ] → [直線コネクタ] をクリック→図形上でマウスポインタの形がかわり、接続できるポイントが青い丸で表示されます→接続点を選択し、接続する図形の接続点までマウスポインタをドラグ→図形が直線でつながり、それぞれの接続点が赤い丸で表示されます。
  

 コネクタでつないだ図形は、一方を移動させても接続が保持されます。
 コネクタは線(次項)と同様に図形描画ツールバーまたは書式設定の画面からスタイルの変更ができます。
 調整ハンドルがあるコネクタは、ハンドルのドラグでコネクタを移動できます。
 図形描画ツールバー → [図形の調整] 、または右クリックの [コネクタの再接続] からは、図形間の「最短距離」に接続し直します。
    
 
オートシェイプで線や矢印を描く

 線や矢印もボタンをクリック→シート上をドラグして描きます。
 [線の色] [線のスタイル] ボタンで書式を指定。

 [矢印] は このボタンで形を変更できます。
 [オートシェイプの書式設定] 画面からはより詳細な設定ができます。

      
 [線] や [矢印] は、Shiftキーを押しながらドラグすると水平または垂直に描けます。
 Altキーを押しながらドラグするとグリッド線(シートの枠線)に沿って描けます。
 サイズの変更は両端のハンドルのどちらかをドラグ。

・曲線
 [オートシェイプ] → [] → [曲線] ボタンをクリック。
 ドラグで線を描き→カーブさせるところでクリック→ドラグの繰り返し。

・フリーハンド/フリーフォーム
 [] → [フリーハンド] [フリーフォーム] ボタンをクリック。
 シート上でマウスポインタが鉛筆の形になります。
 ドラグして図形を描き、線を閉じるかWクリックして終了。

 図形描画ツールバー → [図形の調整] → [頂点の編集] をクリックすると、右図のように「頂点」が表示されます。
 この頂点をドラグして移動することで、曲線や図形の形を部分的に修正できます。
           
  ↑オートシェイプの書式設定〔色と線

  
     ↑曲線・フリーフォームの頂点
                    

オートシェイプを変形させる

 [オートシェイプ] には右のようなハンドルが付いているものがあります。
 これをドラグすることで図形の基点の位置が変わり、たとえば [基本図形] → [太陽] も右のようなヴァリエーションが作成できます。 

 同じく [基本図形] → [円弧]。
 ハンドルをグルッと回転させて色をつけたら [パイ] になりました。(閉じていないのに色がつくのが不思議→上記・曲線やフリーハンドで描いた<閉じていない>図形も、同じように塗りつぶしができます)


↑基本図形・太陽


オートシェイプを変更する

 図形を選択した状態で図形描画ツールバーの左端の [図形の調整] をクリック→[オートシェイプの変更] のメニューから変更したい形をクリックします。

 右図のように、書式はそのままで形だけが変更されます。

 

複数の図形をグループ化する

 複数の図形をまとめて移動したり、まとめてサイズ変更するときなど、図形をCtrlキーを押しながら順にクリックして選択状態にし、[図形の調整] → [グループ化] をクリック。
 
 図形を選択→[グループ解除] でグループ化を終了。

 右クリック→ [グループ化] ・ [解除]も同じです。。


[その他のオートシェイプ]

 [オートシェイプ]のメニューの [その他のオートシェイプ] をクリックすると画面右に作業ウィンドウが開き、クリップアートの [図形] が表示されます。
 一見イラストのようですが、複数の図形でできているものもあり、たとえば右の [パズル] をクリック→シート上にコピーが作成されます、これを右クリック→ [グループ解除]。
 すると4片のピースに分解でき、別個に色をつけたり変形させたりしても使えるようになります。
 
 
 (エクセル2002の作業ウィンドウ)

※このページのタイトルも2002のオートシェイプで作成しました。
 図形の塗りつぶしに[グラデーション]を使っています。(次ページに続きます)
  HOMEエクセルの基本・小技集文字入力関数FAQ