身長と刀身・重さの目安表

身長(cm) 刃渡り 標準重量(g)
130〜135
〜140
〜145
〜150
〜155
〜160
〜165
〜170
〜175
〜180
〜185
〜190
2尺0寸〜2尺0寸5分
2尺1寸
2尺1寸5分
2尺2寸
2尺2寸5分
2尺3寸
2尺3寸5分
2尺4寸
2尺4寸5分
2尺5寸
2尺6寸5分
2尺8寸
800 〜 810
   〜 820
   〜 830
   〜 840
   〜 850
   〜 860
   〜 880
   〜 890
   〜 920
   〜 930
   〜1030
   〜1100

備考
1.身長は男性を基準としています。
  女性の場合は表より5分短いものが標準です。
2.標準重量は鞘を払った重さの平均です。
※体格・年齢・体力等により個人差がありますので、 あくまでも目安として参考にして下さい。
用語解説
用語解説

拵(こしらえ)
 刀身の鞘、その鞘に付ける相応の金具や塗り、柄巻などの装飾を一括して表現する時 に用いる。拵には太刀拵、打刀拵、大小拵、小脇差拵、合口拵などがあります。

腰刀(こしがたな)
 「腰もの」「小さ刀」「懐かたな」とも呼ばれ、刀方を上にして腰帯に差します。 この腰刀の多くは合口拵で、目貫、笄、小柄が装飾として付属する場合が多い。武士に とっては、儀式、日常、戦陣等、常に腰に差すもので、装身具的要素も持ち合わせています。

打刀・脇指(うちがたな・わきざし)
 打刀は室町時代中頃より、戦陣で多く用いられ、脇指は江戸時代以降に用いられました。 これを合わせて大小と呼び、その一組の拵を大小拵といいます。共に鐔がつき、目貫、笄、 小柄が装飾として付けられました。

三所物(みところもの)
 腰刀、打刀、脇指などの鞘の装飾品である目貫・笄・小柄に同様の文様をそろえた 一具をいう。この名称は、江戸時代になって、用いられるようになりました。

目貫(めぬき)
 目貫の「め」は孔の意味がある。本来は目釘の事であり、目釘の頭部が装飾化され、 後にその目釘と、頭部の飾り金具とが分かれた。目釘として用をなすものを真目貫 ともいい、飾り金具である目貫を空目貫とも言います。

笄(こうがい)
 元は髪掻きのことであり、これが変化した言葉で、髪をなでつけるのに用いられました。 腰刀・刀・脇指などの鞘の差表の櫃にさし、装飾品として種々の文様が施されました。

小柄(こづか)
 腰刀・刀・脇指などの鞘の付属品の一つで、鞘の副子の櫃にさし入れる小刀の柄。 この柄にも種々装飾が施されました。

鐔(つば)
 柄を握る挙の防護具。形や大きさは種々で、角鐔・丸鐔・唐鐔・葵鐔など種々があります。

栗形(くりがた)
 鞘を腰にくくりつける下げ緒を通すためのもの。その形が栗に似ていることから栗形と 呼ばれます。

返角・折金(かえりつの・おりがね)
 刀を抜くとき、返角・折金が帯にかかり、鞘が抜けださないためのもの。角製の物を 「返角」、金属製の物を「折金」という。

古刀(ことう)。
 平安時代中期以後、慶長以前の古い刀

新刀(しんとう)
 慶長以後文化年間に至るまでの刀。それ以後のものを新々刀と言います。

太刀(たち)
 60cm以上の長さで反りが高く、刃を下にして腰に佩く形式のもの。室町以前に多い。

短刀(たんとう)
 30cm未満のもの。

脇指(わきざし)
 1尺以上2尺未満の刀をいう。鎬造りが普通で、平造りもある。


【刀身・刃文】
大乱(おおみだれ)
 互の目湾れ(ぐのめのたれ)、あるいは丁子等と明確に名付けられない盛んな乱刃のことで安土桃山時代以後の作に多く見られます。

互の目(ぐのめ)
 刃文の出入がたがいちがいになったもの。その形によって互の目尖る、互の目角がかる、互の目逆がかるなど種類が多い。

互の目丁子(ぐのめちょうじ)
 互の目が丁子風に揃う刃文で、関兼定をはじめ関物独特のものです。

小乱(こみだれ)
 乱の調子が小さいのみならず、丁子とか互の目とか名付けられぬ小さな複雑な乱を示します。

三本杉(さんぼんすぎ)
 美濃の刀工孫六兼元の創始になり、以後美濃物に多く見られる刃文。杉林の様な尖った互の目の刃文が特色です。

鎬(しのぎ)
 刃と背との中間に補強のために高く立っている高い線。

数珠刃(じゅずは)
 数珠玉をそろえたような頭の丸い刃文で、互の目の一種です。江戸の名工長曽根虎徹が大成しました。

直刃(すぐは)
 刃文が直線のもので細直刃・中直刃・広直刃等の種類があります。

丁子(ちょうじ)
 沈丁華のつぼみが重なり合った形のような刃文。大きなものを大丁子、小さなものを小丁子という。共に鎌倉時代以降の作に見られます。

湾れ(のたれ)
 浅く波打った刃文で、鎌倉末期に始まる。大湾れ・小湾れの別があります。

乱刃(みだれは)
 刃文が直刃でないものをいう。小乱・丁子・重花丁子・逆丁子・蛙子丁子・互の目丁子・互の目・尖り互の目片落互の目・三本杉・湾れ・湾れに互の目・数珠丸・濤欄・簾波など。