巨大猛獣


※世界最大のシロクマや最大級のヒグマ、巨大な ライガーなどを可能な限り視覚的に比較可能なように 構成しました。

「リンク切れ」等は 一切関知しません




3.4m(※諸説あ る)/推定1,002kgの 北極熊,推定2.75m(人の身長を190cmと 仮定)のライガー,推定で 約2.3mの虎,推定(人が170cm)な ら3.05-3.1m,(180cm)な ら3.15-3.25mのヒグマ,推 定2.75mのヒグマ。

※あくまでも 、「この写真」のみ に基づく推定 で「正確さ は保障できない」が、北極熊の 横の男性の「頭頂部から 左足の踵」までの ラインを計算して推定した数値 を「北極熊の 身長」=(※「左足から頭頂部」。右足は 相当奥にあるので、それを基点には 出来ない。)で割る と、「身長比」は 約1.76-1.8倍と なる。故に、1.76倍と 仮定すると、概ねだが、人/北極熊の 数字を出すと以下の 通りになる。

170cm/300cm,175/310,180/317.そし て185/325,190/334,195cm/343cm。次に、1.8倍と 仮定すると、概ねだ が、170cm/306cm,175/315,180/325.そし て185/333,190/342,195cm/351cm程度となる。

私達が所有する写真はこれ一枚しかないの で、非常に限定された条件のもとで 推測するしか手段がな く、熊と人との身長比が 正しいか否かすら確実でない。故に、熊の 身長の推定値はあくまでも参考程度。写真の 北極熊はギネスに従って340cmに設定 している。


博物館の巨大熊,3.5mヒグマ,1995に800kgの 北極熊!?(A bear which had to be shot on Hopen in 1995 weighed 800 kg.)




いずれ劣らぬ大型の熊である。中央と 右の熊は同一の「アラスカヒグマ」で 全長3m以上、体重は 推定で450-540kg、もしくは それ以上ともいわれる。この映像が 初めて世に出たとき は3.6mで700kg超などと いう「デマ」が世界中を 駆け巡った。

左の写真は 非常に有名なkodiak bear(コディアック ヒグマ、コディアックベア。つまりコ ディアック島に住むヒグマ)であ る。身長2.85m,体重680kgのもの。正面 からの直線で見た推定身長は 男性が185cmと仮定すると、熊の身長は 約2.6m程度だと思われる。(恐らく 背中が丸まっているの ではないか。きちんと真っ直ぐに 直立すれば2.8m程度になるかも)。





左側と 真ん中の熊は世界的な記録個体。一番右側 のものは剥製で公称3mと喧伝されている。過去の 記録を見る限りやはり、北米産のヒグマが最も大きく なるようだ。野生で最大の記録は750kgを こえる(1134kgを主張 する資料もある)。

また北米以外では近年約30インチの 頭骨の合計値を叩きだした カムチャツカヒグマがある。

飼育個体の 歴代最高記録 では公称身長3.6m,体重900kgの ギネス認定(体重)のものがある。

また2004年度に確認された身長3.6m,体重790kgの 個体も有名である。

現役の熊で 最大級のものは身長約2.9m,体重約730kgで ある。



巨大猛獣