ジョギングについて


 大変失礼ながら、ジョギングを行う人は体育会系運動バカか奇人変人かと思ってました。
よほど不遇な学生時代を過ごしたのか「ランニング=体罰」と脳内変換されるので、ジョギングなんてものを自ら好き好んで行うという自虐的な行為は理解の範囲を超えていました。

 ただ身体を動かした後のビールについては、私も人並みに好きなので、草野球チームで汗を流しては、飲み食いを大いに楽しんでおりました。
世の常の如く運動量より飲食量が圧倒的に勝り、

   身長−体重<95

小デブに育ちました。中デブ大デブへの仲間入りも、もはや時間の問題

そんな三十路前の正月休み明け、会社の草野球チームはシーズンオフということもあり、
駅伝大会に出ることになりました。私にも走れと監督命令が。周回コースで距離は

1人4.8km

今思えば何でもない距離ですが、当時はマジで

「オレに死ねというのか」状態

しかたがないので、しぶしぶランニングを開始しました。

 大会まで3週間。200mも走れば息が上がり、少し走っては止まるという傍目にも見苦しい走りっぷりで、人気の少ない時間帯に近所を1km、2kmと少しづつ距離を伸ばしていきました。
その甲斐あって大会時には4.8kmを完走できるようになっていました。タイムは21分少々、
小デブとしてはよくがんばったほうでしょう。

その後、毎年この駅伝に参加し続けたこともあり、4.8km走ることができる身体を維持しなければということで、何となくランニングを続けるようになり




自然と走行距離は増えていき





数年後



平日は早朝ジョギング(遠距離通勤の私はA.M.4時に起きて10km走った後通勤)
休日には早朝10kmに加えて夕方20〜40kmのランニングに血道を上げている私がありました。

正直なもので身体は

   身長−体重>110

   と学生時代の状態に戻っていました。







run-1.jpg参加者6000人を超える福知山マラソン(最近は10000人)の一場面、私の見苦しい顔はひん曲げてます

 大会終了後には共に走ったらしい「高石ともや」さんのステージを横目で見ながら、協賛スポンサーブースのサービス品を集めて廻ったものです。

 篠山マラソン、福知山マラソン他、年に2〜3回フルマラソンに参加し、いわゆるサブスリー(2時間台)のタイムで、ローカルな大会では入賞して賞状やトロフィーを頂いたりして昔からは到底考えられないランナー(ジョガー?)になっちゃっていました。

 例の4.8kmの駅伝大会では、トップレベルには程遠いものの17分程度のタイムに、
選手が足りない年には第一走者と最終走者を進んで務めるありさま。













 そんなランニング漬けの生活を数年続けた後に、遠距離通勤生活に別れを告げて会社の近くに引っ越しました。











 さらにランニングにのめりこむことが可能な環境が整ったかというとそうではなく

 一戸建てということもあり、生活のための当たり前の作業を行うようになり、
長時間のランニングはなかなか困難な状況に、
せいぜい早朝ランニングや休日の夕方に10km程度を楽しむ生活となりました。

きっと、間違いなく、この方が健全だと感じます。

ジョギングの友♪

 ジョギングに欠かせないのが音楽。何を聞くかは内緒です。
最初はカセットテープ式ウオークマンをウエストポーチに入れて走ってました。
重い・大きい・テープの入替えがじゃまくさいとかいろいろと不満がありましたが、
何よりもカセットプレーヤーというものはランニングに不向きなのか、
使ったもの数台は殆ど1年程度でお亡くなりになりました。





SD1.jpg  時は流れ、デジタル音楽プレーヤの時代です。
最初に所有したのは
「VICTOR SD Audioplayer XA-SD1」

その大きさ(小ささ)は感動ものでした。

収録時間は256MのSDを使い128kbpsでCDが約5枚入り、ランニングでは十分、
電池の持ち時間も申し分ないものでした。

 ただ音楽データの出し入れやライブラリー構築が専用ソフト上なので、他機種との互換性がないという欠点があり、次のIPOD SHUFFLEを入手後、手放しました。
約3年間使用しましたが、故障は皆無でした。








pod.jpg  IPOD SHUFFLEの発表スペックには小躍りして喜びました。
何と質量22g。(重量ではありません。重量と呼ぶのは古い教育。現在の国際単位:SI単位では質量と呼びます。なかなかピンときませんが)

上のVictor製プレーヤーは小さいとはいえ約100gの質量、
ランニング時にはウエストポーチに入れる必要がありました。
夏場はポーチ廻りが蒸れるのです。

 早速購入して首からぶら下げて走りました。
重さは全く問題ないのですが、ぶらぶらします。
安全ピンでウエアに止めることにしました。

ウエストポーチなしのジョギングは身軽で気持ちがいい。

なのですが、1シーズンが終わるとウエアーが安全ピンの位置から破れてきてました。当たり前といえば当たり前です。










ある日、目にとまったのがネットショップ 「レアモノショップ」のこの広告↓

mp3.jpg

 「バタフライFMP3プレーヤー」と称するこの商品、イヤホンの中にMP3プレーヤーと充電池が仕込まれているとのこと。
メモリーサイズは500Mとランニング用には十分。

即刻注文です。

使用した感想は、

 ・重さは60gあるが、ランニングでは全く問題なし
 ・ウエアーへの安全ピン穴の心配なしは当たり前として
 ・安全ピンやイヤホンコード のセットが必要ないのはイイ
 ・コードがないというのは非常にイイ
  (汗をかくとコードが首廻りに引っ付き、振り向いたりするのにじゃま)

と大変気に入ってます。

 余談ですが、LDKで音楽を鳴らす際、いちいちCDをケースから出してプレーヤーにセットするのがじゃまくさいので、CDは全てパソコン内にMP3変換し、パソコンからオーデイオインターフェースを経てAVアンプに結線して鳴らしていました。

 この「レアモノショップ」からは他にHDD MEDIA PLAYERというものを買い、パソコン内音楽データを全てコピーし、パソコンを立ち上げることなく鳴らせるようになりました。

 容量は80G、128kbpsMP3なら、CDが約1600枚入ります。
2005年11月、所有CDは500枚程度、まだまだ余裕です。データのバックアップにもなり一石二鳥というところでしょうか。
 他の使い道としては、Divx/MPEGデコーダーを内蔵しているので、撮り溜めたTVやLIVEのパソコン内映像を週末にプロジェクターで大画面投影しながらウイスキーを舐めるという用途に(ハードデイスクレコーダーやビデオテープレコーダーが多忙なときに限って)役立っています。なんとも小市民的な楽しみです、ハイ。


ホームに戻る   関心事に戻る