1階和室収納




washitsu3-1.jpg
 一階和室にはまず壁内収納を付け、さらに吊り戸棚を取り付けたのですが、反対面はこの状態です。ここを退治することにしました。
 
















washitsu3-2.jpg
 引き出しと開き扉をどう配置すべきか考え中です。右側の壁は下部の結露がひどいので、通気をよくすることという課題を賜ってます。
 3ブロックで製作しますが、最終的には一体化します。














washitsu3-3.jpg
 3ブロックの内の2ブロックの外枠です。図面上では理解していたのですが、できあがったものの大きさと重量に驚いてます。開き扉の穴加工も引き出しレールの取り付けも塗装もまだできていないのですが、置場がないので出来上がり後に置く場所に置いてます。私の腕力では、搬入・搬出も一人ではできません。次回からの作業は、妻の応援がないと何もできません。




















washitsu3-4.jpg
 残りの1ブロックの外枠も形になりました。




















washitsu3-5.jpg
 天板はかんなでRがけしています。
 今度の休日が雨でなければ、車を近所のスーパーに追い出して、我が家のガレージで3ブロックの塗装を行います。















washitsu3-6.jpg
 雨模様の土曜日なので塗装はやめにして、引き出しにかかりました。全部で11ケ作ります。これで側板用の材料:3×6(910mm×1820mm)t12mm合板3枚分です。底板には3×6 t5mm合板を3枚使用します。















washitsu3-7.jpg
 ラワンベニヤです。本当はきめの細かいシナベニヤが欲しかったのですが、品切れだったのでラワンを買いました。サンダーがけに時間がかかりました。















washitsu3-8.jpg
 青く見えているのは隠し釘です。接着材が乾いたら頭を飛ばします。引き出し1ケの組み立てに約30分かかっています。















washitsu3-9.jpg
 引き出しが全部できたので、間違ってないか確認のために取り付けました。計算どおりで一安心です。引き出しは手前側に化粧板?を貼り付けます。















washitsu3-10.jpg
 スライドレールを使用しています。腕に自信のない私には必需品です。塗装時に一旦はずします。





















washitsu3-12.jpg
 引き出しと扉の持ち手は削ることにしました。トリマー加工用の簡単なジグを作りました。





















washitsu3-11.jpg
 まずはストレートビットで垂直に削り、





















washitsu3-13.jpg
 次にU字ビットでその奥を掘り込み、指先が引っかかるようにします。





















washitsu3-14.jpg
 できあがった扉を仮設置しました。





















washitsu3-15.jpg
 右側は開き扉収納と引き出しの組み合わせです。





















washitsu3-16.jpg
 左側は引き出し4段を2SETです。

残る作業は塗装です。外枠だけでも先にすませたかったのですが、なりゆきで最後になってしまいました。屋外に運び出して行う予定です。





















washitsu3-17.jpg
 ところで、壁の結露対策ですが、珪藻土土壁材というものを使うことにしました。外枠を屋外に運び出した時に作業することになります。乾燥に2日間かかるそうですが、その間外枠は部屋に戻せません。3連休以上のまとまった休みでないと作業できません。ゴールデンウイークのどこかを作業日とします。

 引き出しに使った安物のラワンベニヤは目があらいので、塗装します。材料欠損部にはパテ埋めを行ってます。何とも手間がかかります。車庫に車があると、塗装は一度に6ケが限度です。連休までの休日はこれでつぶれます。










washitsu3-18.jpg
 やっと外枠の塗装です。妻に手伝ってもらい、ガレージに運び出しました。愛車にはしばらく出て行ってもらってます。透明ニスで仕上げます。同時に壁に珪藻土土壁を施工しています。後は元通りに組み立てるだけです。
これで整理整頓をがんばって欲しいものです。












ホームに戻る    DIY作品に戻る