竹篭



2005年8月

 子供の夏休みの宿題として竹籠を作ってもらいました。収納に役立てばいいのですが。

 
 

take01.jpg  まず竹の調達です。実家の竹林から手ごろなものを1本切り出しました。




















take02.jpg  長さ90cmから95cm程度に切っていきます。まだまだ元気に作業しています。


















take03.jpg  なたで竹を割っていきます。恐ろしい手つきで見ているほうが怖いです。

















take04.jpg  巾が5〜10mm、厚さが0.5〜1.0mmを目指して竹を割っていくと本に書いてました。1ケの竹篭に24本の竹ひごを使用します。最初は3ケ分を用意するつもりでした。が、ほどなくあきらめることに・・・
 巾方向は思うように割れますが、厚さ方向は全くダメでした。厚さ5mmほどの竹を割って割って、最後に削って適度な厚さのひごを作ると本にはあったのですが、竹の種類のせいか何なのか、厚さ方向は5mm以上ある竹でも結局1枚を削りだすしかないというとんでもない作業とあいなりました。  

















take05.jpg  したがって、とんでもない量のかすを生み出すことになりました。子供たちもお手伝いの親も、汗だくでバテバテです。 



















take06.jpg  何とか1ケ分の24本+予備少々を削りだして力尽きました。 











>







take07.jpg  さて、縦12本と横12本を組みます。 











>







take14.jpg  網目の中央部を織り込んで編みこんでいきます。 











>







take08.jpg  よくわからないまま編みこんでいるうちに、何とか立ち上がりました。 











>







take09.jpg  端部を切り揃えた後、竹ひごに切り目を入れます。 











>







take10.jpg  端部を順々に内側に入れこみ、 











>







take11.jpg  何とか形になりました。端部はそのままだとすぐにほどけるので、つるで仕舞いをするとあるのですが、この時期適当なつるは山野にありません。ホームセンターかどこかで適当なものを見繕う必要があります。  



















take12.jpg  自然素材ということで、しゅろ縄で周囲を巻きました。  



















take13.jpg  もらいものの作物を入れてみました。我が家の庭で収穫した「ゴーヤ」と「なす」も一部入っています。
この籠、何に活用しようかな?  




















ホームに戻る    DIY作品に戻る