電話機子機台



 
kokidai-1-1.jpg  電話機を買い換えたのですが、子機の充電台はそのままでは壁取り付けができません。
我が家の配置では壁に付けなければならないので、適当なものを考えます。
























kokidai-2.jpg  まずは1F用。
1×4材の端材を3枚ピラミッド状に接着します。





















kokidai-3.jpg  乾燥後、カンナ、トリマー、紙やすりでそれっぽい飾り彫りとしました。





















kokidai-4.jpg  塗装して終了。





















kokidai-5.jpg  充電台の脚ポッチに合わせてずれ止めを上面に、配線を固定するため壁面側にはトリマで配線溝を施しています。





















kokidai-6.jpg  壁に固定して出来上がりです。






















kokidai-7.jpg  工作開始から2ヶ月くらいかかりました。実働は6時間前後と思います。
まだ2F用の作業が残ってます、ふう。


























kokidai-8.jpg  なかなか2F用充電器台に手が付かなかったのですが、夏休みが終わりに近い中学生の娘が技術の宿題に作ることになりました。

 まずは構造と外形寸法を決めさせました。構造上の簡単さや使用できる工具やらアドバイスの関係上、私の考えるものに類似してくるのが残念です。




















kokidai-9.jpg  図面からすべての材料を揃えたところです。






















kokidai-10.jpg  ネジレのないよう注意して接着させました。






















kokidai-11.jpg  壁に取り付け、コンセントを付けて完成です。


























kokidai-12.jpg  使用状況です。電話子機、MD、携帯電話と置いてますが、他にも置きたいものがいろいろあるようです。

できあがったのは8月末ですが、文化祭での展示があったため、手元に帰ってきたのは10月末でした。





















ホームに戻る    DIY作品に戻る