乙庵はおっちゃんのシャレですが、あくまで甲ではなくてなものでありたいという願いも込めています

「おっさん化炭素
」という言葉は
「おばはん化水素」というのとペアにするつもりだったのですが
おっさんのほうが一人歩きしだして
某漫画家が私に使用許可を求めてきたくらいだったのです。
くれぐれもおっさん化炭素中毒には気をつけましょう。
私も自家中毒に気をつけます。

 

   
 
プロフィール 大阪学 我がココロの上海 掲示板
大正時代の大阪駅前 上海にあるタワー 祇園界隈にある板塀 南禅寺を通る水道
乙庵の日記 平成16年12月12日より 
(現在、平成23年まで6年以上禁煙できているのは、この日記↓によるところが大きいのでは?と私は思っています)
タバコをやめたいと今年は思うことが多かったのですが、今日は吸わずに3日目を向かえます。
昨日、煙草を買うつもりの300円で、TUTAYAでマイルス・デービスのベスト版のCDを借りました。

ジャズ喫茶があちこちに出来た1970年ごろは、入るとタバコの煙で奥のほうがよく見えないくらいの
まるでアヘン窟のようなもので、ジャズはそのころは健康などとそぐわないものでした。
私も大阪の戎橋にあった『Five Spot』や、扇町の『ムルソー』の地下室などによく通ったものです。
今でもジャズ・スポット『ポコ』には、四天王寺に行ったとき、ブラッと寄ります。

『ポコ』のママの喪中を知らせる葉書の中で、ママさんが笑っています。
思えば最初に『ポコ』に行ったとき、私はまだ社会に出たばかりの若造だったのですが
当時のママの年齢を、今は遥かに追い越していることになります。
『さて、このままタバコをやめられるのか・・・』
マイルスのトランペットの音に、くたびれた臓腑を癒されながら
私は今、とても不思議な気分にひたっています。
1