直線上に配置

ホテル紹介 (番外編:南半球のスイス)

【ニュージーランド北島】

スコーテル・アルパイン・リゾート Skotel Alpine Resort
(ワカパパ Whakapapa Village)

https://www.skotel.co.nz/
ワカパパ村は、ニュージーランド北島中央に聳える北島最高峰ルアペフ山の北西山麓に位置し、トンガリロ国立公園のド真ん中にあります。村から直接歩き始められるハイキングコースが豊富にあるほか、火山帯を巡る日帰りトレッキングとして有名な「トンガリロ・クロッシング」のスタート地点マンガテポポにも近いことが魅力です。タウポ湖の南にある村トゥランギTurangi経由で路線バスが通じています。
スコーテルは、有名なグランド・シャトー・ホテルの裏の道を少し登った場所にある、素朴な木造の建物です。グランド・シャトーのような豪華さはありませんが、部屋の設備は充分に整っています。我が家が宿泊した211号室は2階角のデラックス・ルームで、正面に広々とした山麓平原が見渡せ、北東側の窓からは美しいナウルホエ山が望めました。レストランのメニューは余り多くありませんが、日替りの特別料理もありますし、ワインの種類が豊富でかつ安く提供してくれるのが嬉しいです。強いて難を言えば、ダブルベッドが少し小さめなことと、木造のため夜に外が冷え込むと突然大きな軋み音がして驚かされることでしょうか。(2002年末〜2003年初に宿泊)


【ニュージーランド南島】

ハーミテージ・ホテル - グレンコー・ロッジ Hermitage - Glencoe Lodge (マウント・クック Mount Cook Village)
https://www.hermitage.co.nz/
マウント・クック村はサザン・アルプスの懐に分け入った明るい谷間にあり、ニュージーランド最高峰のクック山を望む素晴らしいロケーションです。アジア人は日帰りツアーで2〜3時間だけ立ち寄る方が目立ちますが、周辺のハイキングコースや氷河湖ツアー等を堪能するためには少なくとも数日間の滞在が必要です。クライストチャーチとクイーンズタウンの両方面から直行路線バスの便があります。
グレンコー・ロッジは夏季だけ営業する別館で、ハーミテージ本館の2/3以下の料金で宿泊できます。さすがに建物や内装はシンプルですが、設備面は充分快適です。残念ながら部屋からクック山は前山に隠れて見えませんが、セフトン山をはじめ氷河を纏った山々の眺めが大変美しいです(右上の写真)。1階の部屋からは直接外に出られるので、夕刻に外へ椅子を持ち出してくつろいだり、夜に満天の星を眺めに出たりもできます。レストランも本館に比べてカジュアルかつリーズナブルですが、本館のレストランやバーでクック山を眺めながらリッチな気分を楽しむことも勿論可能です。(2001年初に宿泊)


【オーストラリア・タスマニア州】

クレイドル・マウンテン・ロッジ Cradle Mountain Lodge (クレイドル谷 Cradle Valley)
https://www.cradlemountainlodge.com.au/
タスマニア島の北西部にある「クレイドル山・セントクレア湖国立公園」の北端に位置する山岳リゾートです。周辺は冷帯雨林に覆われていて、苔むした森の中や川沿いにハイキングコースが整備されているほか、少し南のダヴ湖周辺を歩けばクレイドル山を一望できます。ローンセストンの街から港町デヴォンポート経由で路線バスがあります。
レストランやラウンジのあるメインの建物の周辺に宿泊用の独立コテージが点在するという形態で、ジャクージバス付の広いコテージもあります。レンタカーがあれば宿泊コテージの前に駐車できますので、別荘感覚で滞在できます。夏でも朝晩は冷え込みますから、部屋の薪ストーブが欠かせません。コテージの軒下に積んである薪を運び入れて燃やします。
ここの魅力は何と言っても周りに野生の動物達が沢山いること。最も警戒心の薄いワラビーは昼間でも平気で窓際までやって来ます(右上の写真)。日暮れ頃や早朝にはウォンバットやポッサム等にも出会うことができます。(2001年末〜2002年初に宿泊)


【オーストラリア・ニューサウスウェールズ州】

タオ・バンガロー Tao Bungalow (カトゥーンバ Katoomba)
カトゥーンバは、シドニーの中央駅から電車で西へ約2時間、ユーカリの森と断崖絶壁が織りなす高原地帯「ブルー・マウンテンズ国立公園」の中心にある町。有名な「スリー・シスターズ」を間近に眺められる展望台「エコー・ポイント」から僅か徒歩数分の場所に建つ小さな一戸建てが「タオ」です。細い路地に面しているため大変静かな環境で、朝にはクッカバラ(ワライカワセミ)が近くで鳴くことも。暖炉のある広いリビング(右上の写真)にはテレビ・ビデオ・CDラジカセが置かれ、周辺の観光ガイドブック等が並んだ書棚にはアロマテラピーの用意がされています。隣にダイニングスペースと設備の整ったキッチン、奥にはダブルベッドの寝室が2つあり、大人4人が余裕で泊まれます。バスルームはジャクージ付き。裏手には洗濯室と、草花やハーブ(「自由に料理にお使いください」とのこと)が植えられた緑豊かな庭があり、ソファやハンモックでくつろぐことができます(バーベキュー設備あり)。
管理人はいないので、予めオーナーと連絡を取り合って鍵を受け取ります。帰る際には部屋の中に鍵を置いて出ればOK。オーナーの気遣いが隅々にまで感じられ、心安らぐ宿でした。(2003年末に宿泊)


前のページへ   トップページへもどる

直線上に配置