自己紹介

浜田 隆史



1964年生まれ、北海道小樽市出身、小樽商科大学卒。

独自に編み出したオタルナイ・チューニング(EbAbCFCEb)を駆使するアコースティック・ギタリスト。主にクラシック・ラグタイムを基調にした、明るくリズミカルな曲を演奏します。

自主制作CDを多数発表している他、1999年に「TAB Guitar School」から『クライマックス・ラグ』のCDと楽譜集を発表、ラグタイム・ギターの第一人者として評価されました。多数のオリジナル曲の他、スコット・ジョプリンなどのピアノ・ラグをギターにアレンジしたものが十八番です。

1996年秋から、小樽運河でストリート演奏を開始。現在も春から秋にかけての主要な音楽活動となっています。2001年夏には、モリダイラ楽器のデモンストレイターとしてアメリカのNAMMショー(楽器フェア)で演奏した他、年に二回の本州ツアーなど、ライブにも定評があります。

なお、アイヌ語研究家としても知られ、3ヶ月に1度アイヌ語ペンクラブが発行しているアイヌ語新聞・アイヌタイムズの編集責任者を務めています。

(ポスター製作時は、ご都合に応じて、省略してお使いください。)


【ポスター用画像データ1】


中解像度版(IMGP0076-.jpg) 431KB
高解像度版(IMGP0076.jpg) 4,658KB


【ポスター用画像データ2】


中解像度版(IMG_0386.JPG) 551KB


【ポスター用画像データ1】with 小松崎健


中解像度版(DSCN2520-.JPG) 440KB


【ポスター用画像データ2】with 小松崎健


中解像度版(IMG_2809-.JPG) 267KB

(CD多数あり。音楽作品一覧は別ページ
(主な共演者のご紹介は
別ページ
(アイヌ語関連の業績は
以下へ

<年表>

 1964年、北海道苫小牧市に生まれる(まもなく実家が小樽市に移る)。
 1981年、高校二年の頃、井上陽水やボブ・ディランなどの影響で、独学でギターを弾き始める。
 1983年、小樽商科大学入学。ラグタイム・ピアノやギター音楽にますます傾倒していく。
 1986年、札幌ジャック・イン・ザ・ボックスで、生涯初のライブ。初のカセットアルバム『最後のペンギン』発表。

 1987年、小樽商科大学卒業、日本電気株式会社に入社。
       東京で、ギタリスト仲間たちと共に過ごす機会が多くなり、大いに刺激を受ける。
 1988年、2作目のアルバム『ラグタイム・シサム』(カセット)発表。
 1989年、自主制作のレーベル「オタルナイ・レコード」を宣言。3作目のアルバム『猫座のラグタイマー』(カセット)発表。
 1990年、4作目のアルバム『月影行進曲』(カセット)発表。のちに『猫座』と共にカップリングCDで再発表。
 1992年、5作目にして初のCDアルバム『ラグタイム・ギター』発表。社会人の自主制作CDは、当時まだ珍しかった。
 1994年、6作目のアルバム『歌棄の歌』(カセット)発表。
 1995年、アイヌ語の勉強と故郷での活動のため、8年間勤めた日本電気株式会社を退社。札幌に引っ越す。
       7作目にして二枚目のCDアルバム『海猫飛翔曲』発表。

 1996年、この年の秋からプロとして活動、小樽運河で路上演奏を開始。
       初めての自費出版楽譜『浜田隆史ギター作品集1』発表。
 1997年、自らプロデュースしたギター・オムニバス盤『Acoustic Guitar / Solo』発表、二曲参加。この種のアルバムの先駆けとなる。
       アイヌ語新聞「アイヌタイムズ」発刊。
 1998年、初めての歌ものアルバム『私の小樽』(カセット)発表。のちにCDで発表。
 1999年、TAB Guitar School より、CDアルバム『クライマックス・ラグ』を発表(これに準拠した楽譜も出版)、高い評価を得る。
 2000年、初の本格的な本州ツアーを行う。Duck Baker, Tom Long らと共演。

 2001年、アメリカのサマーNAMMにて、デモンストレイターとして演奏。Doyle Dykes, Pat Kirtley らと交流する。
       収録時間70分以上の大作CDアルバム『オリオン』発表。さらに、ミニCDアルバム『夏の終り』発表。
 2002年、初めてのライブ盤『ライブ・ラギング』発表。
 2003年、打田十紀夫とのライブ(計3回)が好評。特に札幌クラップスホールでは、初めて100人以上のお客様の前で演奏する。
       CD『赤岩組曲』発表。作曲家としての新境地をひらく。
 2004年、初の著書(電子出版本)『ミュージシャンのためのスットコドッコイ辞典』発表。
       仲間との共演曲も収めた二枚目のライブ盤『ライブ・ラギング2』発表。
       6年ぶり二枚目の歌ものCD『歌箱』発表。友人の覆面シンガーがCDに初参加。
       日本ラグタイムクラブのオムニバスCD『メイプル・リーフ・ラグ』を制作、二曲参加。モノを作りまくった一年でした。
 2005年、1999年の『Climax Rag』以来のギター編曲集『浜田隆史・プレイズ・ロベルト・クレメンテ』を発表。
       新旧のラグタイムの名曲を収録したこの作品は、ラグタイム・ピアニストで評論家の Jack Rummel などから高い評価を得る。

 2006年、オムニバス盤『涙:ジョン・フェイヒイ・トリビュート』をプロデュース、一曲参加。
       28年ぶりに来日した Stefan Grossman のコンサート最終日に、オープニング・アクトを務める。
       アメリカの作曲家・ピアニスト、David Thomas Roberts の日本ツアーを企画、主催する[協力:日本ラグタイムクラブ他]。
 2007年、日本ラグタイムクラブのオムニバスCD第二弾『ザ・フェバリット』をプロデュース、二曲参加。
       世界的なギタリスト Tommy Emmanuel、そして昨年に引き続き Stefan Grossman のコンサートで、オープニング・アクトを務める。
       バラエティーに富んだギターソロCD『太陽の音楽』を発表。『オリオン』以来のダブルアルバムとして高い評価を得る。
 2008年、ハンマーダルシマー奏者の小松崎健さんと新ユニットを結成し、初のCD『運河のカラス』を発表。
       以後、健さんとのユニットが重要な演奏活動の一つとなる。
 2009年、『運河のカラス』楽譜集を自費出版。初のCDベスト盤『Echoes from Otarunay Vol.1』(2CD)を発表。
 2010年、小松崎健さんとの二作目のCD『福寿草』、CDベスト盤『Echoes from Otarunay Vol.2』を発表。
       アメリカ音楽の達人・Dakota Dave Hull & 打田十紀夫さんのコンサートにゲスト出演。

 2011年、6年ぶりの歌ものCD『歌ばっか』を発表。多重録音によるロックに挑戦、好評を得る。
       日本ラグタイムクラブのオムニバスCD第三弾『ドント・ジャズ・ミー・ラグ』をプロデュース、一曲参加。
       ラグタイム・ギターのパイオニア・David Laibman & 打田十紀夫さんのコンサートにゲスト出演。
       「言葉の歌」で『北国の詩』歌謡詩作詩コンクールJポップ部門優秀作詩賞を受賞。
 2012年、Dakota Dave Hullの日本ツアーを支援し、東京での3公演をプロデュース、共演を果たす。
       過去最多のライブ・ツアー(道東・道央ツアーを含めると11回)をこなす。
 2013年、Dakota Dave Hullの日本ツアーを支援、共演を果たす。
       6年ぶりのギターソロCD『タンネ・ナイ』を発表。小松崎健さんとのCD三作目『運河のカモメ』を発表。どちらも大好評を博す。
       札幌駅前通り地下歩行空間「チカチカパフォーマンススポット」第5期〜第6期(2013/10〜2014/9)のパフォーマーとして活動する。
 2014年、Dakota Dave Hullの日本ツアーを支援、共演を果たす。
       日本ラグタイムクラブのオムニバスCD第四弾『ウィ・オール・プレイド・ジョセフ・F・ラム』を制作、一曲参加。
       「言葉の歌」を含む、3年ぶりの歌ものCD『イイネ!』を発表。
 NEW!!

★ 雑誌・新聞掲載など

 ◎アコースティック・ギター・ブック33(シンコー・ミュージック・ムック) [2011年7月発行]
  「ジャパン・ヴィンテージ・アコースティック・ギターの軌跡」(全音モラレス編)で、
  我が愛器の一つ「BM-100」繋がりから、私についても少しご紹介いただきました。
  なお、次号の34(2012年1月発行)でも、私が所有するBM-100の写真を提供しています。

 ◎小樽商科大学 学園だよりNo.146 [2007年3月発行]
  この年の卒業式後にギター演奏するのを契機に、
  その前にOBとして卒業生に向けた文章「楽な道なし」を書かせていただきました。
  ああ、元文芸同好会だったことも書いておくんだった...。

 ◎アコースティック・ギター・ブック23(シンコー・ミュージック・ムック) [2006年7月発行]
  ステファン・グロスマンのインタビュー記事で、光栄にも私のことをお褒めいただきました。
  あまりに光栄過ぎて、現実感がありません。
  しかし、私、そんなに笑って弾いてるかなあ...。
  
http://www.shinko-music.co.jp/main/ProductDetail.do?pid=1746449

 ◎北海道新聞朝刊 札幌圏 [2005年4月23日]
  シリーズ記事「ライブスポットへようこそ」(13)に、小樽の一匹長屋が取り上げられました。
  撮影の日にライブをやっていた浜田もついでに載りました。
  記事の切り抜き(jpg, 177kb)は
こちら→

 ◎アコースティック・ギター・マガジン19(リットー・ミュージック・ムック)[2004年1月発行]
  私のインタビュー記事と、新曲「ジョンファン・マーチ」の音源(CD1曲目)・楽譜が載っています。
  ぜひご覧下さい。
  
http://www.rittor-music.co.jp/hp/agm/index.html

 ◎北海道新聞朝刊 小樽・後志版 [2004年1月9日]
  小樽の赤岩海岸に捧げたということから、新作CD『赤岩組曲』について大きく取り上げていただきました。
  記事の切り抜き(jpg, 258kb)は
こちら→

 ◎アコースティック・ギター・ブック17(シンコー・ミュージック・ムック) [2003年7月発行]
  私のインタビュー記事が載っています。ぜひご覧下さい。
  
http://www.shinko-music.co.jp/main/ProductDetail.do?pid=1745132

  なお、紙面の都合でカットされた最後の部分を、補足の意味でここに記します→(★補足のページへ)

 ◎北海道文化放送(UHB)の深夜テレビ番組『走るメロス』に出演 [2001年春、二週]
  その道で懸命に生きる人を紹介するトーク番組でゲスト出演。
  一週に一曲、生演奏も放映されました。演奏したのは「蘭島」「エンターテナー」の二曲。
  ちょっとだけ「ディル・ピックルズ」のさわりもやりました。

 ◎北海道新聞朝刊 地方版 [1999年ごろ]
  『クライマックス・ラグ』を発表して好評であるなどの内容。初めて地元の新聞に載った私の紹介記事です。
  現在切り抜きが行方不明。

 ◎マーチンクラブ会報「Martin Club News Letter」 [1994年5月発行]
  マーチンのM−38を持っていることから、まだ会社員の頃、マーチンクラブのインタビューを受けました。
  メディアに取り上げてもらったのは、(プー横町の通販カタログなどを除けば)これが初めて。
  記事の引用(jpg, 317kb+282kb)は
こちら→(1)→(2)

 

★ アイヌ語関連の仕事・作業実績

アイヌ語テキスト『アコイタ1』(北海道ウタリ協会発行)の単語索引を試作(1995、私家版)
『北方四島のアイヌ語地名ノート』(榊原正文著)のアイヌ語地名索引を試作(1996、私家版)
十勝本別の澤井トメノさんの単語と用例を集めた語彙集、および文法についての注釈を試作(1997、私家版)
主なアイヌ語辞書のテキストデータをまとめた愛和・和愛のデータベース試作(1995-7、私家版)

 他のアイヌ語関連著作への制作協力:

1.『アイヌ語千歳方言辞典』(1995)(中川裕著)の校正作業に参加。
2.『アイヌ語沙流方言辞典』(1996)(田村すず子著)の校正作業に参加。
3.『札幌アイヌ語教室講義録1』(1997)のテープ起こし作業に参加。
4.『アイヌの知恵 ウパ
クマ@』(1999)(片山龍峯著)のアイヌ語入力・校正・単語索引作成などを担当。
5.『〃 A』(2001)(片山龍峯著)のアイヌ語入力・校正・単語索引作成などを担当。
6.『アイヌ神謡集を読みとく』(2003)(片山龍峯著)のアイヌ語入力・校正・単語索引作成などを担当。
7.『アイヌタイムズ』(1997〜)(季刊、アイヌ語ペンクラブ発行)の原稿執筆や編集・校正を担当。

 

HOME  ギターアルバム一覧