重要なお知らせ ノードフ・ロビンズ音楽療法研究会・閉会のお知らせ

2008年7月1日


ノードフ・ロビンズ音楽療法研究会
会員各位

ノードフ・ロビンズ音楽療法研究会役員会


ノードフ・ロビンズ音楽療法研究会閉会のお知らせ


 会員の皆様におかれましては、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

 さて、去る6月8日に開催されましたノードフ・ロビンズ音楽療法研究会(以下OSNRMT)の
第15回総会におきまして、本研究会が今年度をもちまして閉会すること、及び閉会に伴う
処理作業を役員会に一任していただくことが承認・決定されましたのでお知らせいたします。

 以下にこれまでのOSNRMTの発足と経過、ならびに閉会に至る理由などについて
簡単にご説明申し上げます。

◆OSNRMTの発足と経過

 ノードフ・ロビンズ音楽療法研究会は、1993年にクライブ・ロビンズ博士と
キャロル・ロビンズ博士を日本に招聘し、ノードフ・ロビンズ音楽療法セミナーを開催することをきっかけに設立されました。
その際、研究会の名称を「ノードフ・ロビンズ音楽療法」という固有名詞を使用した
「ノードフ・ロビンズ音楽療法研究会、英語名Organization for Studying Nordoff-Robbins Music Therapy(略名OSNRMT)」とすることについてクライブ・ロビンズ博士の同意を得ました。

 OSNRMTは、ノードフ・ロビンズ音楽療法(以下NRMT)の研究、及び日本への
紹介・啓蒙を目的とし、ほぼ隔年ごとに両氏、またキャロル博士が亡くなられた後は、
クライブ・ロビンズ博士とアラン・タリー氏、カオル・ロビンズ氏、ケネス・エイギン博士、
アン・タリー氏らを招聘し、大小さまざまなセミナーを開催してきました。

 1992年ごろ、日本では音楽療法のブームが沸き起こり始めていました。
OSNRMTが開催するノードフ・ロビンズ音楽療法セミナー(以下NRMTセミナー)は、
いつも満員で、数百名の参加者であふれるという盛況振りでした。
また、1995年には、臨床音楽療法協会と全日本音楽療法連盟が設立され、
日本各地では次々に様々な研究会が設立されました。
そして、2001年には、日本音楽療法学会が設立されています。

2008年現在では、1992年に見られた音楽療法のブームは落ち着きを見せてきています。

OSNRMTが開催した多くのNRMTセミナーで多くのことを学んだ日本の音楽療法関係者は、
臨床現場においてそれを活かしながら、それぞれの音楽療法を構築しつつあります。
また多くの学生がNRMTを学ぶために、海外のノードフ・ロビンズ音楽療法士養成コースに
留学し、日本に帰ってきています。

 2007年、NRMT卒業生の会(日本ノードフ・ロビンズ音楽療法士会)が設立されました。
その会の趣旨はOSNRMTとは多少の違いはあるものの、
これまで本研究会が担ってきた役割の多くの部分を担っていくものと考えられます。

以上簡単にOSNRMTの発足と経過についてご説明いたしました。

◆閉会に至る理由と役員会の決定

 このような状況の中で、OSNRMT役員会は1年以上にわたって
今後の研究会のあり方について議論を重ねてきた結果、
研究会がこれまで担ってきた役割は終了したと考え、
2008年1月の役員会において、2008年度をもってOSNRMTを閉会すること、
また閉会後の作業などについて以下のことを決定いたしました。

(1)OSNRMT閉会後、何人もOSNRMT(ノードフ・ロビンズ音楽療法研究会)
 およびNRMTという固有名詞を使用した研究会などの設立は出来ないこと。
 (NRMTという固有名詞をクライブ・ロビンズ博士に無断で使用することはできません。)

(2)OSNRMTの保有資産のうち、
仝酋癲↓OSNRMTが出版したNRMTに関する資料・本・ビデオ・DVDなどは、
 ニューヨーク大学ノードフ・ロビンズ音楽療法センターに寄付すること。

(3)上記,よび以外のOSNRMTの全ての資産(電話・ファックスなどの備品など)の
 処理は 役員会に一任していただくこと。

(4)OSNRMTの閉会、及びそれに伴う上記(1)(2)(3)について、
 クライブ・ロビンズ博士に報告した後、第15回OSNRMT総会に提案し、
 会員の承認を得て決定すること。

 OSNRMT事務局代表藤本禮子が5月25日に訪米し、
以上の内容と今後の希望をクライブ・ロビンズ博士に伝えた結果、
博士は、全て了解してくださいました。

クライブ博士からはこの提案がされる第15回総会に出席する会員にあてた
メッセージビデオが研究会事務局に郵送され、総会において上映されました。

◆第15回総会における決定

 OSNRMT役員会は、2008年度をもってノードフ・ロビンズ音楽療法研究会を閉会とすること、
及びそれに伴う処理作業を役員会に一任いただくことを総会に提案し、
満場一致で可決されましたことを報告いたします。

 これまで会員の皆様からの暖かいご協力に役員一同心から感謝申し上げます。
また今年度中に最後の研究大会・閉会記念会の開催を企画しております。
この件については詳細が決まり次第お知らせいたします。
多くの皆様がご参加くださいますようお待ちしております。

 皆様のますますのご健勝をお祈りするとともに、
今後とも皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます。

 なお、本研究会が所有しています会員の皆様の個人情報は、
責任を持って適切に処理し、一切第三者に遺漏することがないよう
取り計らいますことをお約束いたします。