TOPページ
KONAしたの日記
写真集
D-yama的乗り方
D-yama的改造!
ライディングギア
マシン
友達のマシン
自己紹介
BBS
リンク集
マウンテンバイク各部の名称
 
D-yama的マウンテンバイクの改造
 
下りを楽しむのが基本コンセプトなのですが、ゲレンデ以外の「山」では、下るためには登りもあるし、登るということは登山なので、地獄の「自転車担ぎ」もあるわけです。

下りを重視しつつもなんとか登ることができる・・・
山遊びではその辺のバランスが重要!

下りで楽なフルサスモデルには大変魅力があるのですが、私は初めて選択したマシンはハードテールでした。
理由は・・・

 ・フルサスに比べてフレームが軽い
 ・機構がシンプルなので、壊れるパーツが少なくて済む?
 ・当然ペダリングロスも少ない
 ・挙動がダイレクトでおもしろそう

と考えたからです。

最近は色々なメーカーからスラバイやプレイバイクと呼ばれるモデルが増えてきています。
とにかく色々と遊べるフレームなのでD系を始めたい人のファーストバイクにはおすすめです。


パーツアッセンブル
下り重視の為、ほとんどのパーツがダウンヒル系のパーツで固められています。
軽さよりも頑丈さ(&かっこよさ^^)を重視。


ブレーキ
ブレーキは良いものを付けましょう!!
前後油圧のディスクブレーキです。ブレーキは効きが良ければ良いほど良いと思います。スピードを出すならなおさらです。いつでも止まれる安心感は大事です。
また、雨やドロに濡れても安定した制動力があるので、コンディションを選びません。
(ブレーキは命綱!ディスクブレーキのメンテナンスキット


サスペンションフォーク
100mm前後のストロークを持つサスペンションフォークがおすすめです。
(80mm-130mmぐらいかな)
最近はサスペンションメーカーからこれぐらいのフリーライドフォークがたくさん出てきています。
アクスルは20mmがおすすめ!
9mmのクイックアクスルに比べると剛性が格段に違います。コーナーリングがカチッと決まって良いですよ〜
(私はマルゾッキのシヴァーSCという倒立シングルクラウンを使用)

下りのことだけを考えるとダブルクラウンのロングストロークフォークも良いかもしれませんが、重量はかなり重くなってしまいますし、コギが多い場面ではペダリングロスも多くて疲れるかな・・
でも乗り方や場合によっては「アリ」な選択ですね。


ハンドルバー&ステム
ハンドルバーはライザーバーです。ステムは50mm-70mmぐらいで。
コントロール重視のセッティングです。
ステムを短くするとハンドルがクイックになってコーナーではクルッと良く曲がります。
でもステムを短くしすぎるとクイックすぎて逆に危険!やはり50mmぐらいは欲しいかな〜と。
ハンドル位置も上げすぎるとこれまた乗りにくくなるので注意です!
(私が使用しているのはレースフェイスの削りだしステム


クランクセット
フロントギアはアウターを外して2枚ギア(22T-32T)にして、アウターギアの代わりにバッシュガードを装着しています。
(KONA号は完成車の時からそうでした)
非レースのフリーライド用なので下りでは必死にコイで加速する必要がないので、アウターの大きなギアは必要無いです。
(コがなくても十分スピードが出ます)
それに山はゴンドラで上がれるゲレンデとは違い、自力での登りがあるので、小さいギアは残しておきます。
と、なるとギアは2枚で十分!

2枚ギア+バッシュガードはチェーンリング全体が小さくなるので障害物にヒットする可能性が減り、乗り越えるのも少し楽。
またブツけてもバッシュガードが守ってくれるので、チェーンリングを曲げたりする事故も防げます。
私が使用しているのはSHIMANO SAINTのフロント2枚クランクセット BBもセットなのでお買い得だし強いのでおすすめです!
バッシュガードは個性的なコレ!私も使用し、大変気に入ってます〜


足回り
タイヤはダウンヒルタイヤの細めのものか、XCタイヤの太めのものをチョイス。
太さは2.1-2.3インチぐらいが良いでしょう。
ちなみに私はコギのことを考えて、リヤを少し軽め(細め)にすることもあります。その時はリヤは軽めで太さのあるものを、フロントはガンガン突っ込むために安心できるダウンヒル用をチョイスします。
ホイールはタイヤの太さに合わせて選んでください。頑丈なものはやっぱり重いです。
あまり重すぎず、そこそこ頑丈なものを選びましょう!
 フリーライドタイヤ:TIOGA 黄色いキリン
 ダウンヒルタイヤ:TIOGA ホワイトタイガー


ペダル
これは好みによるところも大きいですね。
ビンディングは足が外れないのでコギの引き足の力も使えるのでよく進みます。
下りでもガレ場などの衝撃で弾かれた時でも足が外れないので安定しています。でも足は外れないので慣れが必要です。
トライアルやジャンプといった技系に走るならフラットペダルですね!
私は走る場所や距離、内容によってフラットペダルとビンディングを使い分けるようにしています。
 使用ビンディング:Shimano
 使用フラットペダル:Shimano PD-MX30



その他、必要な道具類は「ライディングギア」のページをご覧ください

 
 
MTB S4 125 x 125


 
 
MTB S4 468 x 60