カウンター

カウンター

 

 

ようこそ、堀口家へ (移築しました。2006.5)

 

             WELCOME    TO  THE   HORIGUCHIS !!






 

 

→ HOME (更新月)

 

→ ガレージ(2018.2)

        GARAGE

→ 視聴覚室(2017.12)

       A/V LIBRARY

 

→ 元「まりえとみゆきの部屋(2015.2)

 

→ 修のコレクション室(2017.4)

 SAM'S COLLECTION ROOM

 

→ フォトギャラリー(2018.5)   

    PHOTO GALLERY

 

→レコードキコー会掲示(2018.5)  

      

  → osamu's secret room  (  )

 

  → ホリグチトミオ氏 

 

メールはここに。 MAIL BOX 






 

***  郷里に宿泊する 2018.5*** 

 施設入居中の郷里の両親に面会に行く際は、圏央道の開通以降ほとんど日帰り訪問になっている。とはいいつつも、年に数回は宿泊することもある。それはどんな時かというと、みゆき夫人が少し足を延ばして観光したい時などと、圧倒的に多いのは修が地元の連中と一杯やる時だ。今回の帰省については両者の予定が一致し、二人とも宿泊することなった。当家世帯主単独行であれば実家に泊まるのだが、配偶者の要請により今回はホテル泊まりである。設備が老朽化している実家が、みゆき夫人に嫌われているのでやむをえない。ましてや女性一人でぶらぶらして外食するとなれば、中心街のホテルが良いに決まっている。初めて泊まった下記「センティアホテル内藤」は、きれいで設備も良いが、少々防音に難あり、であった。ユニットバスルームが修の元の勤務先製品であったのは、珍しくもあり嬉しかった。

 

***  腰を痛めた 2018.5*** 

 我が家の敷地の草刈りを一時間以上がんばったら、腰を痛めてしまった。2014年9月にも腰痛になって整形外科に行ったことがあった。この時はなぜか腰に原因不明の痛みが発生し、父親みたく脊柱管狭窄症かと心配になり、病院に急行。しかし今ほどの痛みはなく、深刻な事態ではないとの診断で、翌日温泉旅行に車で出かけていた程度だった。今回は痛みがひどく、前回と同じ病院の整形外科でまたレントゲン写真を撮ってもらった。診察の結果としては、椎間板がつぶれて減ってきているが、ほぼ前回並み、加齢のせいで深刻なものではない、疲労の結果とも考えられるとの、前回同様あいまいなものだった。しかし痛いものは痛い。コルセットを付け、もらった湿布薬を貼り鎮痛剤を飲み、はたまたネットやTVで見た体操みたいなものをしたり、じっと安静の一週間だった。少しずつ痛みは引いて来たものの、まだ発症前の状態ではない。ああ、いやだいやだ、これも老化の一つだろう。それにしてもロクに運動しないでゴロゴロしていたためだろう、4キロも太ってしまったのはまさに想定外。

 

 

*** 最近ビール事情 2018.5*** 

 一年を通して食事の皮切りにはとりあえずビール、というのが当家世帯主の習慣である。そして彼の数少ないこだわりとして、それは断じて発泡酒や第三のビールであってはならない。ところが言うまでもなく、ビールはビール類似品より、税金が高いせいもあって高価なんである。なので我が家では常に、安いビールはないかとあちこち探している。例えば「オーケー」というスーパーがあって、ここでたまに150円ちょい位の輸入ビールを売っていて結構買っているのだが、いつか買ったポーランド製はまずかった。こんなこともあるので、要注意である。安定して可もなく不可もなくという味の、トップバリュー(税込み158円、イオンで販売、韓国製)がしばらく我が家での定番であった。ところが最近アピタで下記に遭遇し、これが今、我が家のレギュラーメンバーになった。やや値段は高い(といっても大手よりは安い税込171円、韓国製 )が、低目のアルコール度数のせいか、すっきりして飲みやすい。ちょっと物足りなあと思えば、代わりにエールなどにして、その後日本酒・ワイン・焼酎のどれかに進むというのが、修の夕食スタイルである。

 

 

*** 自転車その後 2018.5*** 

 先月「自転車売ります」とここに書いたのだが、誰も問い合わせて来ず、結局ヤフオクで売却した形となった。2万円という最低価格は、ちょっと強気過ぎる値付けだったのか、落札者(写真下上側のモザイクの方)が表われたのは15日後だった。もっともヤフーに手数料を取られるので、手取りは18,272円である。そして落札決定と同時に注文したのが、下記デイトナDE01という折り畳み式電動アシスト自転車である。そしてきのう会社員時代の同期生Yさんと、早速の試乗会である。試し乗りといっても半端なものではない。Yさんはママチャリで三浦半島を、二日がかりで一周したという強者なんである。だから試乗コースは茅ケ崎駅を起点とするコース、32キロにもなる(最終的には鎌倉駅まで延長、グーグルマップhttps://goo.gl/maps/AsuSeRhN31zを参照あれ。)当家世帯主、がんばって一度も電気は使わなかった。辛かったのはむしろ、折り畳んだ自転車を背負って、駅の構内を移動することだったんだね。写真を左記にてご覧ください。

 

 

*** 高校の同窓会 2018.4*** 

  当家世帯主が幹事代表を務める同窓会が先週あり、無事終わった。同級生の集まりはしょっちゅうあるのだが、学年合同となると年に一回の頻度となる。もっとも山梨、東京、そして先週の「湘南同窓会」と3か所であるので、参加する身になれば年3回だ。湘南については、2007年が我が学年の東京同窓会の幹事担当年であったので、その宣伝で初めて参加したのだが、それから足が抜けられなくなってしまった。そしてとうとう10年経った去年、幹事長を指名されてしまった次第である。他の同級生や後輩に手伝ってもらうとはいうものの、一番大変な案内状(伝統的に往復はがきを使用)作成・発送・出欠管理は一手に引き受けている。ともあれ50~80代に及ぶ参加者が盛り上がっているのを見ると、その苦労も報われた気がした。それにしても、約30年という幅広い年齢差の出席者を見て感じるのは、人生いろいろ、加齢もいろいろということ。はっきり言って、年齢変化と老化具合は正しく比例するものではないと思う。持って生まれた体質、DNAか、はたまた本人の鍛錬や心がけの差であろうか?参加者の皆さんを見ていて、毎回大いに刺激を受けている。

 

 

*** 海にはバイクが似合う 2018.4*** 

  バイクといえば風、風といえば海。やや強引だがそんな気がする。今年は暖かくなるのが早いようで、風に吹かれたくなった(ナンチャッテ。)で、前から気になって行こうと思っていながら、いざ車で近づいてみたら、いつの間にか通り過ぎていた(2回?)場所がある。それが下記熱海の「走り湯」である。実際改めてバイクで行ってみたら、実に分かりにくい場所だった。有料道路でしか行けないところであって、横浜からだと道路の右側で、しかも看板が小さい。バイクだから簡単にUターンできたが、クルマでは困難だろう。駐車場もないのでウィークデイ以外は大変。行ってみればテレビで見た通りで、まあこんなものか(左記フォトギャラリーを確認あれ)と安心してお仕舞い。では出発、有料道路(熱海ビーチライン)を引き返し、さっき入った入り口を出ようとしたら、また料金を請求された。なんか納得いかない。走り湯の場所からは一般道には抜けられないのに、である。いずれにせよ、家からほんの一時間ほどで、まだ時間に余裕がある。そこで藤沢の巨大書店に寄った後、やはり藤沢の自転車店で電動自転車を試乗して帰宅した。

 

 

*** 今月も群馬、四万温泉 2018.4*** 

   四万温泉は去年、バイク仲間のツーリングでも行ったのだが、その時は端の方の安宿だった。それにほとんど近隣散策もしてなかった。今回はたまには高級な旅館を、という当家奥方の指名で、あえて選んだのである。といっても、いろいろ調べて工夫した結果、一万円台半ばだから、世間相場からすればたいしたことはないだろう。それに、古い建築好きな当家亭主にとっても、興味津々であった。下記写真ではわかりにくいが、この積善館という旅館は3回に分けて、下から上に順番に建てられている。説明によれば、最初に一階(本館という)が1691年、二回目の山荘(写真奥の緑の屋根、ここに宿泊)が1936年(昭和11年)、三回目の佳松亭(枝に隠れて微かに見える)という所が昭和61年に建てられた。とにかく泉質が自慢とのことで、飲用もOKだ。胃に良いという触れ込みなので、数杯飲んだらスッキリし、食欲が出たような気がした。調子に乗ってグイグイやっていたら、翌朝は下痢だったので、何事も過ぎたるは及ばざるが如し。ちなみに、ここはアニメ「千と千尋の神隠し」のモチーフというか参考デザインみたいになってるらしい。

*左記フォトギャラリーをご覧ください。

 

 

 

*** 自転車売ります 2018.4*** 

  7年半前に買った下記自転車(17インチ、24段変速)を2万円で売ります。無料でお届けします。今ヤフー・オークションにも出品中(「MARIN BELVEDERE 17インチ」で探してください)なので、売れてしまったらゴメンナサイ。なぜ売るかというとほとんど使っていないためです。使わない理由は健康のために、なるべく歩くよう努めているせい。理由二つ目は、この話と矛盾するようですが、旅行用に新しい自転車を買おうと思っているからです。それは折り畳み式で電車に持ち込めるようなもの、できれば電動アシスト式のものが良いと考えています。下記も前輪を外して車で運び、サイクリングをしたこともあります。ですが、車で運ぶ最大の欠点は、行き先の駐車場からサイクリングで走って移動してみても、また戻ってこなくてはならないこと。だから、電車やバスで気ままに移動したいと思うのです。という訳で、最後のお別れとして近場をサイクリングして来ました。少し写真を撮りましたので、左記をごらんあれ。

 

 

 

                                                                  
   過去のホームページ

   

   続きますよ!