Mainland walker

Osakano Jie - 大阪の爺 のセカンドライフ

セカンドライフとは、

アメリカのリンデン・ラボ社が開発したコンピュータシステムです。 セカンドライフは3次元のグラフィックスでメタバースとよばれる仮想的な空間で、世界中のユーザーがそのなかでさまざまな活動を行うことができるようになっています。

セカンドライフのなかで利用者はアバターを通じて活動を行います。アバターは利用者が自由にデザインすることができ、それぞれの利用者の個性を現しています。 そして、アバターをセカンドライフ内で自由に移動させ、ほかの利用者とチャット(おしゃべり)をしたり、建物を建てたり、イベントに参加したりと、現実世界と同じような活動を行って楽しんでいます。

ジャンル的にはゲームに分類されてしまうことが多いのですが、コンピュータの仕事を始めて30年以上になる私にとっては、単なるゲームでは無く、またゲームとして分類できない何か新しいジャンルのソフトウエアだと思っています。 個人的にゲームには興味がないのですが、セカンドライフは別で50歳を超えた爺さんでも興味がわいてきます。

2002年にClosed betaが始まり、2003年に正式リリースされて以来、1000万ユーザアカウントを突破しています。 2007年をピークにして、2009年現在生き残っているユーザがどれだけいるのかはわかりませんが、同時接続数として、アメリカの西海岸時間で夕刻あたりは8万人から9万人、西海岸が深夜に入るとヨーロッパ・アジアがメインで4万人から6万人という状況です。 根強いと思います。

Osakano Jieの活動予定、

私の場合、仕事柄セカンドライフがあるということは知っていたのですが、個人的に始めたのがというより、個人的にこれを動かせるパソコンを入手できたのが2007年(お小遣いをためて買いました)です。 CADシステムを応用したと思われるシステムなので、少々ハイスペックなパソコンが必要でした。 はじめは日系企業の土地を購入して、オブジェクトを作りながらリンデンスクリプトの勉強をしていたのですが、日系企業の撤退や素晴らしいオブジェクトを構築していたユーザの撤退やらで何かさみしい気持ちになります。

そこで、素晴らしいものを記録として残せるなら少し遅いかも知れませんが、思い立った時が吉日という事でこのページを始めることにしました。

どうせなら英語がしゃべれない私が英語圏のメインランドに住みながら、マイホームを拠点にして紹介するほうが、よりリアルに紹介できるのではないかと思い立ちメインランドへの移住を決めました。

文字が苦手な私にとっては、写真をメインに紹介していきたいので、そうなるとブログでは紹介しきれないので、Yahooジオシティーズにページを設けました。 ブログ側では更新の記録やハイライトを紹介していきます。

セカンドライフとは『題名の無い絵本』というスタンスで、『英語がしゃべれなくてもメインランドに住めるのだ!』にチャレンジしていきます。

この写真は、Japan resortにAtollという環境SIMを所有していた時のものです。

Osakano Jieの活動拠点、

現在の住所は、200,70,25, Gualala, Coast Town Region, Sansara, Mainland (Old Continent)です。

Gualalaの東側です。 自宅の東側はリンデンラボの水路で、南側はリンデンラボの木橋です。 広く公道や航路に接していますので、バイクや車で道路に直接出ることができますし、船で水路に直接出ることもできますので、とっても便利な場所です。

ここのSIM群(大陸なので、その中でSIM群があり、またその中にSIMがあります)の北側にはセカンドライフ発祥の地San Francisco Simsがあります。 Gualalaを含むCoast Town Regionは2004年に作られたSIM群で、セカンドライフでは歴史のある場所です。 Sansaraはセカンドライフでは一番古い歴史を持ったところです。 Sansaraはメインランドの他の大陸と比べて全体的に道路・水路が完備されています。 そのため土地がさほど荒れていないと思います。 メインランド全体では5000SIM位?ですが、Sansaraは900位?のSIMで構成されています。

サンサラ大陸とヘテロセラ環状大陸(2番目に作られた大陸)は水路でつながっていますので、テレポート無しで1500位?のSIMを渡れます。 ちなみにノーチラスやコルシカの大陸は3000SIM位?がつながっている様です。 つながっているSIMの数が多すぎて位?です。 何も見ずにただ飛んでいるだけでも、何日かかるのかわからない数です。

Gualalaの写真を集めてみましたが、私の土地でこの5年の間に構築されたものが知りえる限りでは私で5代目です。 著作権の問題がありますので写真は出品できませんが、土地の形状はさほど変更されていません。

なにせアメリカですので、著作権には注意していきたいと思います。 自分で撮影するしか無い!

5分以内であればREZできるようにしていますので、メインランド散策時は拠点として利用して下さい。

 

Osakano Jieのブログ、

Osakano Jie のブログは、こちらです。