業務内容;不動産登記・商業登記・会社設立・相続・相続登記・遺言・無料相談・成年後見等

 松田司法書士 大阪|不動産登記の必要性  不動産登記(不動産名義変更)の必要性。

松田司法書士への無料相談はこちらから受付中 もしくは直接TEL 06-6459-7371 へ
不動産登記の必要性


近年、不動産取引は、複雑・多様化しており、それに伴い
不動産の権利関係も以前に比べますます複雑化しております。
特に東京、大阪等の都市部では複雑化を見せており、不動産
登記の必要性もかなり増しています。

そこでよりいっそう不動産の名義変更である不動産登記を
申請するにあたっては、
不動産登記の専門家である司法書士の、高度な不動産登記に
関する法律知識と長年の経験が必要となってきています。

そして、不動産登記のプロである私たち司法書士は、
不動産登記の手続や申請を行うにあたり、
不動産取引の安全と買主、売主双方の権利の保護に努めています。 

特に登記をするにあたり、司法書士の取引前の
事前の物件調査、所有者等の調査、打ち合わせ等の事前準備は
欠かせないものとなっています。



誰が登記を依頼するものなのか?

不動産登記の司法書士報酬や諸費用はお客様が支払うものですので、
売主、買主であるお客様が納得下上で本来司法書士を
お選びになるべきです。
必ず業者さん等の指定のこの司法書士事務所に依頼しないと
いけないという決まり事は通常ございありません

後々なぜこんなにお金がかかったのだろうと後悔されないためにも、
ご自身で司法書士を選ばれる事が大切です。



どんなときに不動産登記が必要か?


建物を新築した時(建物表示登記、所有権保存登記)
(注)表示登記は通常土地家屋調査士が登記を申請します。
   その後保存登記は司法書士が申請します。

不動産を売買した時(売買による所有権移転登記)


不動産を売買した時には、売買日(取引日)を原因日付として、
不動産の名義変更の登記を申請します。

不動産を相続した時(相続登記)

不動産を相続した場合には披相続人死亡の日を原因日付として
相続登記を管轄法務局(大阪市西区なら大阪法務局等)に申請します。

不動産の遺贈があった時(遺贈による所有権移転登記)

不動産の贈与(贈与による所有権移転登記)

不動産の離婚による財産分与(財産分与による所有権移転登記)

住宅ローンを設定したとき(抵当権設定登記)

事業で不動産を担保に借入れした時(根抵当権設定登記)

不動産担保の事業資金や住宅ローンの借入金を返済が完了した時
(根)抵当権抹消登記)

住所を変更したときや結婚等で所有者の氏名が変わったとき
(所有権登記名義人表示変更(更正)登記

この他にも不動産登記は多数ございます。

不動産登記は大阪に事務所を置く松田司法書士にぜひお任せください。
大阪、兵庫、奈良、京都等近畿一円対応いたしております。!

松田司法書士事務所の所在地(地図)
大阪市西区江戸堀一丁目4番21号 日宝肥後橋中央ビル401号

  
 松田司法書士 大阪
 (トップページに戻る)
  TEL 06-6459-7371