不動産登記・商業登記・抵当権設定・抵当権抹消・会社設立・相続登記・相続・遺言・無料相談・成年後見等
松田司法書士 大阪|抵当権抹消登記
松田司法書士への無料メール相談はこちらから受付中 

 
  抵当権抹消登記


 家を買ったとき、または何らかの担保のために設定された
抵当権はその元となる金銭消費貸借契約等で生じた被担保債権
(住宅ローン等)が弁済等で完済されることで当然に消滅します。
 
 そして、住宅ローン等の返済が完了した場合には、通常住宅
ローン等を設定した時に不動産に設定された抵当権の登記を抹消
する必要があります。
 住宅ローンが完済し、当然に借金がなくなるからといって金融
機関が勝手に抵当権の抹消の登記申請をしてくれるわけではない
んです。

 また、住宅ローンが残っている場合に、不動産を売買する場合
には通常は売買代金で売主の不動産に設定されている抵当権を抹消
し、抵当権抹消登記をする必要があります。

 抵当権抹消登記をしないで放置しておくと、不動産を後日
処分する時に「抵当権は消滅した」と言っても、
抵当権が登記簿に残っていると相手方は納得してくれませんし、

 抵当権が残ったままですと新たな金融機関からの
金銭の借り入れを受けることができなくなるおそれも
ありますので早々に抹消した方がよいでしょう。

このように、必ず抵当権抹消登記をしておくことは大切です。

 
 またそのような予定がない場合でも、金融機関から交付される
担保の抹消書類の中には資格証明等有効期限(3ヶ月以内)が
定められているものもあり、抵当権の抹消をそのまま放置
すると、金融機関の合併や商号変更、代表者の交代などにより、
新たに金融機関から資格証明書を取り寄せなければならなく
なったり、手続きが難しくなります。

  
 ですから、金融機関から抵当権抹消の必要書類が
交付されましたらできるだけ早く司法書士に
抵当権抹消登記をご依頼されることをお勧めします。

         

 登記簿上の住所が現在の住所や氏名と異なる場合には、
お客様の住所変更や氏名変更の登記も必要となる場合が
あります。

 また金融機関に合併等が生じている場合には抵当権
移転登記も必要となる場合があります。
(ただし費用は金融機関負担ですのでお客様の負担には
 通常はなりません)
 また相続が起きていた場合には事前に相続による
相続人への名義変更もする必要があります。


司法書士への依頼に必要な書類は、以下のとおりです

 基本的には銀行から返却された書類及びこちらで作成した
委任状に押印いただいた書類です。


1.登記原因証明情報
(抵当権解除証書・抵当権放棄証書等)
 通常は金融機関から発行されます。

2.抹消登記する抵当権の抵当権設定当時の
抵当権設定契約書(登記原因証明情報)
 通常は金融機関から返却されます

3.金融機関からの抵当権抹消の委任状
 通常は金融機関から返却書類とともに交付されます

4.代表者事項証明書(履歴事項証明書)
(有効期間は発行日から3ヶ月以内です)
 通常は金融機関から交付されます

5.お客様から司法書士への委任状
(当方で作成します。お客様の認印でかまいません)

6.場合によっては変更証明書
(注1.2)
 通常は金融機関から交付されます
     

7.場合によってはお客様の住民票等(注3)
(住所の変更がある場合には必要となる場合があります。)

 ローン完済による抵当権の抹消登記をするとき、
抵当権者である銀行や保証会社が初めに抵当権を設定した日以降に
合併をしているときは
合併の登記の日の後にローンの完済があれば、
一旦、抵当権者を合併後の抵当権者名義にする
抵当権移転登記をして、その後に抹消しなければなりません。
 ただ合併に関しましては金融機関の都合ですので、合併に必要な
書類及び費用は金融機関が負担します。
  (法務局への登記申請はまとめて一度で申請します)
 
 
   
 抵当権者の商号(銀行・保証会社等の名称)や
本店所在地が変わった結果、登記との間に食い違いが
生じることになっていても、
変更証明書(抵当権者の登記事項証明書や登記簿謄抄本)を
添付することで、そのまま申請ができます。


注3 お客様の住所に登記簿上の住所や氏名の変更がある場合
には原則、住所や氏名の変更の登記も抹消登記の前提として必要です。




抵当権抹消登記の手順

  松田司法書士事務所ではこちらからお伺い
 させていただくか、お客様に事務所まで来て
 いただくか、電話等での打ち合わせ後、郵送でも
 抹消登記申請していただけます。(近畿一円対応)

1、松田司法書士への無料メール相談
  に必要な情報を記載していただくか、
  
松田司法書士事務所(06-6459-7371)
  
に直接お電話いただきます。
  
2、
当事務所から押印していただく委任状、同封していただく
  必要書類等手続きのご案内をいたします。
  銀行側の書類は通常銀行から一括して送付されてきます。
  この書類と当方からの委任状に押印が必要です。

3、必要書類を松田司法書士事務所にご返送いただきます。
  直接お会いする場合にはその場で押印等いただきます。
    
4、登記を申請し、登記完了後、完了後の書類等を
  郵送いたします。
  
(申請から完了まで通常は1週間位かかります)

5、司法書士報酬を含む費用を振り込んでいただきます。
  通常の土地建物ですと総額1万7500円〜)
   
これで全ての手続きが終了となります

   不動産登記、抵当権抹消登記は大阪の松田司法書士に
   お任せください。
    
TEL 06-6459-7371 無料相談も承っております。
   
    松田司法書士事務所の所在地(地図)
   
大阪市西区江戸堀1丁目4番21号 日宝肥後橋中央ビル401号

 松田司法書士 大阪 (タイトルに戻る)TEL 06-6459-7371