業務内容;相続・遺言書作成・不動産登記・商業登記・会社設立・相続登記・無料相談等       
松田司法書士 大阪|遺言 について          
松田司法書士への無料メール相談はこちらから受付中 もしくは06−6459−7371へ

 遺 言

遺言つきまして解説させていただきます。
松田司法書士(大阪)は遺言書の作成、作成の補助についての
業務を承っております。

相続において、遺言は非常に重要なものです。
遺言とは,財産面では自分自分の財産をどうするのかという
遺言者の意思表示ですし、遺言でなければできない事もあります。
また、遺言をする事で、相続を巡る争いの防止にもなります。

この他にも遺言には、財産の帰属以外にも、非嫡出子の認知や
相続人の排除といったような身分状の遺言もあります。

なお、遺言がなければ、相続人全員の遺産分割協議で、それが
駄目なら法定相続分に従って、遺産を分けることになります。  

法定相続とは例えば,

「夫が亡くなり、子と妻が相続人であるときは、
 息子と妻の相続分は,1対1」  

「夫が亡くなり、親と妻が相続人であるときは、
 親と妻の相続分は,1対2」  

「夫が亡くなり、兄弟と妻が相続人であるときは、
 兄弟と妻の相続分は,1対3」  

というような決められた割合で相続するやり方です。

しかし,相続人の遺産分割は現実には簡単にまとまりません。
単に預金等の金銭だけなら均等に分配するといった事も
可能かもしれませんが、

通常は相続財産には様々な財産が含まれ、
均等に全員で財産を分配する事自体が難しく、
自主的に遺産分割の協議をまとめるのは,容易ではありません。

ではそれなら均等に法定相続すればいいのでは
と思われるかもしれません。

しかし,法定相続に関する規定は、
全体的奈家族関係を標準として設けられていますから、
これを,個別的に家族関係に当てはめると、
必ずしも相続人間の実質的な公平が
図られないという場合も少なくありません。

例えば法定相続では、子は皆等しく平等の相続分を
有しているとされてますが、
遺言者と一緒に苦労を共にして頑張ってきた相続人と、
そうでない相続人とではそれなりの差を設けてあげないと
かえって不公平ということにもなります。

ですから遺言者がその家族関係に最も合致するような
相続の仕方を遺言できちんと決めておくことは、
後に残された者にとってとても有り難いことなんです。

遺産分割協議がまとまらない場合には家庭裁判所での
遺産分割の調停や審判で解決してもらうことになりますが、
相続人間の争いで、解決が困難になる事例が後を絶ちません。

こういう場合に備えて、遺言で具体的に定めておけば
相続人間の争いを未然に防ぐことができるのです。


相続登記に関しては遺言書(自筆証書遺言は検認要)が
ある場合には、申請人からの単独申請で登記可能です。

ない場合には法定相続登記か遺産分割協議書を
添付して相続登記をする事になります。

なお、遺言は原則書面で残さないといけないものですので、
通常は生命の危機に差し迫った時には書けませんのでお元気な
時に書いておく事をこころがける事が重要です。

大阪・京都・兵庫(神戸)・奈良・滋賀 近畿圏対応!
不動産登記、商業登記、相続、遺言、相続登記は大阪の松田
司法書士にお任せください。



大阪府大阪市西区江戸堀1丁目4番21号
日宝肥後橋中央ビル401号(地図)


松田司法書士 大阪(トップページに戻る)