大阪の松田司法書士事務所 
(業務範囲 大阪、兵庫等近畿一円)


法定相続とは

相続における法定相続とは、民法900条で定められた各相続人が
受け継ぐことができる遺産の割合をいいます。

なお、相続財産に披相続人からの遺言があったり、
相続人全員の間で遺産分割の協議が整った場合に

遺言や遺産分割の合意が法定相続分に優先します。

法定相続分とは

法定相続人とは、血族相続人と配偶者相続人の事です。

配偶者相続人は血族相続人とともに常に相続人となります。


血族相続人には順位があります。

第1順位 子や孫等   (直径卑属)

第2順位 親や祖父母等(直径尊属)

第3順位 兄弟姉妹

となります。

配偶者相続人は血族相続人とともに常に相続人となり、

その他、
被相続人に、第1順位の子がいる場合には

子は無条件で相続人になります。


第2順位の直系尊属は、第1順位の子
(および子の代襲相続人)
がいないときに相続人になります。


第3順位の兄弟姉妹は、第1順位の子
(および子の代襲相続人)
および第2順位の直系尊属がいないときに相続人になります。


ですから、被相続人の子と親、親と兄妹、子と兄妹が
同一順位で相続人になる事はありません。

配偶者と子(第1順位)が相続人の場合

法定相続分は、配偶者が2分の1、子供は2分の1です。
子が複数いる場合には、2分の1を子供全員で均等に分けます。

非嫡出子(内縁の妻や愛人の子供)の相続分は、

嫡出子の2分の1となります。

また、配偶者がいない場合は、
子供が遺産の全部を相続することになります。

子供が死亡している場合は、孫が相続します。
孫も亡くなっている場合は、ひ孫が相続します。

このように、相続権を孫やひ孫が引き継ぐことを代襲相続といいます



配偶者と被相続人の父母(直系尊属) が相続人の場合

配偶者は3分の2、父母は3分の1を相続します。
親が亡くなっている場合は、祖父母が相続人となります。


配偶者と被相続人の兄弟姉妹の場合

配偶者は、4分の3、兄弟姉妹が残り4分の1を相続します。
兄弟が亡くなっている場合は、兄弟姉妹の子が相続人になります。

松田司法書士事務所への無料相談がございましたらこちらから
もしくは06−6459−7371へ

登記、不動産登記、商業登記、相続、遺言、相続登記等は
大阪の松田司法書士にお任せください。

 松田司法書士事務所の所在地(地図)

大阪市西区江戸堀一丁目4番21−401号 日宝肥後橋中央ビル401号
   松田司法書士 大阪(トップページに戻る)TEL 06-6459-7371

松田司法書士 大阪
(トップページへ)
松田司法書士の
プロフィール
無料相談
不動産登記
商業登記
遺  言
相  続
相続登記
法律登記相談
供託帰化
裁判所・検察庁に
提出する書類の作成
本人訴訟のサポ-ト
  司法書士報酬
他のホームページ