業務内容;不動産登記・商業登記・会社設立・相続・不動産相続登記・成年後見・無料相談等
松田司法書士 大阪|不動産相続登記(土地、建物、家、マンション)      
松田司法書士への無料相談はこちらから受付中

 不動産相続登記

 不動産の相続登記とは、土地や建物、家、マンション等の不動産の
 登記名義人が亡くなった場合に、その不動産の所有者を新所有者で
 ある相続人名義に名義変更することです。

 まずは登記簿謄本(全部事項証明書等)で他界された方の所有名義
 に本当になっているのかを確認します。
 
 
相続登記の登記申請をしなければ名義はずっと披相続人のま
 まです。相続が起きたといって自動的に名義が変わる訳では
 ありません。

 相続登記の新名義人は通常相続人全員で遺産分割の
 協議をして決定します。
 遺産分割協議書には各自が署名(記名)、実印で押印します。
 相続人のどなたかが欠けていると遺産分割協議は成立しません。
 
 なお、保存行為として遺産分割協議をせず、相続人全員の法定
 相続分で登記してもかまいません。
 ただし登記申請に合意されない方がいる場合にはその方には
 登記識別情報は発行されませんので注意が必要です。

 戸籍が整い、遺産分割協議が終了しますとそれからいよいよ
 不動産相続登記の申請を不動産の管轄法務局に
 (大阪市西区なら大阪法務局 北出張所)
 (大阪市中央区なら大阪法務局)に行ないます。
 
 不動産の相続登記をいつまでにしなければいけないかという
 期限については不動産相続登記自体には期限はありません。
 
 ただし、いつまでも登記をほっておくと、さらに相続がおこり
 相続関係が複雑になって、全員の意見がまとまらなくなったり、
 
 時間が経つと相続人の考えが変わったり、また、
 各人の経済状況、資産状況が変化してきて、
 さらに話がややこしくなったりします。
  
 現に何世代も前の所有者のまま相続登記が行われておらず、
 相続人が数十人になっており、遺産分割協議がまとまらない
 場合もございます。

 いずれ不動産を売買したり、抵当権の抹消登記をする時等
 将来的には不動産相続登記が必要となりますので、
 お早めに相続登記はすませた方がいいでしょう。
 

 
戸籍謄本集め

 相続登記においては戸籍集めが1番重要で大変です。
 通常は亡くなられた方の、生まれてから亡くなられるまでの
 全ての除籍や戸籍と戸籍や除籍の附票(住所の移動を示すもの)、
 相続人全員の現在の戸籍が必要です。
 (遺言書がある場合は除く)

 相続人や相続財産の調査、戸籍集め、申請書の作成等は
 個人でやるには相当な時間と、労力が必要になります。
 またこれらの書類が存在しない場合には
 上申書という別の書面も必要となりますし、場合によっては
 さらに書面が必要となる場合があります。。

 ですので、不動産相続登記は登記の専門家たる司法書士に
 任せたほうが、時間の節約もでき、迅速確実な登記が可能なのです。

 なお、司法書士は不動産相続登記の依頼を受けた場合、
 戸籍や住民票等を取得する事が可能ですので、

 お客様にご用意いただくのは印鑑証明書、実印、場合によっては
 権利証のみですし、ほとんどの手続きや書類集めはこちらで可能です。


 土地や建物、家、マンション等の不動産登記、商業登記、
 相続登記は大阪の松田司法書士にお任せください。

 大阪の松田司法書士は親切勝つ丁寧にお客様に対応いたして
 おります。

 
 〒550-0002   TEL 06-6459-7371
 大阪府大阪市西区江戸堀1丁目4番21号
 日宝肥後橋中央ビル401号
 松田司法書士事務所の所在地(地図)


    松田司法書士 大阪(トップページへ)