業務内容;不動産登記・商業登記・会社設立・相続・相続登記・遺言・無料相談・成年後見等
大阪司法書士 松田司法書士 マイホームと不動産登記
松田司法書士への無料相談はこちらから受付中 もしくは TEL 06−6459−7371へ

不動産登記とマイホームとの関係


念願のマイホームや収益物件を購入する場合には、現金のみの
支払い(現金決済)ではなく、ほとんどの人が銀行や信用金庫
、住宅金融支援機構等の金融機関の住宅ローンに基づく担保設定
である、抵当権を設定されることだと思います。

そして、マイホームを売買した場合や、金融機関の住宅ローンを
利用する場合には、不動産登記が必ず必要になります。

金融機関の住宅ローンがある場合には、金融機関は金銭消費貸借
契約によりお客様に融資したお金を返済してもらえなくなった場合
に備えて、そのお買いになられたマイホームを担保に抵当権を設定
し、マイホームに抵当権設定登記がなされることを前提としてお金
の融資をします。

そして金融機関は、万が一、住宅ローンの返済ができなくなっ
た場合にはマイホームを競売にかけ、競売による売買代金から、
住宅ローンで貸した金銭を回収しようとします。

この抵当権を設定する前の段階として、マイホームの購入者は
抵当物件(マイホーム)の所有権を取得していなければなりません。
これが通常は住宅ローンと呼ばれるものです。
現金でマイホームをお買いになる場合には住宅ローンの設定は
もちろんございません。

通常、これらの新所有者への名義変更と抵当権設定(融資)の
一連の作業は、「取引」「決済」で完了されることになります。

決済の日には、通常は住宅ローン等の融資先の銀行で
不動産の売主、買主、仲介業者、金融機関等の関係者等が
一堂に会して、残代金の支払いや必要書類の授受や
家の鍵の授受、固定資産の日割計算などがなされます。

このときに司法書士がその決済に立ち会います。

司法書士の関与が何故必要かというと、不動産売買の意思確認、
家の権利書の確認や、本人確認、印鑑の照合等、様々な確認を
登記の専門家である司法書士が確認する必要があるからです。

万が一、決済日に家や土地の権利書や印鑑証明等書類に不足や
不備があった場合には決済は成立せず、金融機関の融資はなくなり、
売買が不成立になってしまいます。

この危険を防ぐために司法書士が決済に立ち会って、書類の授受や
実印等の押印、契約内容の確認等をして決済を成立させ、ローンの
実行が完了した後に、

司法書士は取引終了後、その日のうちに直ちに不動産所在地の
管轄法務局(例えば大阪市西区なら大阪法務局の北出張所)
に即座に申請代理人として不動産の所有権移転登記、
抵当権設定登記等不動産登記を申請をすることになります。
これが一連の作業です。
これがマイホームと不動産の登記についての関係です。

不動産取引の司法書士は業者さんや他人の指定ではなく、
本来お客様が選ばれるものです。
もし私に任せようと思われましたら、ぜひご依頼ください。


誠実かつ、迅速、丁寧にさせていただきます。
大阪全域、京都、兵庫等充分にご対応させていただきます。


私のプロフィールや、取引報酬は司法書士報酬の箇所を参照してください。

念願のマイホームの購入や、それに伴う住宅ローン抵当権設定等の
不動産登記は大阪に事務所を置く、松田司法書士にお任せください。


松田司法書士事務所の所在地(地図)
大阪市西区江戸堀一丁目4番21号 日宝肥後橋中央ビル401号


 TEL 06-6459-7371
松田司法書士 大阪(トップページに戻る)