業務内容;不動産登記・所有権保存登記・商業登記・会社設立・相続登記・無料相談・成年後見等
松田司法書士 大阪|所有権保存登記について
松田司法書士への無料相談はこちらから受付中  もしくは06ー6459-7371へ

  所有権保存登記とは


  所有権保存登記とは、土地をお持ちの場合にその土地上に
 建物を新築された場合や、家を新築した時や新築の分譲住宅を
 購入した場合に、まだ何も権利の登記のない不動産について、
 初めてされる権利の登記を言います。

 所有権保存登記は主に分譲住宅や注文住宅等の新築された建物に
 ついてなされます。
 また、昔からの土地等ごくまれですが、表題部の登記しかない
 土地についてなされる場合もあります。
 
 既にお持ちの土地に建物を新築した場合、
 建物については、所有権保存登記がなされます。

 通常新築の建物を土地とともに購入された場合、
 建物については、所有権保存登記が
 土地については売買による所有権移転登記がなされます。
 
 また住宅ローン等を使われる場合には土地、建物につき
 抵当権設定登記もなされます。

 まず、建物が新築されると、最初の所有者は1カ月以内に
 建物の物理的状況(どのような建物か)を公示する
 「表示登記」を行います。初めて登記簿をおこす作業です。

 「表示登記」は通常は土地家屋調査士が
 お客様の代理人として登記申請を行います。
 
 次に建物の表示登記が終了すると登記簿の甲区に、
 「誰が所有者か」を示す権利に関する登記である、
 「所有権保存登記」がされます。
 
 この「所有権保存登記」の申請は通常司法書士が
 お客様の代理人として申請を行います。

 なお、表題登記の後に新築建物に引っ越して、住所が変わった
 場合も新住所で所有権保存登記も可能です。

 以後、この保存登記を基礎として売買や相続登記といった
 所有権の移転や抵当権設定・抵当権抹消といった
 不動産の権利変動に関する登記が登記簿になされます。
 
 保存登記の申請は、原則として、
 表題部(表示登記の内容を記載している部分)に
 所有者として記載された者が単独で申請します。

 ただし、表題部所有者がすでに死亡している場合は
 相続人が自分の名義で保存登記を申請することもできます。
 ただし、自己の相続分のみに関して保存登記をすることは
 できません。
 
 登記申請先は、不動産の所在地を管轄する各法務局です。
 例えば大阪市西区なら大阪法務局 北出張所です。

 なお住宅ローン等で建物を新築し、土地を購入した場合には
 他に建物の保存、土地の所有権移転、抵当権設定の各登記が
 必要となります。

 
司法書士への依頼に必要な書類は


 
1、保存登記の申請人の現在の住民票
 (通常は表示登記の住民票を使う事もありますが、その後
  住所を新しくした場合等司法書士が職権で取得も可能です。)

 2、委任状(当方が作成します)
(住所氏名を記入し所有者の押印が必要です)
 
 登録免許税
 (国に納める税金です)
 
 3、登録免許税の減税の適用がある場合には、
   賃貸借契約書や社宅の証明書、上申書等が
   必要となります。
   なお土地家屋調査士にこれらの書類を渡しておられる
   場合は不要です。

 登録免許税の税率ですが、セカンドハウスや共同住宅等
 原則は固定資産評価証明書もしくは新築の場合は単価金から
 計算した価格の1000分の4です。

 個人名義で住宅を購入し、実際に取得後一定の期間内に居住する
 50u以上の建物については登録免許税が1000分の1
(長期優良住宅)もしくはその他の建物でも登録免許税が
 1000分の1.5になる場合もございます

 またさらに上記の要件を満たしている長期優良住宅の場合は
 1000分の1になる場合もございます。

 これらの書類等が揃ってようやく登記を申請することが
 でき、所有権保存登記を申請して通常1〜2週間後に
 1番始めの権利証(登記識別情報)が出来上がります。


 土地や建物の所有権保存登記等)は松田司法書士にお任せください。

 松田司法書士事務所の所在地(地図)
  
大阪市西区江戸堀一丁目4番21号 日宝肥後橋中央ビル401号

 
松田司法書士 大阪 (トップページに戻る)