業務内容;不動産登記・商業登記・不動産売買、金消の立会い・会社設立・相続登記・無料相談等
松田司法書士 大阪|不動産売買
松田司法書士への無料相談はこちらから受付中 
大阪の松田司法書士は不動産登記や商業登記、不動産売買の立会い、その他相続業務を中心業務としております、小人数の司法書士事務所を経営しております、司法書士です。

不動産売買の流れ

1.中古物件の決定

まず、不動産物件をいくつか見ます。そして仲介業者さんがいる場合には、お客様の年収や職業、その他必要な事項をお伺いして購入不動産の資金計画のチェックなど行ないます。

2.買付けをします。

購入希望の物件が見付かったら、業者さんの買付けの書類に記入します。購入意思を明確にするためのものです。価格交渉や特約条件などの希望事項があれば、通常はこの書類に明記します。

媒介業者はこの書類をもとに、売主もしくは売主側の仲介業者との間で、売買条件の交渉や契約の段取りなどを行ないます。


3.売渡の承諾

買主からの買付の申し出に対し、売主の応諾します。


4.重要事項説明を受ける

購入予定物件の詳細などについて、宅地建物取引主任者から重要事項の説明を受けます。通常は、契約の数日前にこの説明を受け、買主が買うかどうかの検討をします。実際には売買契約の当日に説明が行なわれることもあります。

5.売買契約の締結

説明された物件の内容や契約条件に納得したら、売買契約書に双方署名捺印をします。この時点で通常は売買契約が成立します。


6.住宅ローンの申込み

売買契約の前にあらかじめ、仲介業者が金融機関に対して打診(仮審査)をしていることもありますが、売買契約後の住宅ローン申込みで正式に金融機関による審査が始まります。ほとんどの売買契約では、住宅ローンが指定期日までに承認されなかった場合に契約を解除することができる旨の特約条項が盛り込まれています。


7.決済(取引)

売買代金の残り(売買金額から手付金や中間金を差し引いた金額)を支払いますが、住宅ローンを利用する場合にはその前に金融機関との間で金銭消費貸借契約を締結します。

残金決済と同時に、司法書士に対して所有権移転登記や抵当権設定登記の手続き、売主との間で諸費用の清算、仲介業者へ手数料の支払いなどをして、これで一連の取引が完了します。

決済の日には私、松田司法書士が必ず立会います。その日のうちに不動産の名義変更の申請を管轄法務局(大阪市中央区なら大阪法務局)に申請いたします。

不動産の売買に関しましては、打ち合わせ、不動産取引の立会いから登記の申請、完了書類の取得、お客様への完了書類の返却まで全て大阪の松田司法書士がさせていただきますのでご安心ください。

金融機関からの融資がある場合の抵当権の設定に関しましても、金融機関との打ち合わせから登記完了まで全て松田司法書士がさせていただきます。

売主側

登記簿上の住所から、住所、氏名の変更や抵当権抹消
がある場合には
住所変更登記や抵当権抹消登記をする必要が、

買主側

建物が新築の場合には

所有権保存登記
住宅ローン等の抵当権の設定がある場合には
抵当権設定登記もする必要があります。

通常は不動産の売買代金を支払う際に、金融機関等取引場所で司法書士が立会って意思の確認や不動産登記に必要な書類の有無を確認し、その書類と引換えに代金を決済するケースが殆どです。

取引形態は売主側の司法書士と買主側の司法書士が分かれるケースも多々あります。そしてその足で管轄の法務局に行き、登記を申請します。

なお、お金をお支払いになるのはお客様ですので、お客様に司法書士の選択権があります。お客様が納得できる司法書士を選ばれるのが1番なのです。

松田司法書士事務所では大阪はもちろん、伊丹、宝塚、明石、神戸等の兵庫県内、京都府内までお客様からの依頼があれば基本的に私自身が様々な取引場所に出向かせていただいております。

不動産登記や商業登記は大阪の松田司法書士にお任せください。

 大阪府大阪市西区江戸堀1丁目4番21号
 日宝肥後橋中央ビル401号
 松田司法書士事務所の所在地(地図)


 
松田司法書士 大阪(トップページに戻る) 
  TEL 06-6459-7371