国家と革命

  目次

国家と革命 マルクス主義の国家学説と革命におけるプロレタリアートの諸任務
 第一版序文
 第二版序文
 第一章 階級社会と国家
   一 階級対立の非和解性の産物としての国家
   二 武装した人間の特殊な部隊、監獄その他
   三 被抑圧階級を搾取する道具としての国家
   四 国家の「死滅」と暴力革命
 第二章 国家と革命。一八四八―一八五一年の経験
   一 革命の前夜
   二 革命の総括
   三 一八五二年におけるマルクスの問題提起
 第三章 国家と革命。一八七一年のパリ・コンミューンの経験。マルクスの分析
   一 コンミューン戦士の試みの英雄精神はどういう点にあるか?
   二 粉砕された国家機構をなにととりかえるのか?
   三 議会制度の廃棄
   四 国民の統一を組織すること
   五 寄生体としての国家の廃絶
 第四章 つづき。エンゲルスの補足的な説明
   一 『住宅問題』
   二 無政府主義者との論戦
   三 ベーベルあての手紙
   四 エルフルト綱領草案の批判
   五 マルクスの『フランスにおける内乱』への一八九一年の序文
   六 民主主義の克服についてのエンゲルスの見解
 第五章 国家死滅の経済的基礎
   一 マルクスの問題提起
   二 資本主義から共産主義への移行
   三 共産主義社会の第一段階
   四 共産主義社会の高い段階
 第六章 日和見主義によるマルクス主義の卑俗化
   一 プレハーノフと無政府主義者との論戦
   二 カウツキーと日和見主義者との論戦
   三 カウツキーとパンネクックとの論戦
 第一版あとがき

国家について スヴェルドロフ大学での講義 一九一九年七月一一日

事項訳注