予備知識   

フェロモン【pheromone】 の意味とは - Yahoo!辞書 より。

 

 

 

 大日本帝国人の子孫を自覚する朝鮮系 解説 

 

 

 

 

 

   簡単に言うと・・・、

 部分的ではあっても、フェロモンの一致である。

 

 先祖に、日本人と同じタイプの、イザナミ人種である赤鬼顔の縄文人が遺伝的に濃く、かつ、その当時の先祖の遺伝子が、世代を超えて出現している人にみられる、フェロモンの型の合う同士の誘引現象である。

 

 

  フェロモンが一致しているために、祖父母の国籍を超えて、気や心が和(なご)みあったり、神式の神殿で、人相である外見的な近似種の人種の壁を超えて、その人種のフェロモンがたくさん残存している場所では、気が落ち着くのである。

 

 

  私の研究では、その理由は、 同じフェロモンを持つ個体同士は、政治政党でも、同じ政党を支持している傾向にある。

 政治政党支持者の「寄り合い」などでも、フェロモンが、その場の空気を「型の合う同士で心地がよい」 ようでもある

  

 

 大日本帝国人の子孫を自覚する朝鮮系が、イザナミ人種と、フェロモンが一致したのが、古墳時代の古代なのか? それとも、玄界灘がまだ陸続きな時代の遺伝子なのか? 

 

 アイヌ民族と同じ、「ロマの民」の遺伝子を多く持つ朝鮮族は、食糧を自給しない野人を先祖に多く持つ移動性の人種なために、イザナミと同じ人種であったの時代の 「それ」 が、いったい、いつの時代であったのか? は、ヒトの往来も、「なまはげ」・「アイヌ(ロマ)」・「抜け荷」・「相生」を含め、さまざまなのでハッキリとは不明である。

 

 少なくとも江戸時代まで先祖をさかのぼれない人は、大日本帝國時代に敗戦で本土へ疎開や引き上げてきた人たちや、その前の明治維新後や、相生にならなかった相ぬ(アイヌ民族)や、アイヌ人よりも古くから住む朝鮮族であるコロボックルであろう。

  

 

 

 

 

 遺伝子の関係で、フェロモンと形相は一般的に一致していることが動物園でも農家でも、アメリカや韓国のような雑種地帯以外では、普通である。

 日本のように島国で、イザナミ人種からの種が固定化されていると、本能も安定しているのが普通である。

 

 しかし、混血の複雑な USAや朝鮮では、外見とフェロモンが一致していないことが多い。

 このめため、 混血頻度の少ない人種への、自分からは適合していても、相手からはフェロモンの一方通行で、フェロモンの型が不一致な相手との、それらフェロモンの型の不一致による、受けて側から見て「ブ男」や「ブ女」による、レイプやストーカー事件が、さまざまな形でよく起こると、日本にいながら、厳選されたTVニュースからも観察ができる。

 

 

 

 

 

  オールマイティーな遺伝子は、シェア的に高性能なのか?

 それとも、パンデミックなどの集団故障を発生させ、DNA事故に弱いタイプなのであろうか?

 または、これらの逆も言える。

 

 

 


   余談であるが・・・、

本州や外国の朝鮮半島のヒトには理解不能かもしれないが、北海道の和人に見られる現象であるが・・・、ロマの濃いアイヌ系のヒトのフェロモンの作用で、先祖の不一致であおると思われる、遺伝的な距離が人類内でも遠すぎて、型の合わないフェロモンで、健康を害することが和人のヒトに多い。

 

 アイヌ側(ロマ系のヒト)にも、同じ現象があるのかも知れない。

 

 次に述べるのも、私の仮説であるが。

 アイヌ民族が、同化を拒絶する原因は複数あるが、その原因の1つに、このフェロモンの不一致という、和人という「食糧を自給する先住民族」 へ同化をしないのも、野生(野人・狩猟・食糧を自給しない、重たいものを持たない移動性の人種)なために、一般的なヒトとは違い、世界のジプシーのほぼ総原種の「ロマの民」は、フェロモン上、農耕人種や畜産人種などの、定住性で帰巣本能のある「食糧を自給する人種のフェロモン」が、和人のアイヌ民族のフェロモンで健康を害する人の多い日常のフェロモン現象相対的に、彼ら野人系の人種の健康を害するからかもしれない。

 

 

 

 

 

 簡式スプーン民族には、 箸だれの国の人種  に、同化を拒絶する原因は複数あるようである。

 縄文式土器なども、実際に手にとって見ると、見た目以上に、かなりな重量があります。

 火炎土器などは、狩猟人種に、製造時も含め、持ち運び不能でもあります。

 縄文遺跡の縄文式土器も、食糧を自給するタイプの人種に限定して使用していたようである。

 アイヌ民族の稀有族の学者たちは、アイヌ人は擦文時を使用していたというが、さまざまな私の研究からも、アイヌ民族はロシアからモスクワ民族の勝利で蜘蛛の子を散らすように拡散した、豚鼻「ロマの民」特有の、超嘘っぽい感じである。

 

 

 

 

 

  同時に、過去の知人のカップルバランスの統計からも・・・、ロマの遺伝が満遍なく濃いコリアン系の人種的な外観を持つ人は、アイヌ民族とフェロモンが一致する人が多いと思われる。

 沖縄の【昆布アイヌ】と、北海道のロマ顔の原種のアイヌ(メノコ)に、フェロモンの型が一致しているとこが、遠い過去に、最初の確認をした瞬間でもあった。

 しかし、沖縄は創価信者が多いことでもわかるように、コリアン系の遺伝子が濃い地域でもある。 どちらにせよ、ロマの遺伝子で一致をしているのであるが、そのほかの要因も朝鮮を経た遺伝子にはあるので、植物ではなく動物のフェロモンを持つ、動くものなら何でもよかったのであろうか・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 沖縄のアイヌ顔に観られる、朝鮮経由【昆布アイヌ】経由で、モスクワ民族からホロコースト南下した「ロマの民」混血の血族に、創価赤軍派の左翼が多い関係からもよくわかるように、

大日本帝国人の子孫を自覚する朝鮮系を意識する朝鮮血族にも、私の研究から言えることは、おそらく、玄界灘がまだ陸続きの時代の、・・・・・遠い先祖に、イザナミ人種が居るのである。

 

 その時の、縄文人であるイザナミ人種のフェロモンが、大日本帝国人の子孫を自覚する朝鮮系を目を覚ましているのである。

 この、縄文人であるイザナミ人種は、三内丸山遺跡や、沿海州、樺太は縄文遺跡からも当然のごとく、オホーツクや、カムチャカ半島あたりまで居たようだ。

 彼らの末裔は、突然変異(キヒョンアの一種)から発生した。

 

 中国では弥生人の発生した時代にそのような風習は統計学的によくないことが多いので、終わっている。

 

 しかし、朝鮮など 「万里の長城の外」の中華圏 では、中国の弥生人エリアよりも送れて進化をした。 

 コリアンは一説によると、山葡萄原人を主たる先祖とされる。

日本では、昔の在日高麗人である穢多部落でも、その風習の歴史を今も残す。

近親交配を繰り返し、死産や重度の障害などが運よく無い個体などの、軽い遺伝障害というべきなのか? 進化というべきなのか?   その、軽度の奇形である、アルビノ、無毛タイプなどが、健康で生き残れば・・・・、主として、その奇形的な性欲で、突然変異ではあるが、先天的な欲望も固定化して、その風習をまた繰り返す。

 

 朝鮮の一般庶民では、教育が無いに近く低かったので、無意識に安らぐ、フェロモンの一致する「自分に人種が近い」から、無意識で人類以外の動物で起こるような交配が繰り返された。

 朝鮮人の人種差別はすさまじいものがあるらしい。

 うわさによると、朝鮮系の黒人差別などは、自分たちにも、朝鮮へ南下した大きなクチとえらを遺伝子の形で運んできたアイヌ人種の民族である「ロマの民」などの子孫が多いため、赤鬼と違ったタイプの黒人に近いメラニンな黒い人が多いのに、世界でも例を見ないほど酷いらしい。

 白丁差別もそうであろう。

 

 夫婦別姓が、大東亜戦争後や朝鮮戦争の徴兵逃れの国捨て朝鮮血族が多くなると、日本でも夫婦別姓が議論される平成22年であるが、朝鮮では妻は別姓であった。

 

 近親交配は、親が離婚した夫婦などの子供たちが、当然であはるが、親同士が知り合いなので、初めて会う異性が同じ親とも知らず? 知っていて? 近親交配が多いため奇形も多いらしい。

 そういう風習は、医学的にも、奇形の当人の苦労や、親の苦労も多く、統計学的にも悪風習なので、大日本帝國は朝鮮との併合時代に、その土着の風習を無理やりやめさえるわけにもいかないので、可能な限り衛生道徳教育でやめるように道徳教育をしたようです。

 その時代以前までは、朝鮮では、その近親交配を、普通に多く繰り返したようです。

 

 

 

 


 

 

 

 

 これは、弥生とも違うタイプの進化である。

 シルクロードのフェロモンを、すべて持っていると思われるのが朝鮮血族である。

 

 「ロマの民」を介し、ロシア系の大きなクチやエラなどの遺伝子を始め、もっと古い時代からのシルクロード全域のフェロモンを持っているようであるために一方通行の方の一致による、レイプ事件も朝鮮では多い。

 

 先の満州国地方である、もっと古い時代の匈奴国の奴隷が、ヨーロッパのフン族の捕虜になった奴隷と掛け合わせ奴隷を繁殖生産したという話もあります。

 フン族の捕虜を極東の地で心理的に操るために、家族を持たせた作戦だったのかもしれません。

 従順な奴隷生産するために、人口繁殖の、もしかするとレイプによる人工繁殖交配していたために、朝鮮系の本能にレイプ発情性が残っているのかもしれません。

 

 そうして、繁殖生産された奴隷のような扱いをされた人種が白丁階層という話もあります。

 「ロマの民」の野人ではない、両班の所有物である民として、持ち主が存在したため、れっきとした国民が、白丁階層らしいです。

 

 性的に遺伝なのでしょうが・・・、 その、シチュエーションではないと、発情をしない朝鮮系の男女も多いらしいです。

   今、お話をした、人工繁殖を各世代で経験してきたために、繁殖時の発情条件になったルーツが、先ほどの「捕虜などに無理やりやらせたシチュエーションが、最も高性能に繁殖をする心理状況を発生させる」 ということである。

 


 

 「『ロマの民』 は、もともとモスクワ民族に土地を奪われた野人。

 北海道では、ロシアの旧土人 (ヤガーばあさん/モスクワ民族から逃亡したアフリカ人奴隷)。

 

 それを、難民保護法のない時代に、大和民族たちが、アイヌの人たちを保護をしてあげたのが、旧土人保護法です。

 

 その生態は、食糧を自給しない人種であるために、動くものを見ると、野生動物のようjに食料と思う本能を持つ 」 一面と、次の話もある。

 

 ゴリラ顔の、白丁顔やアイヌ顔のクンタキンテは、元、中世の奴隷貿易時代に、ロシアのモスクワ民族のための、「シベリア開拓用」向けに、アフリカの東海岸から誘拐された、食糧を自給しないタイプの人類である。

 その、野人の狩猟人種のアフリカ人奴隷が、西洋人に言葉巧みに、「食うには困らない食料を与えてやるから付いて来い」 と、奴隷にされた。

 

 そのアイヌ人や白丁のゴリラ顔の先祖のアフリカで捕獲をされた奴隷が逃げて、16世紀には中国の西のモスクワに近い方角で、孫悟空と呼ばれた。

 その、戦争好きは、アイヌ人と同じ超ぉー真っ黒い瞳を持つ、アフリカのスーダンでも同じである。

 

 

 

フェロモン学

 

 

● korobo_pigumih_1  コロボックルはピグミーであった!

 

●  平成の現代でも

混血前のアイヌ人は真っ黒い瞳(アフリカ奴隷/シベリア開拓用自走式労働マシーン)

> 

  混血前のアイヌ人は真っ黒い瞳 (ロシア向けの中世のアフリカ人奴隷)  。 ← 旧土人保護法

 アフリカのナイル川の上流に近い国であるブルンジの、「アルビノ喰い人種」が中世奴隷貿易でロシアのシベリア開拓用奴隷として買われ、以後、アイヌ人のような真っ黒い瞳のアイヌ顔。

 ソマリアの頭の悪いほうの人種もアイヌ顔かもな。

 

 これで、「ロマの民」の人種の真っ黒い瞳がすべて説明ができます。 (以下 省略) <

 

 

◆ ウソツキ人種

 アイヌ民族 税金詐欺集団

 和人を事業仕分けしてアイヌに回して騙し取る「ボーナス詐欺」の真っ黒い瞳の外来種

 

   

 

 「ロマの民」は、この人種の本能で、アフリカ人のように、全財産を身にまとう金銀キラキラが正装である。

 この遺伝子は、ロシア人やロシアから遺伝した「朝鮮人のように細い目」をもち、大和民族である和人たちが、モスクワ民族から逃亡した「人喰い人種」の奴隷土人を、保護した旧土人保護法の人種の、アイヌ民族を、先住民族に捏造改ざんした大地党の広告塔である松山千春氏をイメージする金の鎖ネックレスのような、いでたちである。

 

 

 

 

 鈴木宗男氏・松山千春氏・石川トモヒロ氏の3者は、コロボックルの里(足寄町・本別町)の出身である。

 

 アイヌの人の歴史伝説でも、コロボックルの集落は、北海道の道東の十勝の中心部から、(足寄・本別 だろうね 【北北東】 ) へ、コロボックルが帰っていったというのが、一般な、コロボックルを追跡した話である。

 

 そこには、 人の背丈よりも背の高い、ラワンブキ も自生している、コロボックルの里である。

 あらゆる角度から検証をしても、「ぴたりと一致している」 ではないか!!

 伝説ではなく、実話であるとしか思えない。

 

 

 

 

 

 話を戻すと、 孫悟空の頭にはめられた「金の冠(輪)」 も、これを意味しているのかもしれない。

 

 アイヌ民族たちは、野人で、物々交換(バクリッコ)の人種であった。

 元、モスクワ民族から逃げた、「ヤガーばあさん」のモデル人種で、アフリカ時代からの人喰い人種の土人奴隷なのに、アイヌ民族たちは口をそろえて、「昔はアイヌが金持ちだった」 というのは、 中世で奴隷になる前、捕獲される前のアフリカ人時代の本能であろう。

 全財産を身にまとい、見栄を張る、見せびらかす、狩猟人種であるために移動性もあり、財産をいつも持ち歩く「ロマの民」のように、ブランド品好きな、「このこと」かも知れないし、 ウソツキ人種特有の、いつもの、文学上のホラ(うそ)や、夢の中の妄想を物語にした話かもしれない。

  

 孫悟空の16世紀。

 その時代のロシア人は、歴史上、ごまかしのできないロシアのモスクワ民族の特徴である豚鼻であり、猪八戒(ちょはっかい) とよばれた。

 

★ ネアンデルタール人、現生人類と交配 - MSN トピックス  BK画像

       ↑    ↑    ↑     ↑     ↑

● 忍法:お国透かし 【三種の神器】 鏡の術

 

 

 

 孫悟空も、その子孫の、アイヌ民族、および、朝鮮アイヌ人(野人乾水の提供主の野人であるトケビ) の人種が、体毛が濃い白人並の毛深さで黒い毛のボーボー なのは、すでに、ロシアでスラブ系の白人系と混血を終えた後のようである。

 

パッパラ・パー  VS  パーパ・ラーパ

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 ドメスティク・アニマル(愛玩動物)や家畜を、品種改良・繁殖生産する過程でも、重々な反逆をしなくなった個体を選び、おとなしい本能を持つ品種を生産したりもしてきたことから思慮しても、蒙古の活動でのフン族の捕虜などの心理を、極東アジアの遠い地で反逆をあきらめた心理状況のホルモンの分泌時期を見極め、

 

 その心体のコンディションを続けさせ、繁殖させた。

 その心体な、総合的な食欲や体液の分泌にも影響する心理下で、精液中の精子や卵子の遺伝子に影響したことなどが仮設される。

  

 ゆえに、白丁系などは、主人以外には凶暴であるが、カルト宗教の教祖などでもその現象が見られる両班へ刃向かわない体調下でのホルモン状態から生産された精子や卵子が影響していると言える。

 その人種・品種は、主人には従順すぎる。

 犬のように、権力や主人に従うから、カルト宗教信者も多い。

  

 日本は、神様たちヤオヨロズに沢山いる国なので、悪い神を、他の神々が話し合って倒す習慣もある。

 大日本帝国人の子孫を自覚する朝鮮系にも、使っていない遺伝子として、どこかに治安維持のための定住性のイザナミ縄文系本能が存在してるはずである。

 

 日本人は、悪い神をも倒す。

 神代の時代を教育した以前からの、国家も無い時代。

 食糧を自給するタイプの人種ゆえ、定住性である。

 当然、定住のために必要な水瓶や、農産物を保存するための縄文式土器も、ロマの先祖の野人と違い、定住性なので重たい縄文式土器をたくさん作った。

 アイヌ民族を組織しているほうのロマ顔の人種は明治以前までは野人である。

 同化を進めても、昭和でも平成でも、ロマ顔は現代でも野性味が強く、定住性のヒトになつかないで、北朝鮮にも地理的に来いロマ顔などを同じで、赤軍で群れを維持しようとする。

  

 食糧を自給しない狩猟人種には、縄文式土器は重たすぎる。

 縄文式土器は、漆の貯蔵にも必要である。

 

 定住ゆえに、秩序維持のための本能を持つのが、悪い神を倒す本能である。

 

 

 しかし、朝鮮血族のカルト宗教の信者の多さは、日本では「ロマの民」の遺伝をもつタイプの人種に多い。

 ヨーロッパでは混血が複雑化したが、北海道では、そのまま 相ぬ(アイヌ)  A  として、維持したため、アイヌ顔は「ロマの民」になる以前にモスクワ民族から逃げてきたために、原種の野人種のままの特徴に近い人が多い。

  

 朝鮮に南下をした 「ロマの民」 はトケビである。

 モスクワ民族に、国を奪われる以前の、ロシアの野人たちのシャーマニズムの本能の遺伝で、カルト宗教信者や、朝鮮土人というのがぴったりな、それらの教祖であるシャーマン が多いのである。

 朝鮮戦争時に大活躍をした、U.S.Aの戦車も「シャーマン・タンク」 である。

 

 

 豚鼻人種である、ロシア人を意味する、猪八戒(ちょはっかい)の人種は、そのころは、まだ、極東アジアには存在していない時代の話である。

  余談ですが、西遊記で、頭の良い妖怪にたとえられた河童の人種である沙悟浄は、弥生系の水軍であろう。

 

 

 

 


 

 

 

 

 弥生の知能が高かった理由に、自己品種改良的な面もあろうが、先ほど朝鮮系や穢多部落の近親交配で、述べたように、リスクも多かったであろう。

 そのリスクから生き残った固体たちが弥生人となった。

 

 縄文人であるイザナミ人種の末裔は、中国の景徳鎮(けいとくちん)で、今も縄文式土器から進化をした、人種的に定住性の人種のみが作る、重たい道具である焼き物を焼いている。

 

 パンゲアから始まり、大地溝帯を通過した赤鬼系人類の先祖は、南米・北米大陸にまで、到達をした。

 

 前述した、カムチャッカ、オホーツク、樺太、沿海州全域、世界最古の漆塗料を使用した北海道を含む 箸だれの国の日本列島 などと同じく、大日本帝国人の子孫を自覚するイザナミ人種の末裔の朝鮮人は、その、環太平洋の鼻の高い在来人種よりも近いタイプの赤鬼人種で、イザナミ人種とほぼ同じ人種であったことであろう。

 南朝鮮の、李明博大統領な顔であろう。 このタイプの顔は、友人にも多く居るが島根県に多い。

 

  

 イザナミのフェロモンで群れるのと逆が、沖縄や北海道の赤軍アイヌや、その他、多くの赤軍寄りの政治政党支持者や、カルト宗教団体信者の集合体であり、「ロマの民」のフェロモンで集まる、「ロマの民」に共通する豚鼻野人系のフェロモンが濃い子孫たち の人種である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(私心)

 これを発見した私は、世界の治安に大きく貢献をしたのであるが、旧ソ連から継続のロシアや、朝鮮半島など豚鼻とスパイを大量に排出する国々の影響だろうか?

 赤軍系の左翼やカルト宗教団体と関係が深い、大地党、自民や民主党や公明党による、情報管制のため「真実が囲い込まれている」のであろうか?

 まだ、大々的に評価をされていないようで、昨年(2009年)は、オバマ大統領に・・・。

 今年(2010年)は、誰も異議なしであろうが、鈴木カップリング技術の博士たちにノーベル賞が授与された。      orz

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

「ロマの民」は、食糧を自給しないフェロモンの人種であります。

北海道ではアイヌ民族を主張する団体を構成する主体人種です。

  

 「ロマの民」といわれる民族は、民族というよりも、科学的には同じフェロモンで群れる人種の群れである。

 モスクワ民族の拡大で、「ロマの民」となる以前は、北海道のアイヌ民族のように食糧を自給しない狩猟人種で、野人である。

 彼らの特徴の豚鼻は、衛生的に、鼻が食事の時に汚れて病気にならなかった個体である。

 そうして進化をしないタイプが、鼻から感染する病気を結果避ける形で、「大昔に農耕人種と枝分かれをした当時の人種の姿をそのまま」に、世代交代を繰り返し生きた化石な様でもある。

  

そのアイヌ顔の人種は、

 アラブでは盗賊。

 満州地方では馬賊、

 日本では、アイヌ民族や、穢多部落に暮らす「朝鮮から経済強奪目的でイザナミ人種の国へ入国」をした、イザナミの國の暮らしを破壊してまで奪い取る、イザナミの國への愛国心をフェロモン的に遺伝子レベルで持ち合わせていない、経済目的のみの移住者たちである。

 

 それは、アイヌ民族が、豚鼻人種なのに生粋の縄文人を語り、先住民活動で国会や天皇や国民をだまし、和人たちの税金を、方々から引き出し、贅沢や生活費にして使い込んでいる現代版の狩猟と同じである。

 

 そのほか、日本に居住する朝鮮血族系の数々の犯罪もそうである。

 ヤクザ、詐欺師、押し売りはお決まりのフェロモン集団である。

 

 その他、本能的にイザナミフェロモンを保護する本能と、正反対の行動に出る、外来人種のフェロモンの犯罪が目立つ。

 

 和人のフェロモンに対し、ここは日本なのに勝手にイライラして、日本を破壊するフェロモンの持ち主たちでもある。

 オウム事件や、東大やN大での赤軍事件の数々。

 その他、近年急速に増えた個人の犯罪などの刃物事件の増加も、朝鮮戦争以降の移民が増えたことによる。

 これは、アイヌ人たちが昭和でたくさん起こした過去の犯罪とまったく同じ、日本のイザナミ人種のフェロモンにイライラした、相互に敵対人種の持つフェロモンなパターンでもある。

 

 例えるなら・・・、和人のフェロモンに対し、まるで、イタチが食べもしないのにネズミを殺しまくるように、「和人のフェロモンへの無差別殺人」、霊感詐欺、シャーマニズム本能の霊感脅迫などが代表的である。

 

 


 アラブでの治安の悪さも、このパターンであろう。

 アラブは、「世界の文明の都」でもあり、昔は森が豊かであった。

 しかし、猪八戒がモスクワ民族の拡大や、それよりも昔のチンギスハーン、フビライハーンの勢力拡大で、孫悟空猪八戒も移動をして、アラブが治安が悪くなったようである。

 

 つまり、食糧を自給しない人種が移住したにつれ、彼ら「ロマの民は、農耕人種のように植樹の本能が無い。

 ゆえに、「乱獲・乱伐」を常とするアイヌ顔であります。

 

 B型人種(A・O・ABもいる)は、アラブを一気に砂漠化して東へも広がった。

 モロッコもエジプトもA型? O型? であったが、 内戦の増加と同時に B型ゾーン になりました。 

 コーランの教えでの、禁酒が遅かったのかもしれません。

 

 (私の先祖にもB型が大勢いるはずです。

  これは、平和を模索する科学なので、B型の方々はお怒りにならないでください。)

 

 アラブに南下を試みたアイヌ顔であるロマ顔の人種は、ロシアから南下をして来る「万年酒漬け・酒好き」 の、猪八戒(ちょはっかい)と呼ばれた豚鼻や野人でアイヌ顔の「ロマの民」である。

 ムスリム達から越境を阻止するために、禁酒で差別をされた。

 ソ連圏の豚鼻民族の侵入を防止するために、そのロシア人差別は、アイヌ差別同様に、現代も続く 「豚鼻の少ない地方防衛」 習慣である。

 

 

 アラブで猪八戒であるロシア系の野人アイヌ顔は、ヒマラヤ山脈をムスリムを避けるように南に南下した。

 Anti Rossia stop alcohol drinking.

 対ロシア地方は、禁酒した。

 

 But, same Roma Blood type : B type.

 アイヌ顔が多いけど、アイヌと同じ豚鼻がいない

 

 

 Becouse, Nothing Pig Nose.

 豚鼻はロシア名物の人種の特徴である。

 アラブのムスリムは、猪八戒であるロシア人の大好物である酒を禁じた。

 禁酒でロシアに抵抗したから、アラブには豚鼻がいない。

 

 そこをインドという。

 インドは、日本や環太平洋の在来人種の赤鬼のような高い鼻の国である。

 アイヌの先祖は豚鼻のいないインドにも、南下し入国をした。

 カーストは、不法越境の在インド「ロマの民」外国人に、国を奪われないように、カーストが続いたようだ。

 私の研究からいうとカースト制度は正当な差別であったようだ。

 

 インドの豚鼻、はこうして存在する。

 

 それが、さらに南下をして、東南アジアのアイヌ顔の海賊となる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戻る

● 神代(かみよ)のコピペ  (【國體(こくたい)】  心の神 と 敬神崇祖)

 

 

戻る

●  フェロモン学 「みんなで監視・警戒 ウソツキ人種 リスト」

 

当ページ