パンドラの箱 と 敬神崇祖

           (心の神 と 敬神崇祖

 

 

 

◆ パンドラの箱 (当ページ)

  西欧・東欧の、マサイ族身長は植民地からつれてきた飯使い奴隷(優遇奴隷の召使)

 

 西洋・東欧(ロシア人など)の、背のとても高い人のための、「敬神崇祖」です。

 古代ギリシャマケドニアの時代の身長どうだったのでしょうか?

 アフロディーテのアフロヘアも、黒人のような巻き髪でありますが、遺跡の彫刻からも当時を知りえますが、東洋人の僕から見ても美人なので、おそらく、フェロモンである先祖が近く、先祖が共通していそうで、血液型はA型 のはずです。

 (私は、極東アジアやアメリカ大陸の在来人種と同じで、アイヌと異なる人種の群れに多いO型血族ですが、本当かどうか不安ですが、二代前の先祖にも、B型がいるそうです。 兄弟姉妹や親や他界下祖母などにはB型が存在しておらず・・・、公文書記録の血液型で、先祖のB型が公式には、未確認です。)

 

 アフロディーテは、モナリザやギリシャ美人やポーランド美人のように、ゴリラ顔には、見えません。

 ゴリラに見えない人が多い、不思議以外に、先祖が共通している繁殖学的にも、遠距離から同属の人種を判断する、「視覚的なフェロモン・Type ナンバー」 としか、どう考えても、考えようがないですね。

 


 

(余談)

 北欧の人は日本人のような背の高さの身長ですが、悪い白人が少なく、中世に、植民地を持っていなかったためでしょう。

 当然、常夏の国であるアフリカからの奴隷にも、気候が厳しすぎたために、悪い白人が売りつける奴隷を受けれなかったために、マサイ族から遺伝する身長の遺伝子が薄く、結果、「背が高く」ならなかったのでしょう。

 


 

@ 背の高いアフリカ人の例が、マサイ族。 

  これは、野人ではない知能が高い人種で、食糧を自給する知能を持つ牧(まき)であり、

 スラブ白人である青鬼系と多く混血する優遇差別を受けた食糧を自給するフェロモン。

 

A 背の低いアフリカ人奴隷で野人が、ピグミー系の狩猟人種。

 これは、有害差別的な行動を発生させる。

 国際的にパッパラパーな世界共通の人種である。

 16世紀には孫悟空と呼ばれ、紛争を多発させていた。

 のちの、北海道のコロボックルや、アイヌ民族(ロマ顔・ゴリラ顔)の原型でもある。

# アフリカからロシア向けの中世の奴隷

# 白丁奴隷(アイヌ同様に人喰い人種。両班の息子を食べる本能)

 

■ korobo_pigumih_1  コロボックルはピグミーであった! 

 

◆ マクンベツ[幕別/十勝] 

   > イオマンテ と マクンバ

 

 

 

 

中世の、

@ アフリカ東海岸原産の奴隷

 (東欧向け、後の旧土人保護法の対象人種アイヌ民族)と

 

A アフリカ西海岸原産の奴隷

 (南米・中米・北米・西洋)の、末裔の違いがあります。

 

 

 

 

 

 旧土人保護法は、国際的に、アイヌ人の人種奴隷を持っていたり、黒船でモスクワ民族の極東進軍時代に、彼らモスクワ民族が捨てに来たアイヌ人である旧土人を、

 西洋人は、アイヌと「ロマの民」の共通性を知らないフリをしてとぼけるが、

 大和民族の行動は、

 

  神のみぞ知る最高の人道的な正義であった。

 

 

 


 

■ 「はてな?」 ブログ

orionseijin_cacacakah's diary 

 

 内容は、

@ アイヌ民族とロシア(ソ連)

A 抗日・反日の、独島韓国人・北朝鮮派の人脈の、悪口です。

 

 上記を、「了承」した方は見てください。

 


 旧土人保護法の土人 = 奴隷 = Slave = スラブ民族 = The Slavs(英語)

 

 

奴隷 = Slave(英語)

        ↓   

     スラブ民族 = The Slavs(英語)

        ↑

     アイヌ民族(アフリカ系ロシア人奴隷)

 

※ スラブ民族とは、

   東欧のロシア、および、「ソ連の権力人種」である、

   東欧のモスクワ民族顔の人種の民族を意味します。

 


※ アイヌ民族には文字はないが、アフリカ人奴隷の出身地は、アフリカ全土でもあり、さまざまな言語です。

 片言で、親分(奴隷の所有者)のモスクワ民族語を話していたようである。

 モスクワ語をローマ字読みして、奴隷の片言ロシア語に、アフリカ人訛りで発音をすると、アイヌ語である。

 

 ■ 【産業廃棄物になった東欧奴隷が先住民?】 アイヌ民族はいろんな意味で悪い人たちで、中世のロシア奴隷ですよ。

 

(ミラーサイト)-ウェブリブログ

■ 産業廃棄物になった東欧奴隷が北海道の先住民?←Ainu

 / 和人→ 黒い瞳のいない縄文O型の血液型の多い人種

 


 

■ クナシリ・メナシの戦い

 

>  簡単に言うと、山賊行為をしたアイヌ(相ぬ) は処刑をされたが、

> 相生(あいおい) は誰も処刑をされていない

> 

> 屯田兵が、その後に、配備をされた理由がわかるだろ?

 

 


 

※ 古代の風水方位盤には、ユーラシア大陸のすべての人種が、

 豚鼻を含め書かれていますが。

  ゴリラ顔は16世紀の西遊記の孫悟空まで登場しませんWww

 

◆ 風水方位盤は「似顔絵=干支」な地図

 

 

 縄文顔は、「一重まぶた」の朝鮮顔です。

 アラブ人もロシア人もアイヌ人も「二重まぶた」の「とても多い人種」です。

 つまり、アイヌ顔がロマ顔なのが証拠でもあるが、縄文でも先住民族でもない利権泥棒の「ロマの民」なのが、アイヌ民族というマクンバ系の宗教団体です。

 

■ 古代・風水盤は地図 A 

  

 


 

■ アイヌ民族のクンタキンテを観にいった @ 〜A

 自衛隊のPKO活動 > 南スーダンPKO 代表者ら出発

 自衛隊北部方面隊

 岩見沢(北海道)隊。

 

 

◆ 青鬼顔の多い鎖国「強」地方は、不思議と美人も多く、アイヌ顔(ロマ顔)が少ない。

 > 私の人種のフェロモンから視てゴリラではない人種を意味します。

  私が、顔なり体格なり、本能的にゴリラ顔と感じた時点で、野生ならば自然に群れるときのフェロモン的に、私と人種が異なることを動物学的に意味している。

 

 

 

バイオ・ハザード 標識

 

    ↑    ↑    ↑

 

       パッパラパー優勢遺伝子

 

    ↓    ↓    ↓

 

【繁殖学・遺伝学】 鎖国の弱い地方がアイヌ顔でパッパラパー

 

@ パッパラパーは、鎖国の弱い地方のアイヌ顔と学力な、超強力な「優性遺伝DNA」です。 

 

A パッパラパーが弱くなっていないで、鎖国の弱かった地方はゴリラ顔とB型血液型とパッパラパーが、優性遺伝で増え続けてきた証拠でもある。

 

B アイヌ人100%を意味するD2系遺伝子顔は、パッパラパー遺伝子マーカー顔である。

 

 

「知能が低すぎて北極圏に北上ができなかったタイプの狩猟人種」が、アイヌ顔です。

           ↓         ↓

 

どんぱん節 到着絵巻図

 

  

◆ Japan Roma an Ainu race, Northern Hemisphere 2

 > 禁酒のアイヌ顔には豚鼻(モスクワ民族鼻) が居ない。 

 

 

 

 

 

  

 

 

http://www.geocities.jp/orionseijin_cacacakah/gorira_type-b/YAP/songokuh_26700806.html

> あんたたちー(あなたたち)、屯田兵(とんでんへい)くらいは 聞いたことがあるっしょ?

> 昔から、日の丸・君が代と同じく、義務教育で教えているはずだからね。

> したっけ、僕の説明を読んでみれば いいっしょ。

 

平成の現代でも、

 【混血前のアイヌ人は真っ黒い瞳(アフリカ奴隷/シベリア開拓用自走式労働マシーン)

 

 


 

 

東西欧のマサイ族は、高身長の牧奴隷?  @

 

 

 

 

 

@ オランダの超デカ女ゴリラ顔系で従軍慰安婦経験だと?

  大日本帝国時代の東南アジアへ出向いた多くの日本軍兵士は、オランダ人女性と比較をすると、北欧の人並みの、幼稚園児の身長なのに・・・  変ですよね??

  

A アイヌ顔=ロマ顔を除く、白人系ポーランド女性はギリシャ同様に美人の宝庫であるが、マサイ族のように身長である背がデカイ

 

 これは、ギリシャ時代のマサイの血か?

 

 大和民族(和人)が、屯田兵を配備してまで、ロシアの奴隷を人道保護をした、旧土人保護法の人種であるアイヌ民族のように、中世に誘拐をされた奴隷の痕跡か?

 

 ゆえに、日本ではアイヌ顔は、北海道や沖縄や九州や大阪など、黒船が北前船の仕事を押しのけ海上交通を牛耳った幕待つ時代の、鎖国の弱かった地方にしか居ない顔が、アイヌ顔であり、縄文ではない。

 

 北海道大学のアイヌ民族部門もアイヌ民族であり、屯田兵の人種である和人(大和民族)の意見ではない。

 東京大学もアイヌ民族用語のパルチザンと同じ人種がアイヌ研究というよりも、アイヌを離床した日本への侵略教育をしてきた。

 

B モスクワ民族のマサイ族身長も、マサイ族から遺伝した牧(まき)奴隷の遺伝である。

 


 

 他のゴリラ顔とデカイ背丈の猿人話もあるが・・・、人種の人相というか? 顔が違う。

      ↓           ↓          ↓

: お面のように「デカイ顔」の朝鮮人頑丈型猿人

(国立科学博物館からリンク)

  http://www.kahaku.go.jp/special/past/kao-ten/kao/oogao/oogao-f.html

    

<`д´>  の 【 < > 】 の猿人だそうだ。

猿人の顔は幅広真ん中が凹んでいる

まさにコリアン。

 

 

 

 

 


 

 

 ロマ顔(アイヌ顔)な、ゴリラ顔の多い、オランダ超デカ女なのに、従軍慰安婦を言う売春合法国や、

  ポーランドモスクワ民族の マサイ族身長 は、超高身長 な、アフリカのマサイ族の牧(まき)人種からの遺伝である

 

 中世の、奴隷貿易時代の以後に、ここ辺では、身の丈のデカくなり、産業も、牧の国になったようである。

 

 アイヌ民族を縄文捏造する、左翼の多いマスコミには、「人類史の改ざん」を、世界的に、アイヌ民族は和人から見て、「黒い瞳で「ロマの民」の顔なのに、先住民活動を行ってきた。

 

 「先祖が奴隷であると、赤軍であるアイヌ民族にとって、とても都合が悪いので、アイヌ民族を革命利用する政治団体は、歴史を隠すため」に、マスコミを利用し、混血アイヌや完全に茶色い瞳化して和人顔(大和民族人種顔)の、利権アイヌ以外の、アイヌ民族がや、「ロマの民」の瞳が黒いことを覆い隠すように、人類発祥を、アフリカ起源説という「嘘」が横行している。 

 北朝鮮ではアイヌ(トッケビ)とは言わずに、山葡萄原人という名称で、アイヌ民族を先住民族に捏造した日本社会党をバックアップするような戦略で、朝鮮人民へ教育をしています。

  


 

アイヌ人は、ロマの民顔であり、アフリカ人とスラブ白人の中間の人相ですけどね?w

 

しかも、「ロマの民」も「アイヌ民族」も、中世の元奴隷が逃げた者共です。

 

旧土人保護法を理解していただけましたでしょうか?

 

さらに、アイヌ民族は、

@ アフリカ人と同じく、 真っ黒い瞳を持ち、

A アフリカ人と同じく、B型の血液型が多い人種の群れである。

B さらに、モスクワ民族の証拠である、豚鼻が多い人種の群れで、アゴの大きさも東欧並であるのが、現代でもよく見るアイヌ民族の混血前の顔ある

 

 

アイヌ民族とは、

 

@ 和人側の区別を言うと、

 

モスクワ民族から逃げた奴隷が、奴隷として捕獲される以前のアフリカの野人時代のように再野人かして、韓国人をリーダーとするパルチザンや、北海道で野人化したもので、大和民族へ同化をしない、利権アイヌ活動など、和人の税金を騙し取りながら侵略を拡大してきた、侵略一筋のロシアのモスクワ民族派でありながら逃げた奴隷の人種である。

 

アイヌとは、もともと野人で小型の人類であるピグミーのような野人を、和人たちは、同化をしない野人をアイヌ民族といい、トラブル予防のために、人種を分類意味している。

牧系は、相生であり、「相ぬではない」のが、和人側の昔からの日常での分類である。

 

【簡易版】   相ぬ VS 相生

 

 

重要!!

 アイヌ民族が同化を拒絶してきている事が原因である。

 相対的に、和人たちがアイヌ民族を差別をしていることが原因ではない。

 これは、1950年以降に増えた、創価問題や在日朝鮮人問題と同じである。

 北海道を含む日本は、アイヌ民族の人種(山葡萄原人) の原産地ではない。

 

「知能が低すぎて北極圏に北上ができなかったタイプの狩猟人種」が、アイヌ顔です。

           ↓         ↓

どんぱん節 到着絵巻図

 「どんぱん節」とは秋田県という、ロシア人のような大酒飲みの土地の民謡である。

  

◆ Japan Roma an Ainu race, Northern Hemisphere 2

  禁酒のアイヌ顔には、豚鼻(モスクワ民族鼻) が居ない。 

 

 

■ PigNoseLogy  『豚鼻学』  / 獣医学の人類応用編

 

   豚鼻学

    ↑

   ?!

    ↑

  ねぶた/ねぷた  ♪ラッセーラ

 

  

◆ ウポポ = У(ウ) пoпo(ポポ)

 

アイヌ民族舞踊 ウポポ・マクンバ呪術の和人側資料 『重点ポイント』

# アイヌ語を、和人や外国人が理解するコツ

# アフリカからロシア向けの中世の奴隷

# 白丁奴隷(アイヌ同様に人喰い人種。両班の息子を食べる本能)

 

 

 

◆ ゴリラ顔    VS    ピリカ

                 

    アイヌ顔        相生顔

 

 世界が黒船で、鎖国の弱い日本の田舎へ捨てに来た、恐怖の遺伝子。

 自ら逃亡をした奴隷がアイヌで、沖縄は捨てられた奴隷。

 タタール楼蘭帝国も、モスクワ民族が中世の時代の生物兵器にした、「ロマの民」顔というアイヌ顔の遺伝子であるD2遺伝子で、滅んだようである。

 

 現代では、全国からD2が、東京など関東へも、「おのぼりさん」で、大阪のようにアイヌ顔が集まったのであり、あれ(アイヌ顔)は縄文ではないのである。

 

 その証拠に殿様の絵にアイヌ顔や豚鼻がないのである

 

 

 

 学業も相生(スラブ白人顔でロマ抜き)顔が牧顔であるが、アイヌ顔は、「ロマの民」顔であり、黒人に近い顔を持つ。 

 アイヌ顔は同化も拒絶する。

 原因は侵略の目的のためにアイヌ民族にとって同化は敵であるからである。

 

 ロシアでも、アイヌ民族顔に同化をするように勧めたが、アイヌ顔は、ロシアでも同化を拒絶するらしぃー(Россий)

 

 

A アイヌ民族側 は、

 

 人種の話になると、捏造もごまかしも不可能な科学なので、簡単に身内の左翼組織内にも嘘がばれるので、宗教が言語のように教育分野である民族にこだわるのが、日本国内の朝鮮民族やアイヌ民族や、創価の多いシマンチュ(沖縄民族) である。

 

 アイヌ顔を奴隷にしてきたスラブ白人まで、アイヌ民族扱いをし、さらに、悪質化して、和人の先祖の縄文とまで自らを呼ぶが、アフリカと同じB型血液型が多く、モスクワと同じ豚鼻だらけで、「ロマの民」やアフリカ人や、インドに南下をしたアイヌ顔と同じ黒い瞳をしているのがアイヌ民族である。

 しかも、大和民族を敵対視する人種で群れを成しているのがアイヌ民族なのに・・・、遺伝繁殖学的にも、フェロモン的にも、完全に先祖関係に無いのに、和人の先祖だというのがアイヌ民族というウソツキ集団である。

  

 


 

 

東西欧のマサイ族は、高身長の牧奴隷?  A

 

 

 

 

 

両者は食料を自給するタイプのマサイ族の遺伝子が中世以降に、特に濃く入っているようで、身長がデカイ。

 マサイは、知能が高く、「食料を自給する」ので、

 野人の超奴隷ではなく、

 「移住という形?」な、奴隷? であり、極悪な環境の、一般に言う奴隷ではなかったことであろう。

 

 人喰い人種は「食料を自給しない肉食」で野人で小型で、フェロモンも異なるから、独特に臭い。

 

マサイ身長で、美しいのはポーランド。

北欧は植民地を持っていなかったので日本人の赤鬼縄文と同じプーチン身長。

 

モスクワ民族は、「韓国の【ジンロ酒】ようなエラ」と「アイヌ顔なゴリラ顔」。

 

オランダも、ゴリラ顔多しで、植民地から有益人種を優遇したようで背がデカイ。

 

オランダも、アフリカに植民地を持っていたので背が高く「デカイ」し、他の国よりもロマ顔が多く、「ロマの民」の産業である、沖縄や北海道のように繁殖する「初音ミク」顔なアイヌ顔で、売春も合法でゴリラ顔(トケビ朝鮮アイヌ顔)。

 

ドイツは、統合後に、東ドイツからの「ゴリラ顔」が増えて、

同時に、アフリカ奴隷を先祖とする人種のロマによる、

「B型の血液型」が、韓流後の日本のように増えた。

 

あの近辺は本来、A型の美人だらけなはず。

 

 

オランダも、マサイ族のように牛を飼う。

 

古代ギリシャ人の血は、遺跡から見ても、アイヌ顔ではない。

身長は遺跡の人骨からどうなのだろう???

 


 

◆ ウポポ = У(ウ) пoпo(ポポ)

 

アイヌ民族舞踊 ウポポ・マクンバ呪術の和人側資料 『重点ポイント』

# アイヌ語を、和人や外国人が理解するコツ

# アフリカからロシア向けの中世の奴隷

# 白丁奴隷(アイヌ同様に人喰い人種。両班の息子を食べる本能)

 

 

 

 

◆ マクンベツ[幕別/十勝] 

 

> イオマンテ と マクンバ

  

中世の、

@ アフリカ東海岸原産の奴隷

 (東欧向け、後の旧土人保護法の対象人種アイヌ民族)と

 

A アフリカ西海岸原産の奴隷

 (南米・中米・北米・西洋)の、末裔の違いがあります。

 

どちらも、主に野人で、

「食糧を自給しないタイプ」の末裔は、アイヌ民族も白丁も遺伝学的に当然のように、ゴリラ顔が多い。

 

「食糧を自給するタイプの人種」の末裔は、奴隷が少なく、

テレビに出るマサイ族の青年たちのように、ハンサムや、美女も多い。

  

 

 アイヌ民族の人種は、モスクワ民族と江戸末期に、同時にやって来た。

 それが、アイヌ人です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここの ページ Top

 

 

 

2012.02(Feb).17 23:02 記録