(余談・・・・)

 

 「阿蘇の開拓」における、江戸の中末期の「牧・四ツ・べこ飼い」の、隼人(アルタイ人種?)と呼ばれた、ロシアの負け組み方言を話していた青鬼人種たち

 

(余談/阿蘇の開拓と江戸の中末期と牧の青鬼人種) Ver.26701227c/Orionseijin Cacacakah  

 

 

 江戸時代の【鎖国の脆弱な地方】と、

@ 征夷大将軍、水戸・肥後の納豆地方の「徳川」、

A 薩摩(天孫降臨の地の管理人)、

B 亀山社中(諸派水軍【亀甲紋】神社系の長州藩)や、

C イザナミの眠る「熊野神社系水軍ネットワーク」である上方(大阪)商人などによる、

・・・暗黙の、ジャポニカ男の絆きずな)。

 

 ロシアの「負け組み方言」人種たちである、大陸の負け組み青鬼人種のもつ「牧・四ツ・べこ飼い」テクノロジーは、彼ら(@〜C)、神を操る者たちによる人道的な嘘薩摩隼人という人種)であると解っていても、暗黙の「人道的で、救済商業的な密約」があったようである。

   

 西国の青鬼顔のクンタキンテ敬神崇祖)は、南九州の青鬼(隼人[はやと]/アルタイ(アリョール=猛禽類)人? ※ )のみならず、東国の水戸藩・水戸光圀の「べこ乳」飲料嗜好や、阿蘇の開拓と関係がありそうですね。

 

   旧レニングラード(ペトログラージェ)の、「サンプトペテルブルク ⇔ モスクワ」 間を結ぶ鉄道に、高速鉄道計画(Ac2009年12月18日現在)があります。

  その新型高速鉄道の名は、猛禽類のハヤブサ(隼)を意味するサプサンだそうです。

  現在の、青鬼アイヌ語「勝ち組み」方言では、隼(ハヤブサ)のことをサプサンと言うそうですが、多民族国家の言葉なので、私はその語源を知りませんが、発音やイントネーションや、言葉の構成が、朝鮮族の言葉にも似ていますね。

  

 @〜C でも解るように、「阿蘇盆地の『荒野の開拓』」と、アイヌ人種たちの日本への渡航時代が一致しており、アメリカと日本の、核の日本への持込の密約のように、「密約の関係」がありそうです。

 

 


 

 沖縄の場合は、

 

ロシアの「青鬼アイヌ語・勝ち組方言」民族に殺されそうになった難民を、

@ 【シラス台地の逃亡農民】の補充と、

A 【天孫降臨の地】へ、「昆布代」と「船賃儲け」で商いながら、

B B型

C 豚鼻

D B型人種(A・O・ABもいる)に多い、ゴリラ顔でB型が多く、

E ロシア人のように、アルコール度数の高い泡盛や芋焼酎などの、「辛口のウォッカタイプの酒」を大量に好む

F 中華が地理的に近く、開港していたのに、ロシア系の体毛が赤鬼よりもボーボーの難民

を助けた「薩摩の仕業」だよ。

 http://www.geocities.jp/orionseijin_cacacakah/ainu_rosuke/munohge_B_guruppa_beet/nazdoryha_na_neeva.html

   

  その証拠に、

 

薩摩の地元や、「天孫降臨の地」の宮崎では、青鬼人種(「四ツ・牧」の畜産テクノロジーを持つ人種)を受け入れ

 

中卒のような黒アイヌ系の人種を、日本人ビジネスマンの船舶運行の契約上(拾い昆布漁の代金) 契約を破棄できずに、琉球へ【昆布アイヌ】を大量に放棄した (アイヌ側の代金にあたる疎開南下地への未回収や、船舶運行商人側も、既に荷を運んでいる)。

 

 これが、食糧を自給しない人種各地で愛国心を持たない治安の悪くなる「ロマの民」を大量廃棄した原因になった、薩摩フィルターである。

  

 一部は、上方(大阪)で、荷下ろし中に、黒アイヌ系が密下船し、現代まで「大阪のゲジゲジ眉毛顔」として、狩猟人種の食性本能というか? 「ホルモン焼き」を好んだり・・・、定住に至る。

 


    

 

● パシュクル (馬主来 [ぱしゅくる] ) より抜粋

  北海道の道東の砂浜地帯の、とある地名

  

 パシュクルの 「パ」 は、青鬼アイヌ語の、「簡単」な、「動詞の意味」など、さまざまな意味を持つ 「По [パ/] 」 が、【負け組み方言】 で、完全な ♪パ といういう発音になったものでなかろうか? と、私は仮説を立てている段階である。

 例えばであるが、北海道では、馬を呼ぶときに 「♪ ぽー ぽー ぽー・・・・」  と呼ぶのが一般である。

この習慣には、大日本帝國時代に加わった青鬼たち以前からの歴史を感じる。

  

●  べこ (牛)   青鬼アイヌ語「負け組み」方言 より由来。

   べこ  >  Бык(ブィーク)

   

  非狩猟人種(食糧自給習慣) = 非野人 = 非イオマンテ民族 = 畜産業テクノロジー民族(人種)

 

 

● アイヌ語辞典 (トケビ語辞典 [倭人版] )

    /「縄文遺跡の人骨人種のように、豚鼻の居ない鼻の高い人種である和人(シャモ)

  

● 青森の「ねぶた」 ♪ラッセー[ラ] (ロシア人[過去形]・・・ )/ 青鬼アイヌ語「負け組み」方言 

 

● 音更(オトフケ)地名  高天原(The galactic Milky Way)のテクノロジー的解析

  

 

                   えんざい

★ 大日本帝國を悪く言うのは冤罪である。

 

 > 難しい話ではありません。

 > 政治的な考えを抜きに観察すると簡単な問題です。

 > 大日本帝国人は、青鬼も、侵略モスクワ民族と違い、みなが在来人種です。

  

 

● アイヌ人は 「ロマの民(たみ)」です

  

● アイヌはロマであり、縄文ではありません。

  アイヌ顔は江戸時代の鎖国の脆弱な地方のみです。

  

 

「ロマの民」顔の地方/全国学力テスト最下位

  

 本州では、アイヌ顔が昆布と一緒に南下をしました。

天敵である、モスクワ方言民族がいないので、セアカコケグモのように大発生をした、ゴリラ顔が、どこの都道府県でも、とても臭かったです。

 でも、アイヌのフェロモンよりは臭くないです。

 

 ルーツは、ロシアの「ロマの民」からのアイヌ臭です。

北海道経由の由来なのか?

朝鮮半島経由の由来なのか?

清水の次郎長一家のような、「抜け荷」南下での由来なのか?

 とにかく、ゴリラ顔が、汗酸化脂臭くて、なんかアイヌに近い臭いがしていました。

デブのたるみ部分が蒸れた雑巾のような臭いや、ワキガの臭いともちがう。

 意識をしても感じないレベルの臭いである、「臭いの種類であろうフェロモン」が違います。

  

[ No.574 ].アイヌ顔の地方/全国学力テスト最下位

[ No.603 ].続 アイヌ顔の地方/全国学力テスト最下位

[ No.615 ]. re アイヌ顔の地方/全国学力テスト

 

● 松下村塾の黒板   (日本列島の環境を書いた、黒板略地図です)

   アイヌ顔は江戸時代の鎖国の脆弱な地方のみです

 

本州や九州のアイヌ顔は、穢多部落などの被差別部落にしかない顔です。

この地にのみ、アイヌ民族と同じ豚鼻が存在します。

この穢多部落の地には、朝鮮の豚鼻も多いですが、ルーツは同じ「ロマの民」からの遺伝です。

 在来人種にはアイヌ民族のように豚鼻は居ません。

   (ロシアや満州からの、先の大戦での引揚者も居ます。 差別は慎重に・・・ 原因は和人を悪者侵略者に捏造した赤軍であるアイヌ民族たちによる、「豚鼻人種が先住民問題」 発です。 北海道の道央・道南は混血が多いので、アイヌ民族を主張する宗教団体の赤軍信者さんの人種も、人種的には和人化しており、アイヌ民族の人種の参考にはなりません。 ) 

 殿様である細川元総理も豚鼻ではありません。

 平家の落ち武者も、人里である穢多部落には存在しないし、山奥なので豚鼻との混血を避けてきたことでしょう。

 もし、アイヌ民族たちが、 「アイヌには豚鼻が居ない」 などというような暴言を言うと・・・、

アイヌ民族の多数である豚鼻の人たちは、その場合、即刻、屯田兵を必要とした原因の、「ロシア人の侵略者たち」ということになります。

 先住民族は和人であり、アイヌ民族たちが言うような歴史ではありません。

 これらアイヌ民族や朝鮮族に代表される豚鼻は、猪八戒であるロシア人であり、100%縄文ではありません(混血したアイヌ民族を除く)。

 1980年代以前の歴史は正しかったのであります。

 アイヌ語放送を続けている札幌テレビ(STV放送局)と、萱野茂大嘘つきであったのです。

  

 アイヌ民族は豚鼻なのに先住民族であると思い込んでいるカルト宗教団体でしかありません。

 わが国(日本国)は、2008年「麻生太郎総理政府」以降の現在、「ロマの民」の人種が営む、豚鼻なのに先住民族を主張するアイヌ協会などの宗教団体による、日本国憲法違反政教分離違反状態であります。