はじめに、誤解をされにように言っておきますが、

豚鼻人種 (イメージ) は、基本的には、野人の人種であるロマ顔が先祖に居ない限り、普通の知能である。

 

 豚鼻は、あくまでも基本的にパッパラパー ではなく、ご先祖様が、ロシアの西(東欧)に「住んで居た人」が居るという、あくまでも、マーカー(痕跡)でもある。

 

 豚鼻には、大阪美人のように「美人の渡来系人種の末裔」 も多い。

 しかし、 ロマ顔が入ると、状況は変わる。

 野人系の末裔の場合、ほとんどが北海道以外でも、パッパラパーである人種的な分類ができる。

 

 

 アイヌ顔であるロマ顔が入ると、世界中に共通した現象が起きる。

 それが、「群れ」を成すと、北海道や大阪のサヨクや沖縄のサヨクのように、鎖国の弱かった地方にしか見られない赤軍や、 赤軍系テロ組織や、万年紛争地帯を、狩猟人種であるために、産業が利権詐欺など、食糧を自給しないで、同時に定住性でない非農耕畜産なために、定住に必要のない愛国心が薄く定住に必要のない治安本能も薄い

 

 

 フェロモン学

 

 

● 神代(かみよ)のコピペ 

   神道秘伝の國體(こくたい) / 心の神 と 敬神崇祖

 

> まえがき

> 「同化拒絶」組みは、在日朝鮮系でもアイヌ系でもみな、大和民族のお手本である、天皇に関する、君が代・日の丸・神道・和人が語ってきた歴史が、大嫌いである。

 

 

 

 

 

 

  アイヌ人の先祖の財産は、家族と、狩の道具にもある軽い道具である。

 わかりやすく言うと、野人なので食料は現地でスグに見つける。

 財産は、家族と武器だけである。

 

 一方、豚鼻でも、相生系は、畜産財産などを持つために、定住をして食糧を自給する人種ゆえに治安を重んじ、同化を選択する大陸側の、縄文フェロモン(イザナミのフェロモン) をもつため、アイヌ(相)と違い、同化へも抵抗がない。

 

 縄文式土器のような、とても重たい物は、実際にはアイヌ系の先祖には、持ち歩けない体格でもある。 

 アイヌ人やペクチョンに多く見られる小太りである、小型のアフリカのピグミー系を原種とする。

 この、コロボックルの、体のサイズ は、アイヌ人やペクチョンに多い 小太り体格 である。

 

 大型のアイヌ人は、顔も、肌の色も、スラブ白人系 である。

  

 知能が低すぎて戦争を多発させる、知能が低すぎて、北極圏に北上ができなかったタイプの狩猟人種  A は、本能に従い、近くのものから奪ったり、戦争をして占領をしたりする。

 日本の相生周辺で、同化をしない朝鮮部落のアイヌ顔(トケビ顔)も結構居る、日本国内のペクチョン部落地帯も、

 人種に例外なく、日本中で、民間人による非合法拳銃の発射事件定期的に発生するなど、とても治安が悪い

 本能的に家庭血族単位で群れ、万年紛争地帯を発生させる。

  

 日本のギャング? マフィアであるヤクザ業界は、○○一家 という、映画の中の、アルカポネを連想するような、イタリアマフィアのような、ファミリー(家族単位/親分・子分) でもある。

 ヤクザも朝鮮系や、アイヌ人混血が多い。

 刺青の本能も、「魔よけ」から来る。

 「魔よけ」は効果があり、一般人は彼らの通る道を明けたり、公衆浴場である銭湯や温泉でも、風呂を譲ったり、席を譲ったりと、弊害を遠ざける効果もある。

 日本にやってきた外来人種の行う「魔よけ」には、メラネシアの「魔よけ」のような、巨大なペニスカバーの「魔よけ」は見当たらない。

 つまり、黒潮ではなく、「ロシアからの南下組み」であることが多い。

 一方、同化組みとフェロモンを同じくする、日の丸組みは、パラオのアバイを連想させる大社造の神社を愛し、ペニスを御神体として、設置はするが身には着けない

 

  話を戻そう・・・。

 

  ロマ顔の多くが、アイヌ民族の原種のようなロシア名物の豚鼻である。

 16世紀の中世では、中国人学者に猪八戒と呼ばれたのが、アイヌ顔の元である、モスクワ民族に近いロシア人である。

 

 コリアンもトケビを介して、ロシアからの移民との交雑によりエラと豚鼻が多い。

 中世以前の、モンゴルが強大で、モスクワ民族がまだモスクワも占領していない頃は、

 

 その頃(中世初期)は、朝鮮人であるコリアンにも、モスクワ民族が一人も極東に住んでいなかったので、まだ、豚鼻は存在していなかったであろう。

 

 アイヌ民族とは、和人が屯田兵を配備したほど、侵略目的の難民であり、大勢やってきたロシア人です。

 中世の後期に、モスクワ民族と一緒にやってきた人種で、シベリア開拓のためのアフリカ人種の奴隷との、交雑種であるようです。

 

 ゆえに、アイヌ民族は、ロシア人の「ロマ顔」にも、アフリカ・ベナン出身のタレントである「ゾマホンさん」にもとてもよく似ている。

 

 南米の黒人混血も、アイヌ民族ととてもよく似た顔をしている。

 その混血の在来側は、日本人の赤鬼顔と、南米在来人種のインディオである赤鬼顔の違いはあるが、この赤鬼顔は、アイヌ顔とは、程遠い瓜二つの顔でもある。

 

 黒人顔は優性遺伝である可能性もある。

 

 完全先入観な悪魔(黒い教え)な人種差別と、誤解をされないように言っておきますが、

 

 アフリカ系黒人にも、真っ黒〜赤膚など、いろいろな種類の人種が居て、マサイ族のように「食糧を自給」する牧(まき)の人種も居ます。

 アフリカでも、「食糧を自給するタイプの人種」 には、ユーラシア大陸のように、パッパラパーが居ないかもしれません

 

 アイヌ系は、スーダンの万年紛争地帯で、アイヌ民族の混血前の人種のように真っ黒い瞳の野人や、「ピグミー族の森」の野人であった、ロシアへシベリア開拓のために売られた奴隷でしょう。

 逃げたのか? 侵略目的でロシアの黒船で運ばれて、自由と引き換えに、捨てるように、豚鼻で真っ黒い瞳なのに「先住民族」工作活動をさせたのか?

 

 このピグミー系は、後のコロボックルかもしれません。

 

 北海道足寄町出身で、「コロボックルの末裔と思われる鈴木宗男氏」 の側近が、アフリカ人(ムルアカさん? ムルワカさん?)でありましたが、フェロモンで誘引されたのでしょう。

 

 マサイ族のような、牧(まき)系は、ロシア人のように背が高いですね。

 ロシア人にはエラとゴリラ顔が多いですが、テレビで見る限り野人と違う食糧を自給するタイプの知能を持つマサイ族は、「ハンサムな人が多い」です。

 ロシア人にゴリラ顔が多いのはロマ系というか? 野人であるアイヌ系との混血の結果でしょうね。

 

どんぱん節 到着絵巻図  酔っ払い民族と、豚鼻の移動図

                           ↓    ↓

【B型ゾーン】

 

# エラの遺伝とともに、アルコール度数が高くなった。

# 学問単語としての、単語【ゴリラ顔】の苦難。

# アイヌ人の血液型

 

 

【繁殖学・遺伝学】 鎖国の弱い地方がアイヌ顔でパッパラパー

 パッパラパーは、鎖国の弱い地方のアイヌ顔と学力な、超強力な「優性遺伝DNA」。 

 パッパラパーが弱くなっていないでゴリラ顔とB型血液型とパッパラパーが、優性遺伝で増え続けてきた証拠でもある。

 アイヌ人100%を意味するD2系遺伝子顔は、パッパラパー遺伝子マーカー顔である。

 

 

 


 ピグミー族である小型の人類で狩猟人種で野人を奴隷にした西洋人は、

その小型の奴隷を、ロシアにシベリア開拓用として販売をしたようだ。

 

 

 

 

 

 

平成の現代でも、

 【 混血前のアイヌ人は真っ黒い瞳(アフリカ奴隷/シベリア開拓用自走式労働マシーン) 】

 

 混血前のアイヌ人は真っ黒い瞳(アフリカ)。

 アフリカのナイル川の上流に近い国であるブルンジの、「アルビノ喰い人種」が中世奴隷貿易でロシアのシベリア開拓用奴隷として買われ、以後、アイヌ人のような真っ黒い瞳のアイヌ顔。

 ソマリアの頭の悪いほうの人種もアイヌ顔かもな。

 

 これで、「ロマの民」の人種の真っ黒い瞳がすべて説明ができます。

 しかも、そこらは、アフリカでもアラブでもユーラシア大陸や日本でも朝鮮半島でも、B型が多く、

 しかも、万年紛争地帯 という、

「食糧を自給するタイプの人類と違い「争う」、知能が低すぎて北極圏に北上ができなかったタイプのアイヌ顔(ロマの民顔) な、狩猟人種のような本能の地域」 です。

  

 食糧を自給するタイプの人類は食糧を自給するために定住が必要になり、そのためには「治安」と「和平を重んじる本能」を持ちますので、

万年紛争地帯の「アイヌ顔の人種」と、本能が完全に異なります。

  

◆ ロシアのスラブ白人が大好物のブルンジ

  

 外務省 ブルンジ共和 http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/brundi/

 外務省 地域別インデックス(アフリカ) http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/africa.html

  

 連中は、本文冒頭でも述べましたが、

@: 「真っ黒い瞳」を持ち、

A: 「人喰い人種」という特徴を持ちます。

 

その他、

B: 【B型】の血液型が群れに多い、

C: ゴリラ顔が多い(アフリカの黒人内も、東洋人の黄色人種内でも人種にいろいろあるように、いろんな黒人のタイプが、「細かい人種」に分かれています。)、

D: 頭部(顔)が大きい人が多い、

E: ゴリラのように首が短い(短い頚部)、「いかり肩」の人たちが多い群れである。

F: 万年紛争地帯、

G: パッパラパー、

H: アフリカのアルビノ喰いな、ブルンジのアイヌ顔も、

もしかすると、アル中(アルコール依存症)の人種でしょうか?

  

どんぱん節 到着絵巻図  酔っ払い民族と、豚鼻の移動図

  

 豚鼻は、16世紀である中世の「中国の西遊記」では、猪八戒と名づけられて、

ロシア人という決定的な言い方は避けていますが、

戦争が多く国の主も頻繁に変わる時代には猪八戒のほうが、時代が変わり、

未来でも、歴史を飛び越えて「どの人種?」を理解できると言うことも考えての、銘銘だったのかもしれません。

  

★ ネアンデルタール人、現生人類と交配 - MSN トピックス  BK画像

       ↑    ↑    ↑     ↑     ↑

● 忍法:お国透かし 【三種の神器】 鏡の術

 

 アイヌ民族というのは、「ロマの民」。

 その中でも、相生のように同化をせずに、「野人のまま」狩猟人種のフェロモンで群れて、「同化を拒絶」してきた部族が、

アイヌ(相ぬ)と呼ばれる部族ですよ。

 

 彼らは、中世では、孫悟空と呼ばれアニメ「妖怪人間ベロ」の形相です。

 「知能が低すぎて北極圏に北上できなかったタイプの狩猟人種」です。

 極寒の地では、アラブの「B型」・「アイヌ顔」の多い、「万年紛争地帯」のように、騙しあう本能の人種は、ダメみたいです。

 見知らぬ人を大切にするのがお互い様の極寒の地方。

 「ヤガー・ばあさん」や「孫悟空」のように、人間をシャモ(軍鶏)と言う鶏の肉の味がするというかんじで、

定住性の食糧を自給する人種と違いフェロモンも違うので捕食の対象になっていたのが、教育が普及する以前のアイヌ顔の生態でもある。

 

 そのアイヌ人の人々は、「ロシア名物の特徴」を数々と人種的に持ち、

さらに、言語的にもロシア語だらけで、朝鮮語混ざりなのがアイヌ民族なのに・・・・、和人を侵略者に捏造してきたのが、

「屯田兵」時代以前からの「ロマの民」であるアイヌ民族です。

  

 イギリスの「パイキー族」と近い遺伝子ルーツか、どうか? を、人種的に調べてみると面白いかもしれない。

 「ロマの民」の遺伝子で共通していそうですね。

 結局は、ロシアのやったことで、戦術的にもいつもロマを悪用するのがロシアのモスクワ民族です。

 「スペインの革命」も、札幌オリンピック当時の北海道のアイヌ人たちと同じです。

 アメリカがペトナム戦争に負けた原因かもしれません。

 

 モスクワ民族の白人は、相生系のロシアの在来人種の白人と違い、有色人種差別をします。

 それが「ロマの民」発生原因です。

 肌の色ではなく、野人のフェロモンは、治安が悪い野人系人種が、アラブでもロシア国内でも、北海道でも内戦を起こすので、

 アイヌ顔が、モスクワ民族にも有害であったからかもしれませんが・・・・。

 

資料: パイキー族

◆ フェロモン学 道産子和人が検証した、カーチャ・ザトゥリビェチェル容疑者(25)

 

 

 

 

 

   

 アイヌ民族も、ロシアのスラブの薄い野人種のほう(豚鼻で、アラブには禁酒で豚鼻はいないが、アラブ顔の黒いほうの顔  A ) は、アラブ顔で小型が多い。

 

 ペクチョンも「小太り」なアイヌ人と同じ特徴を持つ人が結構いる。

 ペクチョンの場合、朝鮮に陸続きで南下したトケビ(朝鮮アイヌ)と、

人工繁殖をさせた結果かもしれない。

  

 北朝鮮の子供が小型なのも、地理的にロシアに近いためにアイヌ(「ロマの民」の野人であるトケビ) が多いためであり、

 韓国と違い、身長差があるが、豚鼻である注の「ロマの民」が先住民族に捏造をされて先住民族へ立法可決をされた嘘の日本の国会のように、同じ単純な話である気がするのは、私以外にも、韓国の人類学者や畜産学者にいるはずである。

 北朝鮮の食糧難で、北朝鮮の子供が小型なのではなく、トケビ系や小太りな「ペクチョン系」が、都会の小太りペクチョンが親北海道の小太りアイヌ顔と同じく「小型なのである」。

 

 これは、先祖がアフリカのピグミー族である可能性が高い。

 そのピグミーが中世の奴隷貿易でロシアに買われていったのである。

 

 そもそも、北極圏にアイヌ顔がないのがその証拠の一つ目であります。

 

 証拠の二つ目は、北海道の隣の沿海州や樺太や千島にモスクワ民族の青い眼がやってきたのが、アイヌ人(「ロマの民」顔)が、

モスクワ民族と同時にロシアからやってきた証拠であります。

  

 アイヌ顔は、知能が低すぎて、北極圏に北上ができなかったタイプの狩猟人種であります。

◆ Japan Roma an Ainu race, Northern Hemisphere 2 豚鼻分布 北半球図

どんぱん節 到着絵巻図  酔っ払い民族と、豚鼻の移動図

 

# ○○タン  ← アイヌは「コタン」  朝鮮人は「ウリタン」

 

 アイヌ顔の地帯は万年紛争地帯しかないのが、アイヌ顔が北極圏に北上する前に、「だまし合ったり、殺し合ったりするから」でもあります。

 それも、知能の結果です。

 

 


 

アフリカ大陸の、アイヌ顔に共通する人相の人種の地帯は、例外なく万年紛争地帯である。

そのアフリカ大陸でアイヌ顔のスーダンも、アイヌ人のような、石炭黒曜石のように、超ぉー真っ黒い瞳を持ちます。

ロシアの「ヤガーばあさん」は、アイヌ顔のアフリカからの人喰い人種である、シベリア開拓からの逃亡奴隷や、疫病に感染して捨てられた野人であろう。

  アフリカの野人に、「食料を与えるから、一緒について来い!」 と言って、西洋人は言葉巧みに奴隷売買目的で、アイヌ民族の先祖をアフリカから誘拐した

 ピグミー系などの、コロボックルとしか言いようのない、「食糧を自給しない本能」の狩猟人種肉食な小型の人類が、ロシアのモスクワ民族に、奴隷商品として喜ばれたようである。

 その、小型の人類は、餌(奴隷なので動物扱い) も少なく、 シベリアの密林でも動きやすい。

 中世の当時、ロシアのモスクワ民族たちが進めたシベリア開拓用の、自走式労働マシーンが、アイヌ民族の先祖である。

  

 そういう時間の流れ、ゆえに、奴隷が逃げたので、「足かせ」の鎖がある場所が片足

 それを、韓国ではトケビといいます

 


 

(補足) トケビ = Баба Яга = 野人

 

 = アイヌ人(「ロマの民」)

 

 = モスクワ民族の放出した難民であり、

   同化をしない侵略者(自称豚鼻で、ロシア人並みのアル中の集団である自称先住民族)。

  

 = 北海道に、屯田兵が必要になった、ロシアからの「南下侵略者がアイヌ民族」であり、

   「旧土人保護法」とは、「ロマの民」難民保護法を意味しています。

 

 これが、宗男ハウス事件である「平成時代以前」の、和人側の昔からの常識です。

  

 トケビは独脚鬼と書く片足の妖怪です。

ロシアではトケビをБаба Яга(バーバ・イガー)といいます。

日本用の名前で言うと「ヤガーばあさん」というロシアの昔話ですが、

 

これは、歴史を隠蔽してはいけないという在来人種たちの残した「アニクドート(Анекдот)と呼ばれる、ブラックユーモアな小話」が、

「トケビ」や「Баба Яга」の本当の意味である、昔は中世の奴隷貿易でアフリカから買われてきたシベリア開拓のための、

【真っ黒い瞳を持つ人種で、「足かせ」のついていた奴隷】という小話の容姿・人種的な特徴であります。

  

和人をアイヌ民族は、生肉にすると黄色人種なので黄色い脂肪質の油肉を持つ、

軍鶏(シャモ)といい・・・、日本列島の鎖国の弱かった「ロマの民」顔の多い地方では、その地域で、全国的に名物になるほど、昔は人喰い人種である肉食性の野人であるために狩猟人種でありました。

 

「こんなこと」を和人たちは、市町村議会や北海道「道議会」や、国会では公言できません。

  

 アイヌ民族は、この大和民族たちの「相手をいたわる習慣」を悪用して、「嘘の先住民族」宣伝をしてきました。

世界中と若い日本人をだましまくって「大和民族たちの税金」で、家族を養い、飲み食いをしている【利権アイヌ】という集団であり、

詐欺師のような「金銭狩猟」をしている狩猟人種の宗教団体であり、同時に、

「政教分離」違反という、「日本国憲法」違反の民族が、アイヌ民族という屯田兵が必要になった「自称先住民」や「ロシア系の豚鼻だらけでアル中だらけの人種なのに自称縄文」を語る、カルト宗教集団でもあります。

  

 彼らの活動は「ロマの民」の歴史の再現であり日本経済の急降下も、日本社会党(民主党・社民党・大地党の支持者[アイヌ人は社会党だらけ])が

活動をしてきた、嘘でニッポンを南下侵略と同時に占領完了を始めた、

「大和民族つぶし」の効果であります。

 

 

  

ロシア名物の、アイヌ人のような真っ黒い瞳 かな?

                   写真の色合いかな?

World Vision/【CM】 

World Vision/【CM】 main タンザニア/ジョセフ君

 

◆ コロボックルの仕業(しわざ)だろ

  コロボックルは、ペクチョンの先祖でもありそうである。 ペクチョンの小太りの元の遺伝子であるようだ。 それが、ピグミー系の奴隷野人であったようである。

(未整理)

コロボックルは、中世の奴隷貿易時代に、ロシアのシベリア開拓目的で食料をやるから来いと言われて騙された、ロマノフ王朝に買われた、「ピグミー族の奴隷」が、原種か?

ピグミーは、アイヌ顔にも近い人相である。

平成の現代でも、 混血前のアイヌ人は、ロシア名物でもある、超ぉー 「真っ黒い瞳(アフリカ)」 です。

 

   

 


 

 

 

 

 

 

 

皇紀 2671年(西暦2011年) 11月 29日 (Ver.2671-1129) より。