【アイヌ部落(コタン)】 = (朝鮮語:「コ・タン」)

   

 近代朝鮮語にも近い朝鮮語であります。

もともと、朝鮮半島の言語は、「度重なる中華の侵略」により、

もとの言語は消え、その言語の形体は、幾度も変わったことでしょう。

   

「コ・タン」は、コロボックル語で、

  

@ 「落ち合う場所」

A 「集合場所」 の語彙である。

  

そう云うことが現代朝鮮語からも、分析が出来るのである。

  

コ・タンの「コ」は、絶対の約束の語彙。

コ・タンの「タン」は、地面や土地を意味している。

アイヌ語の単語の構成も朝鮮語と同じリズムである。

    

【コタン】   Ver26680829aJ

   

    

 

 

 

 

 

【コタン】の単語U.

    

中国のことを古いスラブ人かどうかはわかりませんが、

ロシア人はキタン、きったん、と呼んでしました。

【タタール(韃靼)】  間宮海峡  ← (いろんな学説があります。

                        ロシア人系の人種であるアイヌ人を

                       先住民とする学説に近いものもあり、

                       「いい加減な」ウソ丸出しものもあります。)

   

  

B型ゴリラ族の足跡の地域では、【○○○タン】と言う地名が多いです。

朝鮮語の土地(タン)も、コロボックル語と同じく、

朝鮮人のエラのルーツでもありますね。

   

ロシア人(当時の主要言語の主たる人種は不明)による【キ「タン」】も、

ロシア人やモンゴル人から見ると・・・・、

@: 【万里の長城】に入れてもらえない、

A: B型ゴリラ狩猟人種である、

B: 【鬼門を出入り】しようとする「人喰い猿人種」の「鬼」でもある、

C: B型朝鮮族のいる国のことを意味していたことであると思うね。

   

ロシアやモンゴルから見ると、「中華の首都」の手前にある他の中国諸国のことを、

【○○○タン】である「キタン」と言ったのでしょう。

中国人に言わせると毛沢東が占領したので全て中国にされてしまいますが、

満州国などのことでしょう。

    

B型のコロボックル(白丁)などの朝鮮族のいた地域も、

アイヌ語のコタンから推測すると、○○○タンのパターンでしょうね。

    

    

僕の思考の中での朝鮮と言う国は、

【思いっきり頭の悪い、昔の農民や盗賊の寄せ集めで構成された兵士の精子】で、

レイプで混血しまくった、

まるで、ゴミ埋立地のような、所有者が頻繁に変わる、

ねずみウサギ顔」と「狩猟猿人であった【ゴリラ顔(B型)】」 の国ですね。

    

パキス「タン」

カザフス「タン」

トルクメニス「タン」

ウズベキス「タン」

アフガニス「タン」

タジキス「タン」

 

【キッタン(キタン/古中国)

【韃靼(だったん) / 「万里の長城の外」であり、中国とロシアの間。

ゴリラ系B型顔との人種の境界線。

中間ラインの国

【ウリタン】

【コタン】  外来種であるアイヌ民族の、リトル祖国。

   

    

  ロシアからの B型 と エラ遺伝図 

     

 

gorira_type-b/SoutaiseiUari/bonta/rashiisukii-era

 

        

    

赤軍アイヌ人と同じで、朝鮮人には平和を作る能力はない。 遺伝だ。