アイヌ語 辞典  

           

  

ウポポ = У(ウ) пoпo(ポポ)

          

       / 青鬼アイヌ語(負け組方言)  「負け組み」側の、スラブ人種語の方言

                「勝ち組」方言については、 アイヌ語 辞典  Top を参考に。

 

 勝ち組(モスクワ民族)語では、ウー・パパ、 ウ・ポーパ、 ウ・パポー など、母音の重要な部分の発音を延ばし оの発音は基本的にはオーであるが、用法はアーと発音するが、重要な強く発音する箇所を伸ばし発音し、同時に母音の時には、オーと発音する。

        У(ウ):   :機淵Α法+ 動詞 =   「〜 が、○○なってしまった」。

        У(ウ): ◆ 〜庵峪譟 ○○のそば(近く) に・・・・」 

    参考:  「近く、そば」への距離感を表す他の単語。 → ピリカ  # ゴリラ顔 VS ピリカ

 

        пoпo(ポポ) :  状態を表す語彙の反復、もしくは合成、または擬音

         пoпo(ポポ) :  「ちょっと ○○な状態」 を意味する単語の重複的なпo(ポ)の使用。

 

 

アイヌ語を、和人や外国人が理解するコツ

 

 

 帝政ロシア時代ソ連時代からの、蝦夷地(北海道)へ不凍港を占領する目的で南下をしてきたロシアの破壊侵略工作は、モスクワのための奴隷たちである元アフリカ東海岸の野人土人出身血族な、超ぉーパッパラパーな狩猟人種のアイヌ人を利用することは、萱野茂(本名:貝沢氏)北海道大学勤務と、鈴木宗男(コロボックルのラワンブキ出身)、

および、岩手県のアイヌ顔の多い鎖国の弱かった地方で黒潮が北上太平洋へ東出する三陸の地理の影響で、アイヌ人種(元奴隷の狩猟野人種)が、もうこれ以上、潮流に乗り、単独では南下できない地方の出身小沢一郎(韓国顔)が、出現するまでは、簡単ではなかった。

 

 日本(シャモ[軍鶏]=素戔嗚[スサノオ]の国)において、相生(あいおい)はモスクワ民族の敵であり、日本海の北にまでアイヌ人と同時にやって来て侵略をし続けるモスクワ民族の味方は、

 

ヨーロッパの売春婦顔がアイヌ顔(「ロマの民」顔)であることからも容易に生態がわかるように、元性奴隷でモスクワの豚鼻を遺伝しているためにフェロモンも共通する。

 

 昔からアイヌ顔(「ロマの民」顔)は、悪い白人が、アイヌ民族のクンタキンテをアフリカから誘拐をしたときのように、モスクワが自由自在に扱えるように仕込まれた奴隷である。

 アイヌ(相ぬ)は、モスクワに牙を向けられない奴隷である。

 モスクワが領土を広げるときに必ず活動をする家畜奴隷が、アイヌ顔である「ロマの民」顔でもある。

 

 年月を隔てても、モスクワの希望というロシアの言う事に従うのはアイヌ民族の群れ(アイヌ人野人相ぬ) であった。

 ユーラシアの東大陸で、戦いを重ねたスラブ系縄文人種は、「敵を意味する相生たち」であり、パッパラパーなアイヌ民族は、相生と違い、モスクワの戦略道理に動き、忠実に動いてくれる相ぬ(アイヌ人)たち」 が、南下侵略に平成でも動いている。

 

 登別・白老などのアイヌ資料館は、中華人民共和国の南京大虐殺資料館や、韓国の日帝抗日資料館と同じである。

そのように、赤軍派は、1970年代の爆弾事件や涼秋での和人を大量殺戮してきた戦術から分泌報道作戦に戦術を変更した。

 その後、1980年代中盤からは、和人をピンポイントで迫害する社会党と層化を離床した活動が盛んであった。

 私も北海道出身で、たまたま大和民族の特別教育を受けていたので、今もそうであるが、北海道の占領侵略を試みる当時のアイヌ民族組織から例外ではなく標的にされてきた。

 

 今では、北海道のいたるところに、名称はさまざまであるが、平成の日本社会党政権時代になると、アイヌを先住民族に捏造をした資料館が先に建築され、後日、小沢一郎鈴木宗男や、東京っ子なのに北海道の登別アイヌ資料館の選挙区から出馬をしてきた鳩山ユキオ富山女の「高橋はるみ」北海道知事や、マクンバ出身で日本社会党の上田「札幌市長」などが協力をし、

 

九州の部落に多いキリスト教徒の麻生太郎氏が総理大臣のときに、「日本はニッポンで無く、ニホンでもいいじゃないかぁー?!」 とキリスト教徒の麻生太郎総理大臣が言いながら、黒い瞳のアフリカ系の人種であるアイヌ民族を、先住民族とする内閣の情報力は、本当の先住民族であり本当の先住民族の人種である豚鼻のと黒い瞳の存在しない、和人の昔からの見解や学識や総意を、組織的に救済も探求もせず、和人の意見を「迫害排除した政治の世界」で、豚鼻が多い、モスクワのように大きな口蓋を持ち、モスクワのように黒い瞳を持つロマ顔を、北海道の先住民族とする国会決議とニホン(2本)を同時に報道をした

 

 「ロマの民」を先住民族とする北海道の先住民族資料館が、アイヌ民族を豚鼻でアフリカの真っ黒い瞳の人種なのに、

国会での「先住民決議の前にアイヌを先住民族と説明をした建築物」が、和人の税金を資金源にして乱立している。

 

 北海道大学の植物園内にもあるが、なぜ? 研究をする必要があるのだろう?? 知らないのか???

 これから、強引に嘘を本当らしく捏造して嘘の歴史教科書を作るのか?

 

 アイヌは、民族を上げて、黒い瞳の存在しない人種である「和人を侵略者に捏造」し、国連などを騙し、国際的に宣伝し白老などでも、和人たち大和民族への恐喝と詐欺を長年繰り返し既成事実を作り、和人の税金から恐喝詐欺で生計を立てている、中国人や朝鮮人と同じフェロモンを持つため、和人に対し、和を持たない人種である。

 

 


 

 しかし、知能が国際的に有名なパッパラパー人種である孫悟空顔(アイヌ顔=「ロマの民」顔)のアイヌ人たちに、侵略工作員にとって、正しいロシア語を教えることは難題であった。

 

 そのために、不凍港侵略工作員の赤軍派ロシアは、青鬼顔スラブではない「ゴリラ顔を持つ群れの人種」なアイヌ民族という元野人で人喰い人種の奴隷たちに、ローマ字を教える感覚で、発音変化を教育することをあきらめた

 アイヌ民族と白丁奴隷の特有のゴリラ顔人種は同じである。

 アイヌは、白丁よりも奴隷土人のままの、ほぼ原種なので、白丁のゴリラ顔よりも人種的に暗記力も弱いので、あらゆるロシア語の単語を、ピリカのように簡略化したりして、北海道を占領する準備に、

 アフリカ原産の中世の人喰い土人顔を意味するゴリラ顔には、モスクワ方言の発音は、ゴリラ顔であるアイヌ民族にはとても無理なのでアルファヴィート発音(アルファベットの読み方のみ)で、 ウポポ や ピリカ などを、ゴリラ顔に教え込む南下侵略占領準備活動を、北海道や本種や沖縄や九州や東北で展開をしていたようである。

 

 しかし、当時も和人たちは、「アイヌ人は、北海道でも異人種であり、このような意味で、アイヌ民族の人種は、ロスケ(ネイティブ発音)である!」と説明をしてきました。

 

 

 

国際社会(UN) 常任理事国な武器輸出国たちよ!

 きいとんのかボケェー!!(感情移入)

 

アイヌ民族は、こういう 連中です。

 

 とことん、はっきりと、アイヌ民族の人種は、同化を拒絶する異人種の群れなロスケであるので、嘘の無い議論では「アイヌやソ連は勝てない」ので、民族活動と逆人種差別を駆使して、アイヌ民族の人種が「豚鼻で真っ黒い瞳で人喰い人種の過去」があり、

さらに昭和でも、和人のみを標的にするなど、先祖が共通していないためにフェロモン学的にも和を持たない人種なので、

和人を標的に、大量に、北海道庁や北海道警察本部にて大きな爆弾や、民間人へは強力なライフル銃で大量殺戮をするなどしてきました。

 アイヌ犯罪は組織犯罪が多いので、刃物や銃器などの凶器は、どうしてなのか? アイヌがらみの事件の時には、証拠不十分を確保するためであろうが、いつも銃器・凶悪事件での刃物などの凶器を発見できないのが特徴でもある。

 左翼は死刑反対の政党でもある。

 和人の、和を「保全・確保するために行う特攻行為」とは、完全に対照的というか? 相対的というか? 狩猟人種なので組織犯の 「群れ」 が、アイヌ民族の先住民活動の連中である。

 

それは、朝鮮人や中国人の宣伝戦略と同じで日本の報道発 でもありました。

 

 左翼政党支持者が相生ではない「相ぬ(アイヌ人)」 であり、サヨク(左翼)は、国外と同じ戦術をアイヌ民族に使用してきました。

 話の全てを正反対の逆に入れ替える作業なのです。

 2012年現在の不景気もこの一部です。

 ロマの歴史という、ゴリラ顔人種で黒い瞳の、アイヌの奴隷紀行の過去のニッポンでの再現で、ロシアは領土の拡大を、この先も、何百年スパンで進めているのであります。

 

 

 

 

 

 これなどは、ソ連の工作員がアイヌに発音の変化を教えても、ゴリラ顔の知能には難解だとあきらめて、ローマ字のように英語のように変化をしない、入門発音で、北海道の不凍港を得るための、南下「工作活動」をした痕跡であります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例:  パッパラ・パー      VS    パーパ・ラーパ 

 

 (野人・孫悟空・世界共通盗賊顔)  VS  (パーパ[父])・ラーパ[畜産産業食料生産従事者=四つ脚動物])

 

> 基本的に、相生(同化組み)や「青鬼の集落」のそばには家畜種畜牧場などが多い。

 相生系は、相ぬ(アイヌ)ではない、大和民族である。<

 

 

 

 

 

ここまで、 「アイヌ語を、和人や外国人が理解するコツ」。

 

 

 

 


   

 「ウポポ」余談・・・ 

 

 

  しかし、実際に、ウポポを愛するアイヌは、対モスクワ民族で、スラブ白人系大陸側の縄文フェロモンを持つゆえ同化が可能な相生の人種のスラブ系ではない、モスクワ民族のフェロモンを持つ「黒アイヌ系(「ロマの民」顔)である」

 

 

 

 

 

 

アフリカからロシア向けの中世の奴隷。

   

 

 

 

 

◆ マクンベツ[幕別/十勝] 

   > イオマンテ と マクンバ

  

 中世の、

 アフリカ東海岸原産の奴隷

 (東欧向け、後の、旧土人保護法の対象人種であるアイヌ民族。)

 

 

 

 

 

 

 および、大東亜戦争にて、大日本帝國により大開放された、悪い白人に売買されてアイヌ顔になったアフリカ系奴隷。

 東南アジア方面のプランテーションで働かされた東南アジア向け、アイヌ民族のモスクワ豚鼻抜き、親戚アイヌ顔人種

 

 

 

 

 

 

◆.▲侫螢西海岸原産の奴隷

 (南米中米北米西洋)の、末裔の違いがあります。

 

 

 

 

 

 

旧土人保護法 = ロシアの「逃げた奴隷」 を、

世界に先んじ、人道的に大和民族がアイヌ人を保護をしたのが、旧土人保護法(「相ぬ」保護法) です。

 

 A型はヨーロッパ。

 B型は中世の「アフリカ人奴隷」発。

 アイヌ民族と朝鮮人は、この両方の多い人種のグループです。

 

 キューバやハイチ。

 ブラジルなどの南米や中米も、昔は、黒人やアイヌ顔はいませんでした。

 


 

 東南アジアも、南米・中米も、同じです。

 悪い西洋人が運んだゴリラ顔が、それぞれ各地のプランテーションなどで、所有している奴隷を繁殖させて、混血雑種化しましたが、ゴリラ顔は優性遺伝なために、白丁奴隷というハイブリットも、アイヌ民族の豚鼻も、特徴のあるゴリラ顔になります

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらも、主に野人で、

「食糧を自給しないタイプ」の末裔は、アイヌ民族も白丁も遺伝学的に、当然のように、ゴリラ顔が多い。

 

「食糧を自給するタイプの人種」の末裔は、奴隷が少なく、

テレビに出るマサイ族の青年たちのように、ハンサムや、美女も多い

 

 

 

 

  

   

 アフリカからロシア向けの中世の奴隷がアイヌの顔。

 匈奴(満州地方)へ東欧豚鼻の精子を孕んだ、中古の奴隷

 アフリカ原産ゆえ、B型多で真っ黒い瞳の、ロシアの中古の土人奴隷(性奴隷)として、アイヌ人の先祖が極東へのモスクワの進軍と同時に売られる。

  

   

  奴隷が逃げる

  

   

  ヤガーばあさん

トケビ = Баба Яга = 野人 = アイヌ人

 歴史的に、白丁は混血種であるが、アイヌ民族ほどアフリカに近い顔ではないが、両者はゴリラ顔である。

 どちらも、逃げたり奴隷のままの中古の奴隷という、アイヌ人と同じ先祖ゆえ、歴史的に白丁も両班の息子を食べる人喰い人種である。

   ↓  

 # 白丁奴隷(アイヌ同様に人喰い人種。両班の息子を食べる本能)↓ へ ジャンプ

   

 旧土人保護法で和人が保護をしてあげるが、平成になり縄文を偽り、アイヌを先住民族と教え込み、

 日本を、ロマ顔・豚鼻・B型・アフリカ原産ロシアの「ロマの民」の「真っ黒い瞳」なのに

アイヌ新法で北海道や沖縄など、赤軍組織で万年紛争人種で人喰い人種が北海道以下におよぶ日本を侵略完了

 

 

 


 

◆ トケビ、トッケビ語:朝鮮アイヌ語  > マッコリ (酒)、 ジンロ (酒)

● 朝鮮アイヌ(トケビ)

 


 アイヌ顔も、白丁奴隷も、不思議と豚鼻である理由は私が、昔の和人たちの説明を元に、再発見し、日本を守るために説明をする。

 アイヌも白丁系も、中世のアフリカ人奴隷からの遺伝によるゴリラ顔で、

「アフリカ人と同じB型だらけ」な理由です。

 (アフリカからロシア向けの中世の奴隷がアイヌの顔。

 匈奴(満州地方)へ東欧豚鼻の精子を孕んだ、中古の奴隷。)

 

 

 

 

 

 

 混血が進んでいるが、人種的に青鬼アイヌは少ない。

居ない?  全員同化した??  同化により学問を得て「ウポポの効果を理解したか???」

 

 

 

 

◆ 青鬼顔の多い鎖国「強」地方は、不思議と美人も多く、アイヌ顔(ロマ顔)が少ない。

◆  ピリカ

 

 

◆   ゴリラ顔    VS    ピリカ 

 

 

 

アイヌ(ロマ)顔

および

朝鮮系、

赤軍系に多い顔

 

相生顔

および

他の和人

 

 

 

モスクワ民族鼻

 

青入り縄文系

 左翼のイメージ戦略が如何に嘘だらけかを知る、現実です。

 

 

  # イザナミのフェロモン=同化・帰化が可能

 

 

 

 

 

 

 ウポポは、黒アイヌ(インドに南下したタイプと同じようなABO式で、B型の血液型の多い、「アラブとも共通する黒人に近い真っ黒いタイプ」の、アイヌ民族を構成している民族内の1人種) が主である

 これは、前述した、ロシア向けの、中世の逃げた奴隷である、ロマ顔を意味している。

 その後、見事に、食糧を自給しない野人の人喰い人種系群れと、食糧を生産する人種のフェロモンで、原始時代から天敵同士に別れ、それぞれが群れて行動をする。

 アイヌ顔は、世界中で同化拒絶グループである。 これは、狩猟人種であるゆえ、定住性の本能が無いのである。

 逃げた奴隷は性奴隷であった。 「ヤガーばあさん」も、逃げた性奴隷なので鎖の足かせのあるほうの、脚が無い。

 世界中の売春婦の多くも、ロマ顔である。 一種の狩猟であり奴隷時代に人工交配により生産された、性奴隷人種の本能でもある。

 日本のアダルトサイト広告でも、韓国でもロシアでもオランダでもアイヌ顔(ロマ顔)が、不思議と売春婦である。

 原因は「ロマの民」ゆえ贅沢にあこがれ、全財産である高級品を身にまとう本能を持つのはアフリカ時代から同じである。

 ゆえに、ブランド品嗜好が強く、そのカードローンで、風俗嬢や売春婦になったのであろうか?

  

 アイヌ人は、 黒アイヌ人種も、青鬼アイヌ人種も、瞳の色は「真っ黒い瞳」系である。

 コロボックル(朝鮮族)ロシアのスラブ系に混血をする以前なので縄文系なので茶色の瞳であろう。

 

 ウポポの演舞者ではなく、活動を背後で支えるリーダーは赤軍事件などからしても、古くからの人種歴史(戦争歴史)的にも、黒アイヌを振り回すように使いこなす(使いまわす)、コロボックルであろう。

 

 


 

 

 「ウポポ」余談・・・

 

 総じて、ロシア語の「落ちる」を意味する「ウパール」から派生した語で、神を地上に降ろすため西シベリア原住民の土人ダンスであろう。

 宗教の違う異教徒でもある東欧の白人には、彼らの土人ダンスは無力であった

 それらからも、神を降臨させる土人ダンスを踊る「ウポポ族」は、人種的に「異人種で在来種の和人」を悪者にしたり、因果応報の被差別が解消しないこともそうであるが、人種的によそ者人種であるのに、近年では外来種が縄文人だの先住民だの・・・・捏造書籍が目立つ。

 近年では、誰が「うそ」を教え込んだのか?

昔にはありえなかった・・・・w (ここ二十年ほどの出来事であるw)

国立の博物館系でも、アイヌを縄文扱いしている。

 

アイヌ内の混血が進む以前の、昔の事実をよく知っている当時の学者が見たら「大笑い」をするであろう。

  

 私にも「このような発言をさせるに至った」、アイヌの「無理な屁理屈を神へ祈る土人ダンス」は、日本でも異教徒には無力であることが証明された。

  


 

 ウポポの魔術 (イオマンテ と マクンバ) は、自らを、狩猟系のB型人種特有の「組織的なうそつき人種」にしたことである。

 

 

 アイヌに同情することは簡単である。

 私も昔はそうであったが、アイヌたちの先住民活動の被害に遭い、人生を破壊され尽くしたら人格も変わった。

 私は、アイヌ民族顔の人種が、世界中で行っている紛争を、私は縄文の神の使者として、日本で起こる戦争を完全に蒸発するまで葬り去らなければならず、迫り来るアイヌ民族の更なる本格的な戦争に向かい、つらいが真実を説明しなければならない。

 狩猟感覚で利権を騙し取るアイヌのウソツキ集団よりも、「私のほうがつらい」のである。

 

 朝鮮での白丁への教育もそうであるが、「同情するだけではアイヌはアイヌのままである」のである。

 アイヌ民族や朝鮮民族の、在来種に対する、組織的な【囲い込み】で和人の言論を封じた、アイヌを利用する団体(社共・創価)の声のみの同情は、アイヌ民族を被差別の根源から救うことができない。

  「うそ」を野放しにした朝鮮民族やアイヌ民族の主張は、「彼らのためにはならない」のである。

  

 朝鮮人やロシア人や、ロシアの勝ち組が東へ移動しながら追い出したアイヌ民族などの、狩猟系の【B型人種】のグループは、太古からの狩と同じである。

 ライオンなどのように、弱そうな者を見つけ出し、徹底的に追い込んで弱らせて、疲れさせて、本当に弱くしてしまう方向へ、集団組織で動く。

 アイヌ民族や朝鮮民族は強いものを狙わない。

 赤軍アイヌもオレオレ詐欺も馬賊も暴走族も朝鮮血族の多いヤクザもそうである。

 弱い者しか狙わない。

 

 つまり、アイヌは被差別を売り物にしているが、私の経験から言うと、アイヌ民族は「強い集団」である。

 和人の民間人で個人のように弱くは無い。

 アイヌ民族は北海道日本列島を、組織的な侵略行為を着実に進めている悪質で強い団体であり、アイヌ民族は弱い団体などではない。  

 東アジアの【B型人種】は、 韓国人スリ団霊感詐欺団暴走族も、朝鮮アイヌ顔であるトケビ顔馬賊系人種などで構成されていて、日本人を襲う朝鮮系が多い。

 実際に異人種なので、日本の在来種への罪悪感も本能的に無い。

敗戦国へ被害者のフリをして居座り続ける侵略者である。

 アイヌも、B型人種(A・O・ABもいる)の本能で動くことからも同じである。

  

それらは、現代風の狩である。

  

赤軍アイヌの活動と同じである。

人種的な本能であろう。

日本という巣では、アイヌもそうであるが自分の巣ではないので朝鮮人のように、 日の丸・君が代反対! その原因の、大和文化(和人文化)反対!  天皇反対!など、外来種なのに先住民活動を捏造し、世間をのっとり大きな顔をする。

 実際に、人種的にもアイヌ顔朝鮮顔B型人種(A・O・ABもいる)には大きな顔が多い。

偶然であろうか?  それとも、「古来からの決まり文句」は、歴史的な教えなのであろうか??

 

 朝鮮人もソ連人も、「組織的な、うそつき人種」であった。

これらの主な人種も、B型人種(A・O・ABもいる)でアイヌ顔が多い。

  

  

 沿海州やクリル地域を見ても、スラブ系の白人が西からやってきて、縄文人の直径子孫でもある赤鬼系人種の聖地の樺太や、日本の北方い領土や全域を占領し、勝ち組「青鬼アイヌ」の権力を誇示している ( 一昔前までは、それらを日本人は、「ソ連」と略して呼んでいた)。

 

 過去にもウポポ族の影響もある「赤軍系のアイヌによる和人を標的にした爆弾テロ」での、和人の大勢の犠牲者や、ライフル銃で和人を大量殺戮した事件も、ウポポによるトランス状態になった土人ダンスの影響かもしれない。

 ウポポあってのアイヌ民族でもありそうだ。

 

 それらは、朝鮮の呪いのルーツでもある、シベリアン・シャーマンの呪術に近いものではないかと想われる面もある(全土がモスクワ方言民族に占領された)。

 

 呪(のろ)いで「いがみ合い」、平和の無い朝鮮土人の歴史や、その呪術で使用する神々を扱うシャーマニズムもあるように思われる。

しかし、アイヌ人のどの人種においても、朝鮮土人のように、糞便を威嚇(いかく)や兵器として使用する話を、私は聞いたことが無い。

 

 アイヌも、隣の集落(別人種であると想われる)と、頻繁に戦争をしていたことを物語る昔話が残っている。

 

 現代でも、鮭の捕獲の権利でアイヌ内でももめているそうだ・・・・(ナイショ話)。

 

  

  

 一般に、鮭の捕獲の権利を持つ青鬼アイヌに対して、青鬼アイヌアイヌ人なのであるが、

和人は青鬼アイヌアイヌ扱いをしていない(同化し学力は和人と同水準)

 Тока-путь(楽ちんな「道のり」)という十勝地方の青鬼アイヌの集落のそばには、相生ではないが相川という地名も残っている。

  

 

  

 勝ち組アイヌであるロシア(帝政ロシア〜ソ連)に追い出された「昔の大陸の抵抗勢力と、悪意の越境者や、大昔の潜入工作員の子孫」のダンス。

 大陸での部族においては、一戦を交えなかった大陸の負け組みの青鬼人種は、そのまま大陸に居残ったのである。

  

 屯田兵が、それら、相生化しないアイヌに対して、情(なさ)けをかけたが、昭和の大東亜戦争の敗戦や、平成になり、明治生まれが死滅すると、待っていたかのように、「旧土人保護法」の廃止を自ら求めるなど、先住民を主張する【ウソつき人種】で、トンデモ民族。 

  

  ウポポ・ダンス = 肉食/狩猟人種 = B型土人ダンス。 

 

 

ちなみに、和人(主に内地人)は本土人。 

 (美味しいツナは本マグロ本ガツオ。)

  

アイヌ人は開拓民に対して旧土人であるが先住民ではない。

さらに、縄文人の人種でも無い。

縄文人は赤鬼系の人種である。  

 

和人の神代の時代の神武よりも古い「神話の神」であるイザナミは縄文系の人種であろう。

イザナミは日本を意味していると私は考える。

イザナミの死後、イザナミの體(からだ(体))からは、さまざまな穀物が収穫されたそうである。

 

イザナギは、弥生人であろう。

  

 

朝鮮人は朝鮮土人。

朝鮮土人の先祖は、朝鮮半島から見て黄海の対岸の山東省付近の、真っ黒い「山葡萄原人」であるという学説もある。

    

 


 

 

 「ウポポ」余談・・・

 

 朝鮮人が、「宗主国の中華に憧(あこが)れるようなもの」 であろうか?

 

 コロボックルは、人種的に朝鮮族である。

そう考えると納得ができる。

 

  南朝鮮である韓国は中華に憧れ続ける。

 また、韓国人は「アメリカにも憧れアメリカの永住権を欲しがる」。

 さらに、巣(朝鮮半島)を離れて、日本へ渡ってきても、

彼らにとっても外国の宗教であるのキリスト教を、

朝鮮人が都合よく改変した「李穢巣・鬼痢素徒(イエス・キリスト)」を信仰し続けて、

苦離巣張(クリスチャン)になり、

巣(祖国)を放棄し日本へ住み着きたがるなど、コロボックルと共通している。

 ちなみに、百済時代の仏教も、朝鮮でも中国でも、ここ日本でも、「外国の宗教」である。 

 

 北朝鮮人(共和国人)は、ソ連時代からソ連の体制に憧れ、北朝鮮を維持してきたアカ(赤軍)である。

  

 黒アイヌを操るコロボックルは、自分よりも強いものに入れ替わろうと、ヤドカリのように「成りすまし進化」を試みる。

黒アイヌを指導するコロボックルの妖精の影響であろう。

 コロボックルは、昔に青鬼アイヌにコテンパンにやられたのに・・・・、青鬼アイヌに成りすます人種的な本能なのであろう。

現代でも、朝鮮族には詐欺師が多い。

 


 

 ■ PigNoseLogy  『豚鼻学』  / 獣医学の人類応用編

 

 

   豚鼻学

    ↑

   ?!

    ↑

  ねぶた/ねぷた

       

 


 

 

 

 

 

 黒い瞳を持つ特殊なアフリカ原産の人種が北海道の先住民族になりました。

 

パルチザンの人種を先住民族に捏造したNHKは、和人の人生を弁償してくれよ。

 

 


 

 

アフリカ東海岸の黒い瞳で人喰い人種系の「土人の人種」のロシア向け奴隷。

 「ヤガーばあさん」は、奴隷時代の「足かせ」の部分が無いので片足である。

 

    奴隷が逃げる           奴隷のまま 

  = Баба Яга           ↓

        (ヤガーばあさん)           ↓

      ↓                   ↓

      ↓                   ↓

      ↓        匈奴地方へ売られる 輸送前の混血・輸送中の豚鼻精子遺伝。

      ↓                   ↓

      ↓          白丁奴隷(アイヌ同様に人喰い人種両班の息子を食べる本能

      ↓                   ↓

      ↓      アイヌに成りすますパルチザン人種 (凶暴・残忍な、逃亡奴隷たちの群れ)。

      ↓                   ↓

ロマの民」 = 旧土人保護法対象人種 ↓

               ↓          ↓

               ↓          ↓

 

フェロモン合流  

               ↓          ↓

            アイヌ民族アフリカ奴隷なので、超ぉー真っ黒い瞳の人種

 

 

 

◆ ゴリラ顔 (孫悟空)  VS  ピリカ (非ロマ顔)

      ↑             ↑

    アイヌ顔          相生顔

 

 

 

◆ ゴリラ顔 と ピリカ/絵図比較_ね夙知識

 


 

【繁殖学・遺伝学】 鎖国の弱い地方がアイヌ顔でパッパラパー

 .僖奪僖薀僉爾蓮∈森颪亮紊っ亙のアイヌ顔と学力な、超強力な「優性遺伝DNA」です。 

◆.僖奪僖薀僉爾弱くなっていないで、鎖国の弱かった地方はゴリラ顔とB型血液型とパッパラパーが、優性遺伝で増え続けてきた証拠でもある。

 アイヌ人100%を意味するD2系遺伝子顔は、パッパラパー遺伝子マーカー顔である。

 

パッパラ・パー  VS  パーパ・ラーパ (パパ・ラーパ)

> 基本的に、相生(同化組み)や「青鬼の集落」のそばには家畜種畜牧場などが多い。

 相生系は、相ぬ(アイヌ)ではない、大和民族である。<

 


 

アイヌはアイヌが頭のいい人種という・・・が、現実は違う。 幕別町は青鬼の集落。

そのマクンベツ(幕別)の青鬼の集落に、明治以降の近年に、住居を移転したり婚姻で嫁いだロマ顔であり、頭がいいのは混血でゴリラ顔の面影はアルがアイヌ民族ほどゴリラ顔ではないのである。

 サル顔である和人側から見ると、ゴリラ顔は先祖も體の臭いであるフェロモンも異なる完全な異人種なので、美男美女の判別のように簡単にわかるものである。

 

 アイヌ民族は日露戦争時代のロシア人も同じで、頭の悪い人種である。

 民族以前に人種で、家畜の品種の頭のよさが明暗しているように、和人たちには、はっきりと区別ができる。

 

 「相生(あいおい)を、アイヌはアイヌである」 と、 スラブ白人系の集落の相生を逆同化しているだけで、

彼らは和人の立場から言うと相生であり、アイヌではない。

 私にも、スラブが入っているので、アイヌと相生の違いは、思想も言葉も宗教も無い野生の動物が、群れを形成するフェロモン感覚で良くわかる。

 


 

  人喰い人種から身を守る防衛本能の能力 である、

アイヌ臭を感受する嗅覚を持つ人種たち は、

食糧を自給するタイプの人種 であり、

原始時代から人喰い人種ではない のである。

 

 アイヌ臭は、原始時代からの人喰い人種を天敵と感じる「人喰い人種ではないほうの人種が感じる防衛嗅覚」でもある。

 

 これは、繁殖学的にも遺伝学的にも、否定できない結論である。

 

 近年では和人の先祖まで、アイヌ顔に捏造をしている、ウソツキ人種がアイヌ民族である。

 


   

   

モスクワ民族  (同化拒絶 = 赤軍)

  ↓

 アイヌ =「ロマの民」 (相ぬ系)   (同化拒絶 = 赤軍)

 

  先祖は、中世の時代の奴隷貿易で、「アフリカ東海岸」原産の、

 旧奴隷土人が、シベリアや匈奴国(満州国地方)へ、

 モスクワ民族から「中古の奴隷」としてやって来た。

 

 

解説:

      アイヌ 同化不可能

      相生  同化可能フェロモン

 

● # イザナミのフェロモン=同化・帰化が可能

 


● 青鬼顔の多い鎖国「強」地方は、不思議と美人も多く、アイヌ顔(ロマ顔)が少ない。(フェロモン学)

● フェロモン学 (Pheromonelogy)津軽海峡前まで雪女 通過後は雪ゴリラ

 


● 白丁奴隷血族 と アイヌ血族に、不思議とゴリラ顔しか生まれない原因。

 

■ アイヌ民族のクンタキンテを観にいった  〜

 自衛隊のPKO活動 > 南スーダンPKO 代表者ら出発

 自衛隊北部方面隊

 岩見沢(北海道)隊。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  

  

Комуй(カムイ)      (北海道は) 誰の・・・ (土地?) の語彙が神を意味する、 

                   日本人にはアイヌ語を解明できないと思っていたロシア(ソ連) の戦略でもある。

                 B型人種(A・O・ABもいる)のための神 

 

ポロシリ岳 / По-Россили 岳

 

 

                 B型人種(A・O・ABもいる)のための神。