アイヌ語 辞典    (ヤオヨロズの人種である和人版)          

                            リンク・フリー

 パシュクル (馬主来 [ぱしゅくる]

                北海道の道東の砂浜地帯の、とある地名

 もしかすると・・・、 「ロマの民」 発生時の パシュトゥン人 かもなぁ。

または、白樺の皮細工? (パシュトゥーカ?  パトゥシューカ? 単語はうる覚え)

沼地であるが、高台には白樺も自生をしていたことだろう。


大きな地図で見る  

 

 十勝の場合は柏の樹海です。

 釧路は霧の町です。

 白老も霧の町です。

 白糠は・・・いつくしま姫のミコトの集落です。

 

                          ↓   ↓   ↓

 

地理さえ中卒の学力があれば、ほかは、パッパラパーでも解る 図解

 

 

◆ ユーカラ西方図

◆ どんぱん節 到着絵巻図   (↓ の中にあります。)

◆ サンフランシスコ 海流 密航 【松下村塾の黒板】 アイヌ人は「ロマの民」。

 

 

 

 

 

  パシュクルの 「」 は、青鬼アイヌ語の、

「簡単」な、「動詞の意味」など、さまざまな意味を持つ 「По [パ/ポ] 」 が、

【負け組み方言】 で、完全な ♪ といういう発音になったものでなかろうか? と、私は仮説を立てている段階である。

 例えばであるが、北海道では、馬を呼ぶときに 「♪ ぽー ぽー ぽー・・・・」  と呼ぶのが一般である。

  青鬼アイヌ語「勝ち組」方言(ロシア語モスクワ方言) でいうと、

馬達に 日本語で表すなら

 「♪ ちょっと 来い!  ちょい! ちょい! (По[ポ]・・・)  」 という用法である。

  

 この習慣には、大日本帝國時代に加わった青鬼たち以前からの歴史を感じる。 

 

 


  昔は、和人に対抗するためにアイヌ民族の各人種で構成されたアイヌ連合で団結をする以前、青鬼アイヌ語民族の 「負け組み方言」部族たちの、集落であったと推測される。

 港は無いが、半塩湖のような沼もあり、砂浜ではあるが海が近く、

パシュクル(馬主来)沼の洪水も伴って、優良な牧草地帯でもある・・・、というか?  

ぶっちゃけ・・・・

Тока-путьの本格的な初期の開拓のオイカマナエ付近と同じく、水鳥を仕留めたり、牧草しか育たないような場所である。

牧(まき)系部族のための土地でもある。

 時代をさかのぼり、人種は、アイヌ系でも狩猟系のシベリア土人系の「黒アイヌ」ではなく、モンゴル系や、スメレンクル(コラレンクル)に近い牧・畜産の盛んな、青鬼人種の部族の集落であったと思われる。

 地名は、まだ、調査の途中であるが、

牧(畜産業)系の農業を営む、肌の青白いスラブ(青鬼人種) 系の民族言語に由来。

 完全な当て字でもなく、本来の意味に即した漢字の当て字である地名であるようだ。

 軍関係の馬の繁殖地でも、あったのであろうか?

駅逓(えきてい)のための「馬の繁殖・生産地」であったのであろうか?

 まあぁ パシュクル人の先祖の大陸のような、家畜のトナカイは、蝦夷地には居ない

トナカイは宗谷海峡を越えられなかったからである。

 

 でも、道内にはコラレンクル系(青鬼系)の人相を持つ人が、昔から大勢、大日本帝國に同化をして、ロシア系の和人として住んでいる。

 (ソ連の敵である、日本共産党[中国共産党派] 系 に多いね。)

  しかも、美人が多く、アイヌには属していない七不思議でもある。

 和人も、アイヌ人の群れの人種と、そうではない「それら」を、簡単に人種区別できるほどの特徴がある。

   (個人的な意見ですが、私と同じ人種だから? 動物学的に同人種を「そう思う」のかもしれない・・・ 。 

今の私の姿は、別な人種の特徴が現れています。)

 


参考資料: 津軽アイヌ

       青鬼アイヌ語・・・・ 青森の「ねぶた ⇒ Не(ニェー)

                         /♪ラッセー (ロシア人[過去形]・・・ )

 

・ 音更 (おとふけ) [地名]   От ф(в/во[х]) ке.  例: ロシア人 = ルースキィェー 

 

・ ムックリ アイヌ民族楽器 (和人側の昔からの解説)

 

 ムックリのムは,、ロシア語(モスクワ方言。 蝦夷地=北海道からは想像もつかない、遠い遠い遥か西のヨーロッパ言語)で、音楽を意味する単語である ムズィカ(Mузыка) の 「ム(му)」 である。

 

 ムックリのクリは、ロシア語(モスクワ方言。 蝦夷地=北海道からは想像もつかない、遠い遠い遥か西のヨーロッパ言語)で、文化を意味する単語である クリトゥーラ(Кулитура) の 「クリ(Кули)」 である。

 

(省略)

  口腔「ギター」ホールと「オルゴールの一本歯」がムックリ。

 アイヌ民族の伝統楽器のムックリは、ヨーロッパのテクノロジーだらけの楽器だけどね。

 

・ トカプチ(十勝)  トカ・プーチ/Тока-пути

 

・ 釧路 くしろ KUSIRO

 釧路アイヌ (К СЫро/К СЫрои : Рома народы) の語るイタオマチプと呼ばれる、空想を元に復元された「アイヌ舟の伝説」 ですが・・・ ぷッ

 イタオマチプ(板・下船お待ち・夫)は、アイヌの乗ってきた、ノアの奴隷舟 ですよ。

 

К(来る) СЫро(湿度のある、湿った霧、英語:Pea Soupe(London/UK))

  釧路の街の気候そのもの

 К(来る) СЫрои(湿度のある、湿った霧、英語:Pea Soupe)

   釧路の街の気候そのもの

 

 

・ イタオマチプ

  イタオマチプ 本物の図 Women Boys Men     画像

h ttp://2.bp.blogspot.com/_ozA2VS9cbqs/SwXaooy8sbI/AAAAAAAAC3k/6QW4a9gP89o/s1600/slaveshipposter.jpg

 

 

・ サロマ (北海道オホーツク) 発音に「読み変化があるので負け組ロマノフ王朝時代の落ち武者ロシア系語

   意味は、"青鬼"に奴隷も同行してやって来た。 冬は流氷がやって来た。

 

・ ウトロ/羅臼(ラウス)/網走(アバシリ)  

 

・ Комуй(カムイ) 

 

 (北海道は) 誰の・・・ (土地?) の語彙が神を意味する、 

 日本人にはアイヌ語を解明できないと思っていたロシア(ソ連) の戦略でもある。

 B型人

 

カムイはアイヌ人種よりも高い知能な存在(朝鮮人やロシア人)である。

 

・ カムイワッカ の滝 (知床) 

  ロスケの焼酎(青鬼アイヌ系の「飼い主」の、酒の飲みっぷり)。

 

・ ポロシリ岳 / По-Россили 岳

・ ウポポ = У(ウ) пoпo(ポポ)

・ 留萌(るもい/Ру-мой)

 

 

 

 

・ 千歳 (Чтo せ?)

・ 苫小牧 (とまこ Mай)

・ ウトナイ湖 (Утка=鴨   ○○ най[最上級])

・ 登別 (Нoвом=新しい Цвет=侵略越境開拓基地)

・ 白老(しらおい=胆振 登別)

 

СЫрои(湿度のある、湿った霧、英語:Pea Soupe) + Ой オイ (感嘆語)

 スィラぁー                                  オイッ。

 大東亜戦争敗戦前世代の、外来語の少ない時代である昭和以前の人は、

 スィ を発音できないので スイ (シ) と発音する。

例: 清涼飲料水の 「ファンタ」 → 年配者は 「フアンタ」 と発音する。

 白老の語源は、 釧路は霧の町に同じ。

 

・ 浦幌 (Ура=侵略占領万歳  По-Ро ссйли)

 

 

 

 

 

 

参考資料: (余談)

  「阿蘇の開拓」における、江戸の中末期の「牧・四ツ・べこ飼い」の、
隼人(アルタイ人種?)と呼ばれた、ロシアの「負け組み方言」を話していた青鬼人種たち 

 

 

 (コピペ) 薩摩フィルター と 岩手 l

>  薩摩(鹿児島・宮崎・奄美・沖縄)も、

> 「明治維新」後の「渡航・居住の自由」の時代以前までは、

> 「学力が高かった」ようです。

 

 

 ●付録: 【人相】 ニブフ青鬼 

そのうち、ロスケが来るので「住めれん・来る(スメレンクル)」。 神道多し、非アイヌ系。

                     スメレンクル画像

                     スメレンクル画像

                     スメレンクル画像

改良 ↓

 

 

 

 

※ 古代の風水方位盤には、ユーラシア大陸のすべての人種が、

 豚鼻を含め書かれていますが。

  ゴリラ顔は16世紀の西遊記の孫悟空まで登場しませんWww

 

◆ 風水方位盤は「似顔絵=干支」な地図

 

 

 縄文顔は、「一重まぶた」の朝鮮顔です。

 アラブ人もロシア人もアイヌ人も「二重まぶた」の「とても多い人種」です。

 つまり、アイヌ顔がロマ顔なのが証拠でもあるが、縄文でも先住民族でもない利権泥棒の「ロマの民」なのが、アイヌ民族というマクンバ系の宗教団体です。

 

■ 古代・風水盤は地図 ◆

 

  


 

■ クナシリ・メナシの戦い

>  簡単に言うと、山賊行為をしたアイヌ(相ぬ) は処刑をされたが、

> 相生(あいおい) は誰も処刑をされていない。

> 

> 屯田兵が、その後に、配備をされた理由がわかるだろ?

 


 

■ 美しい国 = 女神イザナミのフェロモンが充満。

 大和民族の共通の先祖、先祖イザナミ(縄文)。

Sex pheromone of the goddess Izanami ( Jomon ) filled country of the Yamato race.

And, That means the Ainu Yaga Hag race of the slave race came to Russia from Africa.

 

 

■ 旧土人保護法の土人 = 奴隷 = Slave = スラブ民族 = The Slavs(英語)

http://www.geocities.jp/orionseijin_cacacakah/gorira_type-b/SoutaiseiUari/Slave.html

 

 

奴隷 = Slave(英語)

        ↓   

     スラブ民族 = The Slavs(英語)

        ↑

     アイヌ民族(アフリカ系ロシア人奴隷)

 

※ スラブ民族とは、

   東欧のロシア、および、「ソ連の権力人種」である、

   東欧のモスクワ民族顔の人種の民族を意味します。

 

   


 

◆ マクンベツ[幕別/十勝] 

http://www.geocities.jp/orionseijin_cacacakah/ainu-izika-ainu/Makunbetu.html

 

> イオマンテ と マクンバ

  

中世の、

 .▲侫螢東海岸原産の奴隷

 (東欧向けの捕れたて奴隷、後の旧土人保護法の対象人種アイヌ民族)と

 

◆.▲侫螢西海岸原産の奴隷

 (南米・中米・北米・西洋)の、末裔の違いがあります。

 

 

 

 

 

 


 

 青鬼はロマではないのが一般的なフェロモン行動でもあるが、青鬼でも群れを離れ、食糧を自給しない人種であるユーラシアの猿人系の「ロマとの混血」は、アイヌ協会側の青鬼顔のアイヌでもある。

 この場合の青は、いわば、朝鮮系の父親を持つことろで言うところの、創価状態でもある。

 

 本州でも青系(スラブ白人系)は、ロマである狩猟人種の野人ではない方のロシア系である。

 食糧を自給する「牧(まき)・四つ」系の畜産業に多いフェロモン族であり、率先して同化を希望した難民たちである。

 

 


◆ 簡易版   相ぬ VS 相生  

   [いつものコピペ]   

 

   【相ぬ(アイヌ)】   VS  【相生(あいおい)】 

 ( 相生は、在来種も外来種も、ともに生きることを誓ったことを、永続的に「教育的な地名にした後世へのメッセージ」でもある。)

 

 アイヌ人はロシア人ののように、小ぶりながら、が上を向いています

 横から見ると、平仮名の【の字です。

 

 

   

 

■ PigNoseLogy  『豚鼻学』  / 獣医学の人類応用編

          

            ↓    ↓

   

忍法:お国透かし 【三種の神器】 鏡の術

◆   ゴリラ顔    VS    ピリカ 

 

 

 

アイヌ(ロマ)顔

および

朝鮮系、

赤軍系に多い顔

 

相生顔

および

他の和人

 

 

 左翼のイメージ戦略が如何に嘘だらけかを知る、現実です。

  

● 青鬼顔の多い鎖国「強」地方は、不思議と美人も多く、アイヌ顔(ロマ顔)が少ない。(フェロモン学)

 

● フェロモン学 (Pheromonelogy)津軽海峡前まで雪女 通過後は雪ゴリラ

 

● # イザナミのフェロモン=同化・帰化が可能

● 白丁奴隷血族 と アイヌ血族に、不思議とゴリラ顔しか生まれない原因。

 

 

 

 

◆ アイヌ語「勝ち組」方言 = モスクワ方言民族

 

◆ ユーラシア大陸の、北極圏に北上できなかったタイプの狩猟人種で、かつ、食糧を自給しない人種「人食い人種」は、ロマ圏に生息しています。

 屯田兵の行方不明者捜索のガサ入れ時、和人(蝦夷(えみし)は、アイヌとフェロモンが違うため捕食の対象となり、軍鶏となった?

 

◆ 【元祖フェロモン学】 フェロモンは合流する!

  フェロモン学 (Pheromonelogy)  リスト

 

 世の中の「紛争」や「組織的な大事件」。

 および、「心からの片思いの恋愛」の難問が、

僕の大発見の連続である「これ」で、すべて解決します。

今! 暴かれる フェロモンの全貌。

   

● 妖怪人間「ベム・ベラ・ベロ」と同じ形相

   

 


 

  一方、 トカプチ(十勝)コロボックルは、朝鮮族の在来種(朝鮮土人種)系の人種が主体と思われる。

  コロボックルは、中世のロシアが、軍を東進南下をする前に、朝鮮を抜け出し(逃亡白丁? 安龍福のように脱朝をした部族ではないであろうか? アイヌよりも先にやってきた外来人種) た・・・・密出国者?

さらに、ロシア人と混血をする以前の、ロシア系のエラの張る前に、

「江戸時代の鎖国の脆弱な地」 の、

日本(蝦夷が島)へやってきた朝鮮族 と思われる。

 

 


  (予備知識メモ)    (ヤオヨロズの人種である和人版) より。

●付録: アイヌ語 辞典(トケビ語辞典 [倭人版] )

      「縄文遺跡の人骨人種のように、豚鼻の居ない「鼻の高い人種」で、「首の長い人種」である和人(シャモ)」版。

 

 

 

 

  

 【昆布アイヌ】 沖縄に南下し、 土人に成りすます・・・。 (鎖国時代は無断渡航は重罪!)

 

 【昆布アイヌ】 沖縄に南下し、 B型人種で毛がボーボー 

      (中華人は体毛の薄いパイパン。 琉球は開港していたのに ボーボー で、

       ロシア人並みに大量に購入しやすい蒸留酒好き。)  

 この現象は、北海道のアイヌ民族も同じである。 東洋の七不思議?

(予備知識メモ)おわり。

 


 青鬼系は、神道を先祖代々大切にする家庭が多い(私の先祖もそうです)。

 仏教(うちは曹洞宗だけど・・・) に熱心な他の朝鮮系の濃い和人よりも、先祖代々、在来神様を大切にする家庭がとても多い、食糧を自給する人種でもある。

 

 

● 同和も大和の最小単位 (1ビット/ヒトBit)

 日本全国の相生系の各町内会や天神・天満の氏子衆で8ビットかな?

 天満(天神)集落で、16ビットかもな?

 

●  神代(かみよ)のコピペ 【國體】 心の神 と 敬神崇祖

イザナギは、いつまでも追ってくる小野田寛郎さんのような、イザナミ族ゲリラとの泥沼戦争を続けることをあきらめて、イザナギは日本に同化をした。

●  神代(かみよ)のコピペ  高天原から天下り

 

オホーツク文化の人種の顔は、最後の戦闘能力を維持したままの日本兵(赤鬼人種)である、小野田少尉の人種の顔ですね。

 

(付録)

ヤオヨロズの人種

 

 

 

修正  Ver.2673-03-13 / orionseijin_cacacakah