青鬼アイヌ語:    И Наш Цвет 

                イ ナーシ ツベート 

          そして、 我らも   花咲く

 

 

稲志別川(イナシベツがわ)】  / ト・カ・プーチ地図:

 

ベツ/ペツ26680403J

 

稲士別という地名がある。

   

そばには白人という地もある。

呼び名は「血露っ人/チロット←白っ人」。

 

スラブ系の人種のアイヌのコタンである。青鬼アイヌ・コタンであり、 上流の黒アイヌよりも知能が高く、

和人も捕獲できない【河川での鮭の捕獲の権利】を昔から保有している。

   

稲士別は、  

“  И Наш Цвет / イ ナーシ ツベート ” であると思う。

 

 

 

アイヌ人の儀式の【イナウ】という御幣(ごい)である。

私は、イナウは「コメの稲穂」を夢見ている「どんぐり食」のアイヌ人が、 コメを呼び込む儀式であると思うね・・・。

  

 = 【イナ・ (稲生)】 / パクスィ、ペラパスイ(へら箸/アイヌ訛の北海道弁) (My スプーン/ ложка) 

 

 

「夢ピリカ」という、一般農家に開放した「(コメ)の品種」ができた。

ロシア人は、やっぱり。。。

ジャガイモや黒パンのほうが口に合うのかな。

  アイヌ人は、「どんぐり」を止めて「コメ食」になった。

現代でも朝鮮人の子供達は「蚕のサナギ」や「どんぐり」が大好物だそうです。

「どんぐり・ゼリー」が特に大好物だそうです。 

 

 

 

 

 

 

 

青鬼イヌ語に翻訳をすると、地理がよくわかるよ。

青鬼アヌ図

 

 

著:orionseijin_cacacakah   Jc26681110a