(余談・・・)

  ロシアではそれを、貴族に多い血管が首筋などに「青く浮き出た」ような、メラニンの少ない人種の肌を持つ、「高貴なドヴァレニン?」 と呼ぶそうである。

 

 

 青鬼系は、佐々木族・貴族で、「ササ貴族」な青鬼族でして・・・。
笹の葉の色のような、首筋の浮き出るような血管の色の緑色系なことから由来される、貴族の象徴である「ドヴァレニン」でしょうか。
  
※ 「ドヴァレニン」 参考データ元: 
    ロシア語の先生 「
川端香男里」先生 解説の、トルストイ 「戦争と平和」ラジオ講座講義より。
   もしかして人違いならだったなら? 中村和義先生(この先生は民話?)
  
 残念なことに、屯田兵配備時代以前から大和民族に敵対するアイヌ民族形成以前からの「ロマの人種」に飲み込まれた、アイヌ民族のブサヨにも、青鬼系ササキ族が結構います。

 

  巷(ちまた)では、彼らの先祖からの本能的な、畜産四ツ(よつ)産業従事者が昔から多い血族なので、その特徴を差別用語なのであるが、私に言わせると、食糧を自給する人種たちである。

 巷など世間では、そのことを、牛馬など、四つ脚の動物を由来として「四ツ」と呼ぶのが一般である。

 同和での、反日赤軍部族による活動で、大和から同和を朝鮮に引き込む「間違った教育」と同じで、「四ツ」に対するとらえ方も、間違った教えの影響が大きいであろう。

 四ツの穢多部落も、反日朝鮮族と居住区が同じでもある。

 昔の公衆衛生を考慮し、領民ではない人が中心であった、衛生を考えた工業専用地域であったことも影響しているであろう。

 さまざまな理由で、スラブ青鬼も、ならず者の朝鮮でロマと混血をした部族と混同されている例も、四ツ差別に影響をしているであろう。

 韃靼(ダッタン)などからも、モスクワ民族に殺されそうになって、狩猟人種たちのアイヌ人(相ぬ)のロマ人種と同じく、韃靼から青鬼も、赤鬼も大勢やってきたであろう

     ※ タタール系の赤鬼(「アテルイ」や「鳩山兄弟」風な顔)。

 

 「四ツ」は、稲作や軍馬の繁殖はもちろん、運輸には必要な産業従事者たちでもあった。

 京都や東京のほか、全国的に池沼地を最高とする稲作現場や陸上運送の街道沿いに多い。

 「牛の荷車」の駆動部分の整備士とでも言おうか・・・、に「四ツ」の地名は、そういう地理条件の場所に多い。

 食料を自給運搬という、「食と一心同体」でもあるのが、「四ツ」でもある。

 兵具現材料の牛革の確保や、牛馬の処理のカワハギだけではないようである。

 これら、表具の原材料などは、朝鮮を経由してきたロマ系との混血部族が狩猟系なので、産業も人相も一致する。

 青鬼は、牧(まき)という、食糧の自給でもある放牧「軍馬や牛の繁殖」系が一般な人相である。

 朝鮮系の青鬼は、前者の原材料の生産や食肉などに、現代でも多い。

 民族食の確保かもしれない。

 でも、北海道で、アイヌ系の青鬼が、犬を食うという話は、一度も聞いたことが無い。

 

 

 

 

 

 

♪ラッセー[ラ] に 戻る