アイヌ語 辞典    (ヤオヨロズの人種である和人版)    リンク・フリー

      

べこ (牛)

 

     青鬼アイヌ語「負け組み」方言 より由来。    日出る国 東国方言 東北弁(南部方言)

  ­­­

解析

       べこ  >  Бык (青鬼アイヌ語勝ち組み」方言

               ぶぃーく (  〃       〃   方言)

                   ↓↑

               べぃーくぅ  「負け組み」方言 および 極東ズーズー弁)

               べぃ くぉ

               べ  こ          

  

  

解析 

       べこ  >  Бык (青鬼アイヌ語「勝ち組み」方言

               ぶぃーく (  〃       〃   方言)

                   ↓↑

               ぶぃーくっこ  負け組み」在日難民方言

               べぃーくっこ  東北「南部国」地方 ズーズー弁

                べ  こ     べ  こ            

  

   

  

 

 



 青鬼アイヌ語「勝ち組み」方言で、 牛乳を意味する「マラコー/Молокоも、

 「ミルクっこ
       
ミルクを飲む「小さな子Мал------Молоко) = 青鬼アイヌ語「勝ち組み」方言
                  
が変化した、     「Малっ子)」

 青鬼アイヌ語「負け組み」方言から派生した「東北弁のルーツかもね」。
 
 でも、コレはまだ分析中なんだ・・・ (公開は未定)

 

その他の 仮説: マッコリ [朝鮮にごり酒]、 ジンロ(真露)

 

 

 

 


参考資料:

  

資料 津軽アイヌ

       青鬼アイヌ語・・・・ 青森の「ねぶた ⇒ Не(ニェー)? ← 「コレ(?)は怪しいかもね」

         ♪ラッセー (ロシア人[過去形]・・・ )

 

 

資料◆ パシュクル (馬主来 [ぱしゅくる]

        

資料   わらし = 和   pラッシーРоссий

 

 

  

資料 (余談)

  「阿蘇の開拓」における、江戸の中末期の「牧・四ツ・べこ飼い」の、隼人(アルタイ人種?)と呼ばれた、ロシアの「負け組み方言」を話していた青鬼人種たち 

  

 

付録: 【人相】 ニブフ青鬼 

そのうち、ロスケが来るので「住めれん・来る(スメレンクル)」。 神道多し、非アイヌ系。

                     スメレンクル画像

                     スメレンクル画像

                     スメレンクル画像

 大日本帝國の 八百万の人種(ヤオヨロズの人種)

  

関連一例:

   イクラ (魚卵 / И-Красни / 魚に付属した・赤色のもの)

   ムイ ( Мы  [ 我々青鬼の・・・港 ]

 

   ルイベ(魚/Рыба:凍りついた魚の刺身の語彙。 

        主に、大型である 「鮭科の魚の冷凍刺身」 のことを意味する)

        ※ チカを参考

   

   トバ(鮭トバ)   勝ち組アイヌ語では「タヴぁーシ (Товаш / あなたに・・・ 」。

 

   【ピリカ】 = 露女(ロスケ)

        = Предложение(男性からの)プロポーズの語彙

     

  

  

 


余談

 愛国者たるもの、無益な戦争回避を目指し、外国の「食料交換派兵」脅迫に負けない「食料自給率の向上」および、産業的に、食肉は純国産だべや。

 食料が十分にあると、犬や他の動物でもそうであるが、アイヌ人のような隣の集落との戦争(ブサヨ)や、大きなブサヨ戦争(治安を含む)は起きにくい。

 荷主が大阪商人の、北前舟や、神道の導いた神社の役割は、宝船(たからぶね)のような食料運搬船(「離島・へき地」での移動スーパーマーケット)でもある

 そのように平和は、食料自給率食料飽和数と関係が深く、神社の諸派同盟水軍を通じて、港町を中心に塩や食料の関係が深く、平和が維持されてきたのである。

 米ソ冷戦後のアフガニスタンでの、アルカイダとアメリカとの戦争で破壊された地で、、日本の農業指導復興援助も、敵にとってはアフガニスタンの地が攻撃とは逆の平和になるので、日本人の農業指導援助の青年が、敵に襲撃され殺害をされたことは記憶に新しいでしょう。

 中世の日本でも、悪意で攻め入る国が、相手国の食料自給率を下げる目的で、敵の戦争目的の「悪い忍者(ブサヨ)」による、真夜中の「青田刈り」が行われたそうである。

  

余談

 忍者は、忍耐の字のごとく、血気盛んでは勤まらない。

つまり、ブサヨ赤軍系には忍耐が無く、悪党のように刃物を振り回す下馬など、戦乱をまねいたり、日本の伝統的な体制に不満を吐き「乱・一揆」を起こし、現代のような「アイヌ不景気」を招くため、ブサヨには無理な公務員の役が忍者である。

 「イザナミ景気」は、極道ウヨク扱いをされたので潰れました。

 

  忍者はサラリーマンである。 当然、税金からの報酬も出る。

 ブサヨのギャング組織教のバザーのようなカンパ軍ブサヨ)とは別物である。

 人種的にも在来種から見るとブッサイクな、ゴリラ顔美容整形を必要とする人種の面子が集う、ブサヨの行う「会社や役所を労働組合のための会社に私物化」しているようでは、とても忍耐とは言えない。

 

余談  

 前回、ブサヨが政権を得た時代にも、 ブサヨ =ゴリラ顔 のような、ガングロ・ヤマンバ化粧が流行し、不倫が横行し、結果的に離婚が増え、親の離婚で不良化した小学生にまで性病が蔓延しました。

 先祖代々ゴリラ顔のブサヨという「治安の悪い人種」たちによる政権を得るために行われた政治活動の結果であった。

 

 ブサヨが、在来人種派であるウヨ政府の政治能力信用を失墜させるために、不景気と治安を悪くした、タリバンアルカーイダや、北朝鮮とかわらない、軍事的なメディアを利用したエロ番組を含むブサヨ政治活動結果でありました。

 

 屯田兵の目的であった外来種であるアイヌ人が、参議院に政治家として国会に登場した、当時はまだ国民にインターネットが普及する以前で、アイヌ人が先住民族でもないのに先住民族の代表だと嘘を撒き散らして、日本国民を大嘘でだましたアイヌ人が登場した時代も、そのブサヨによる、不景気活動の時代でありました。

 

   

 青少年がブサヨカルトにだまされる前に教えておくが、労働組合ブサヨ)と共済組合は、前者はアカ(ブサヨ)である。 後者の保障制度とは別物である。

  

余談

 伊達・奥州を旅した、松尾芭蕉も伊賀忍者であったそうである。

 敵の多い伊達を抜け、松島湾の友軍(秀吉に水軍の解体と強制移住させられた渡辺水軍の子孫など) の居る港まで到達して、やっと精神的に一息ついたようである。

 そこで一句詠んだそうである。

 

 松島や  嗚呼 松島や 松島や  近畿・奈良・関西弁

 

  

 忍者は、本来、戦争を回避するために軍を動かさずに平和へ戻すものである。

 もし、軍が動けば、平和・忍耐とは逆に、大勢が死に、国も大金を浪費する。

不景気なり、食料も欠乏し、乱が止まない「治安の悪い人種の巣窟」の国になり、

  ブサヨの先祖達が日本へ渡ってくる以前のブサヨの先祖の祖国のようになる。

  

 ブサヨの先祖達は、不景気で治安の悪い不潔な環境で生きる動物でもある。

現代はブサヨが天下をとるに合わせて、ブサヨの人種の国に作りかえられている、「ブサヨ人種向けの国作り中」でもある。

 

 和人側の 「イザナミ景気」は、逆差別で、迫害されました。

今は大卒でも、アイヌ人に多い同化を拒絶した結果の、中卒でもないのに学力的な中卒のような、大卒の和人が大勢居ます。

 アイヌ人たちによる嘘を信じたアイヌ人血族の、大嘘を戦力にした「アイヌ不景気」政治活動の成果でもある。

  

 今は、民主党・大地(旧日本社会党ブサヨの支持者多数)の計画した、外来人種を先住民人種に捏造した「アイヌ不景気」状態です。

  

  

  

 

また、余談になりますが・・・、

 私の一部の先祖もそうであるが、奥州藤原氏の滅亡は、八幡(海賊系)連邦水軍    に敗北をした。

 その敗北が、後世の民にとって、良かったのか残念であったのかは、未来のヤオヨロズの神々の歴史のみぞ知る所存である。

 

  

   

  

  

  

  

Ver.Jc2671-0805a / orionseijin_cacacakah         .