● 軍鶏肉/シャモ

黄色人種の黄色い脂肪を持つ、首の長い和人種の意味

  

 軍鶏(シャモ=和人)の脂肪は、鶏なので、黄色人種系のように黄色い脂肪肉である。

軍鶏も和人も2本脚であることも興味深い。

 アイヌ民族には先祖を含めた混血を除き、基本的に赤鬼系や黄色人種系はいない。←(試験に出る)

 

アイヌの人種は基本的に、

@ アラビアンのような西シベリア系の西洋のジプシーに共通(狩猟=移動)する、黒人の亜種のような薄めの黒褐色人種と、

A スラブ系の青である白色人種系の負け組み人種の青である。

 @もAも、瞳の色は黒が多かったが、近年では混血化をして茶色化している人が多い。

 

 私の研究では、スラブ系の青鬼アイヌは、本来、狩猟をしない食糧を自給する畜産テクノロジー系の人種 @ A B である。

 ウタリ時代には、アイヌ民族に逆同化をしてイオマンテをする人も、少数ではあるが出てきたようである。

 

B 両者共に、「江戸時代の鎖国の脆弱な地方」 や、朝鮮半島と同様に、豚鼻が多い、豚鼻を中心とした民族の豚鼻人種である。

 テレビや映画などから解るが、ロシアも豚鼻人種が多いし、アイヌ顔である、アラベスク朝のジプシー顔も多い。

 ルーツは、後述するが、猪八戒(ちょはっかい) である

  カザフスタンのスポーツ選手(オリンピック) も、アイヌ民族の原種と同じ豚鼻であった。

   

 アイヌは狩猟系の人種。

 動物学的にも、他の動物で見られる現象では、

種類・品種? 種類(人種)が違うと、姿は似ていても食料にされる。

 野生動物では、猛禽類や魚類でも、良くあることである。

カラスも鳩を襲う

    

 北朝鮮もロシアからの狩猟系の朝鮮アイヌトケビ)が多い・・・。

 鳥取城では、戦国時代ではあるが、「秀吉の兵糧攻め」の際、共食いが発生したが、私の学説では共食いではなく、

江戸時代の鎖国の脆弱な地方の足軽などの豚鼻でアイヌ顔の人種が、在来種を食料にした事件である。

 

(戦国時代ではあるが、江戸時代前の、因幡の白兎などと同じく、鎖国の脆弱な地方での、トケビという大陸の野人である朝鮮アイヌなどの移民による、足軽兵などに雇われた在日系の異人種が、在来種を食料と認識した。)

   

 


アイヌ語で和人を意味する「シャモ」について、

  

> 軍鶏も和人も2本脚であることも興味深い。

 アイヌ系の人種が、人食い人種であるというふうなことを、

私は一言も語っていない・・・。

 あくまでも、動物学的な科学的なことである。

      

 中国も、シルクロードで、ロシア方面から南下をした猪八戒(ちょはっかい)などの中華アイヌが多い。

猪八戒は西遊記の中に登場する豚の形相の妖怪であるが、実際は人種を遠まわしにイメージさせた表現であろう。

日本で言うなら、朝鮮人を例えた、ネズミ顔やウサギ顔のようなげっ歯目のことである。

http://www.geocities.jp/orionseijin_cacacakah/ainu-izika-garubohi/Bgata_zoon.htm

 これら狩猟系の人種は、「万里の長城の外」の、B型人種である。

   

 

● ロシアの人食い人種(ロシアン・アイヌ)肉食人種

 

 

 米ソ冷戦中、対日心理戦で神奈川県藤沢市でも?

 当時の犠牲者が、和製マイケルジャクソンという、TVKでおなじみの、アイヌ顔っぽかったことも不思議である。

 犠牲者が暮らした町の駅前ロータリーには、今はなき、北海道拓殖銀行もあった。

 当時は米ソ冷戦中で在り、日本では朝鮮系による心霊が盛んなオウム真理教をはじめ、宗教ブームでもあった。

 真相は、米ソの心理戦であった。

 北朝鮮は下請け業者である。

 ヤクザの部落民は、その更に下の、孫受け業者であった。

 

 西側は、宇宙人やUFOを巧みにあやつり、無宗教者へも影響を持たせていた。 東側の恐怖で支配する戦術に対し、テクロノロジーと想像を絶する力を持つ宇宙人を、東側の悪霊や武力的な超能力に対抗して、神以上の強さをアピール洗脳しあいであった。

 北朝鮮やソ連派は、恐怖でカルト宗教のように民を支配しようとした。

 また、さらに、詳しいことは書けないが、私などを試すがごとく、関係者のネタ元から挑戦してきた、軍事的な 暗黙の脅迫 でもあった。

 心理戦の攻防合戦が長期化した時代であった・・・・・・。

 

 


  
ロシアのアラビアンのような西シベリア土人「狩猟系黒アイヌ人種」 。

黒アイヌ系と思われる。


 ロシアのアイヌ Баба Ягаバーバ・イガァー) - Yahoo!画像検索

 アイヌは肉食・狩猟人種。

 他の部族との共通の教育システムなどの「道徳教育」は和人が教育をする以前は青鬼系のアイヌ以外では皆無。

 

 

 

 

 

 

バーバ・イガー(ヤガー)の鉤鼻の鼻先は、腐って青(人喰い人種の秘密を隠した豚鼻の意味)

> バーバ・イガー人種は、縄文式土器の舟で陸を漕ぐ

> バーバ・イガーは鶏(シャモ)の背に住む

 

 

 

 

 

 

● 【総合】アイヌ語 辞典 (トケビ語辞典 [倭人版] )

    /「縄文遺跡の人骨人種のように、豚鼻の居ない鼻の高い人種で、

      アイヌ人種よりも首の長い人種である和人(シャモ)」版

 

  ※ アイヌ系の人種の多くが、黒アイヌも青鬼アイヌも、

   頭部(顔)が大きく、クチがロシア人や朝鮮人のように横に広く、

   ゴリラのように首が詰まっている「ずんぐりムックリな体系」である。

 

 

 



 

    ロシアの昔話の人食い人種は、赤鬼や“青鬼”という単語からも、

    本当の話にも思える。   アイヌ人は狩猟民族で肉食である。)

      

     在来種である【赤鬼系】の、蝦夷(えみし)や和人の首は、アイヌ人と比較をすると平均して長い。

    アイヌ系はズングリムックリが多く、首が極端に短かったり、

    ゴリラのように首がないような感じの人も多く見受けられる。

   

      しかし、黒アイヌのシベリア系には、黒人のようにスマートで、

    首が赤鬼のように長い人種のパターンの人もいるが、多くのアイヌ系は前述をしたとおりゴリラの首である。

    (Mr.犬作の首のように短い感じで、アイヌ顔(外来人種=多種)な人がアイヌ人には多い。)

 

 

 

 

 

 

  

戻る 【三種の神器】 鏡の術   おまけ

 

戻る (神代のコピペ)

 

戻る (國體 こくたい)

 

戻る (「日の丸」 を背負う?)

 

戻る (松下村塾の黒板)

 

戻る (差別は正しい)

 戻る 余談 朝鮮半島は神代ではない)

 

戻る (カムイミンダラ)

 

 

 

 

 

 Ver.2670-0711d    Orionseijin Cacacakah                    .