まず、僕の下手な難解文章を御免なさい。

(僕は理系の人間なんで文章がへたくそなんです。)

 

 マサイ族の話ですが、アフリカのマサイ族は奴隷誘拐されなかった、中世の時代に白人の誘惑に負けない判断知能を持ちました。

 

 コリアンに多い肉食系の白丁奴隷やトケビなどのピグミー系奴隷のような肉食ではないマサイは、基本的に先祖代々肉を食べない種類の黒人で、売春婦や盗賊や強盗や詐欺師に多い狩猟人種の本能と違い、アフリカ系狩猟人種の小型の肉食で、人喰い人種を世界に広めた小型の黒人奴隷と異なり、マサイ人種は食糧を生産する人種なのです

 

 河童ゴリラ顔である、本州では河原者の河童(非人)や、原種のアイヌ民族(コロボックルの人種)は、背の順に並んでも最前列か、または、背の高いアイヌでも寅顔混血以外のアイヌ民族は、前のほうの半分よりも前の、前から数人目の身長が多いです。

 小中高大と友人たちを観ても、白丁系の人も同じ傾向ですね。

 

 現代の食糧事情による身長が伸びた和人(大和民族)よりも、背が低い。

白人も奴隷混血以前は、ロシアのウラジーミル・プーチン氏や、奴隷貿易をしていなかった北欧や英国庶民や、トニー・ラマーノさんのように、奴隷のいない奴隷を扱う知能を持つ人種は、白人でも日本人の和人の身長です。

アイヌや白丁や独脚鬼・Баба Яга は、現実の世間でも、和人よりも、さらに背が低いのです。

 

食糧を自給するタイプの、スラブやオランダや、北米のマサイ系の多い背の高い奴隷は、商品価値のあった知能の奴隷であり、食糧生産に必須の治安も本能的に守ります。

 

一方、コリアンやアイヌや独脚鬼・Баба Яга など人喰い人種は、奴隷貿易時代の、アフリカの狩猟人種なので、ほぼ全員が小型なアフリカ原産の白丁奴隷・アイヌ民族(旧土人保護法)などの、奴隷貿易時代のピグミー系の人種と違い、ロシアのスラブ民族の奴隷や、北米の黒人奴隷系は、知能が高いマサイ系なので、背が高い人が多い理由です。

オランダも奴隷貿易時代以後に身長が伸びました。

 

北欧の人は奴隷がいないので日本人のような身長のままですが、英国の貴族や貴族の所有する農園には奴隷が居たので背が高いのです。

そういうわけで、英国の一般庶民で奴隷が混血をしていない人達は、日本人のような身長なのです。

トニーさんも、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領なども、奴隷を扱う側の高い知能を持ち、奴隷と混血をしていないままの、「白人間でも白人に逆らえる頭脳をもつ個体」であり、ロマや白丁や、ロマの流れの遺伝で河童顔が多いシーしぇパードなどは、牧場の家畜を扱う感覚なので、一人で多数の家畜(奴隷)を扱える知能なのです。

 トニーさんがテキサス海軍の提督だったのも、その頭脳というか? ご先祖さまからの遺伝でしか身に付かない知能なのです。

 

 コリアンの売春婦は、アイヌ顔です。

 言い換えれば、ロマ顔です。

 ロマはスラブになれなかった独脚鬼・Баба Яга やアイヌと同じ産業廃棄物の奴隷であります。

 

 連中は、食糧を自給しない商品価値のなかった奴隷であります。

 これら産廃奴隷は、ロマ顔です。

北米で言うならば、カリブ海に捨てられた産廃奴隷と同じなのが独脚鬼・Баба Яга やアイヌ・ロマ顔で、彼らが、密入国で再入国をした北米南部でも「治安が悪い」し、「嘘や強盗が多い」のも、「狩猟人種という食糧を自給しない人種の本能活動」です。

 

僕は、蝦夷土人図のリアル人相の蝦夷(えみし・えびす・いざなみ神・縄文顔・北米と同じ赤膚人種・東国人)です。

 

蝦夷(えみし)は、アイヌと完全に異なります。

まず、民族が彼らとは正反対のフェロモンです。

 アイヌや独脚鬼・Баба Яга や白丁や、ロマやシーシェパードは、産廃奴隷の狩猟人種のフェロモンで群れているのです。

 彼ら産廃奴隷は、マサイ族系の奴隷と違い食糧を自給しないウソを道具に狩りをするのが従軍慰安婦問題などです。

 これら極東の売春婦もアフリカ系なので子だくさんです

 北米でも産廃奴隷が子だくさんです

 インドも中国の奴隷が大量に搬入された地帯は子だくさんです

 もちろん、日本が奴隷予防のために鎖国をしていた時代に、鎖国の脆弱だった地域に勝手に無断ですみついた中国と英国が捨てた琉球のアイヌ顔や、ロシアと英国とフランスなどが勝手に北海道へ尼港事件のように捨てた産廃奴隷がアイヌ民族であり、このアイヌも子だくさんです。

北海道帯広のアイヌ民族の代表者の政治家も、アフリカ人のように、離婚を繰り返しながら子をもうけ、結果、アフリカ男性のように「アイヌたちも子だくさん」です

これら、売春婦の人種であるロマ顔でありアイヌ顔は、朝鮮では独脚鬼・Баба Яга と呼ばれます

北朝鮮政府の科学アカデミーは、アイヌの母体組織であった日教組の政党である、日本社会党組織のように先住民活動をし、先住民族はアイヌ顔であるアフリカ系の人相の山葡萄原人です

白丁奴隷は2級奴隷で、モスクワ民族人種の精子による『試し腹』で、混血前のアイヌの多くも豚鼻の遺伝子を持っていますが、一般的にアイヌにウサギ顔はいません。

アイヌはウサギ顔よりもロシアの方角に位置する寅顔の遺伝子だらけです。

アイヌ民族の民族衣装の本物の多くは、ロシアの寅顔の地方に現代でも多く現存しています。

ウサギ顔の地方を通り越して寅顔の地方で『試し腹』をされたのがアイヌ民族でありアイヌの豚鼻の人相ですが、ブサイクの奴隷はゴリラ顔過ぎて、ロシア人も拒絶したようで豚鼻が少ないです。

 

 大和民族である同じ縄文のフェロモンを持つのでストレスなく大和民族に同化した穢多という同和(同じ大和民族)の民は、縄文である蝦夷(えみし)の人相の僕のフェロモンからでも、美男美女が多く、悪臭のような違和感がなく、ロシアの白人系の人相を多く遺伝していますが、同じ縄文である伊弉冉神のフェロモンを持っていることが僕のフェロモンの一致から判別できます。

奴隷系は朝鮮民族やアイヌ民族など大和民族に同化をしませんし、部落民でも穢多ではなく、非人(ヒトニアラズ)の江戸時代から発生した、河童面が多いです。

中国でも、西遊記で、奴隷貿易時代の16世紀から河童が発生しました。

北海道で河童顔はコロボックルでありますが、本州では朝鮮部落に河童伝説が多く、コロボックルは江戸時代の和人の身長よりも小型な、体高の小さな河童と呼ばれています。

 穢多はヒトでありますが、河童は河原物のヒトではない河童です。

 カッパライという言葉も、彼らの行動から発生したようです。

 現代と同じだと思います。

 いわば不法滞在の在日コリアンの犯罪発生率と同じでもあり、アイヌ系による凶悪犯罪の多さもブラジルの犯罪と同じで狩猟人種ゆえの本能から発生した事件だらけなのが非人(河原物=河童)の生態でもあります。

 彼らはアフリカ系なのでB型の血液型が多い集合体でもあります。

 日本の戦国時代も白人が河童を運んできた時代に発生しました。

 島原の乱も同じで、江戸時代ですが、奴隷は基本的に産廃奴隷になる寸前まで奴隷貿易船内でもキリスト教徒でもあります。

 その時代、日本列島の大和民族は、白人がたくらむ有色人種の奴隷化に逆らい鎖国をして奴隷化予防をしました。

 

アイヌも豚鼻だらけで、モスクワのスラブ民族内に広まったアフリカの狩猟人種の、嘘の遺伝子をもちますので、ソ連もウソつきなのです。

ソ連の体制も奴隷管理システムでありそうです。

 

世間を嘘で狩猟しています。

 

 私の人種は、奴隷化されていない最後の有色人種である、奴隷化されていない先祖を持つ縄文人種であり、その在来人種の結果、本物の日本の先住民族である、穢多の人とも仲良しが多かったが、創価には嫌われていた、アイヌを悪習に感じる人種であり、アイヌたちの「うその政治的な人種差別反対の宣伝」とは、現実の蝦夷(えみし)=エビス=縄文=イザナミ神(敬神崇祖)の生態は、正反対です。

 

日本国内で大和民族に同化をしない、アイヌやコリアンの同化拒絶組などの、この食糧を自給しいタイプのアフリカ系の人種の本能は、ロシアでも「背の高いマサイが買われたスラブになれない狩猟人種」が、「嘘・詐欺や強盗や内戦や売春婦の本能のほか、人喰い人種の必須条件である肉食の本能をを持つ、アフリカから奴隷貿易時代に黒船がアフリカを必ず寄稿して極東アジアへ来た時代の、奴隷貨物であった「河童ゴリラ顔の人相」のフェロモンが人喰い人種です。

 

アイヌやロマのように捨てられた人種でも、同じです。

北朝鮮で発生した人喰い事件や、韓国の白丁が、昔、両班の息子を食した事件なども、白人や黄色い東洋人が、彼ら肉食で食糧を自給しないアフリカ系の狩猟人種と同じフェロモンではない人種を、「食の対象と見る」自然現象であったようです。

 

 利権アイヌやオランダの売春婦の人種の人相や、シーシェパードの人相や、ロシアのロマの人相と同じで、コリアンの売春婦の人相とも同じ人相なのです。

 おそらくシーシェパートを応援する民にも、同じ群れとしてアイヌ民族と同じ、ロシア名物の奴隷であった黒い瞳(Supper Black IRIS = It is not brown eyes)  が多いでしょう。

 

これが、コリアンの言う従軍慰安婦の人種の正体であります

 韓国で売春婦がデモ活動をした時のメイクも、アイヌ風の人相である、ロシアの大きな口を模している、アフリカ系でも狩猟人種である河童顔由来の、ロシアではカエルと呼ばれるような、スラブ民族風の化粧をした独脚鬼・Баба Яга を模した、口裂け女風であり、アイヌの女性(めのこ)が、モスクワ民族風に、口の周囲の入れ墨を施していたような人相のものです。

 

 

 北米に再上陸をした、中世の奴隷貿易時代の産廃奴隷をカリブ海や中南米に捨てた時代の、ヒスパニック系と同じ治安が、カナダやUSAなどの、北米各都市に広まるでしょう。

 

 「朝鮮料理のクッパ」や、「USA南部の黒人料理であるガンボ」などは、同じ時代に、奴隷への食事であった共通性かもしれません。

 

 従軍慰安婦の活動も、議員もウソの人道活動で同情を得て応援してもらえるので、コリアンを応援して祖国を売る議員は、政治家の議席という「お金目的」で有権者から票をもらえる、「政治へ参入」する、「狩猟のツール」が人種差別に民がマインドコントロールをされた時代の、人種差別を悪用した、日本国内や白人から「税金を通じ金を集める狩り」なのです。

 アフリカ系狩猟人種は、奴隷として運ばれた先では狩猟が制限されている国が多いので、狩りを大和民族世界や白人の世界で狩りをする手段を学び、狩りを進化させたのです。

 これも、従軍慰安婦活動や、アフリカ系の黒い瞳(Supper Black IRIS It is not brown eyes) で、モスクワ民族の精子による『試し腹』で豚鼻になったが、モスクワ民族の男性にも正式な妻が居たので、奴隷でもある「隠し子」なので、捨てられた産廃奴隷である旧土人(アイヌ民族) が、北米で展開する狩りなのです。

 

 英国やオランダの場合は、「知能」である「頭のいい」、食糧を自給し、食糧を自給するに必須の治安の本能を持つマサイ系を先に選んだので、貴族は、背が伸び、アフリカのマサイのように酪農大国になりました。

 知能と学力の違いは、学力では嘘も学力なカルトもいる。

 

 

 狩猟は、獲物をだますテクニックであり、アフリカ系の小型の人喰い人種系には、アフリカ各地の内戦や、産廃奴隷が運ばれた地域の万年紛争地帯のように、商店街には鉄格子が普通であったり、アイヌ民族のように隣の国ではなく隣の集落との殺し合いの戦争が多発するなど、巨大都市はもちろん発展しませんし、そんな本能の人種には、イヌイットの狩猟人種のような和はありません。

 

 河童顔の狩猟人種は、いかに獲物をだますか、集団で獲物を追いますます、オオカミと同じアフリカ系の狩猟人種なのです。

 

 イヌイットなど日本人タイプの人種は単独活動で、身白むイヌイットへも避難シェルターを提供する和がある、治安を重んじる人種ですのでアイヌやコリアンなどのアフリカ系の黒い瞳(Supper Black IRIS It is not brown eyes の狩猟人種と混同しないでください。

 

 マサイ系は、北米に買われた知能が高い、食料を自給するタイプの、食糧を自給するうえで本能的に必要な治安もよいアフリカ系人類なのですが、従軍慰安婦活動をするコリアンなどの肉食系奴隷はアフリカの狩猟人種の本能で、中世の奴隷貿易時代にカリブ海や中南米へ捨てたはずなのに、カリブ海から再上陸密入国をして住み着く、マクンバのヒスパニック系(アイヌ民族顔)と同じです。

 

※ 中世の奴隷貿易時代にアフリカからロシアへ売られた奴隷であるが、スラブを選んだ後の奴隷である2級奴隷。 トケビやアイヌは産業廃棄物奴隷。

 


 

 

 

カナダで人種差別反対活動や極東アジアからの先住民族活動家や朝鮮の従軍慰安婦は、アフリカ系の奴隷だったので、極東アジアの縄文である僕の人種の蝦夷(えみし)はこげ茶色やの瞳の色ですが、アイヌも白丁も独脚鬼・Баба Яга も、アフリカ系人種なので、産廃奴隷であったロマや、商品価値のあった奴隷のスラブの黒い瞳と同じで、従軍慰安婦の人種もアイヌ人も、瞳の色がアフリカ人種の持つ黒い瞳(Supper Black IRIS = It is not brown eyes です。

 

長々と、何を言いたいのかというと、従軍慰安婦血族やアイヌ連中は

産廃奴隷になる原因の、ロシア人でさえ「うんこ臭い扱い」をした、日本に捨てた豚鼻『試し腹』胎児入り性玩具奴隷であるが、「人喰い事件」も多い人種なので天敵のフェロモン悪臭を放つ(イガー/Яга )なのです。

 

連中の異常行動も、ブルンジ様に、自分たちと異なる白人を特に好む、人喰いに共通するフェロモンが、大和民族と異なる行動です。

 

 朝鮮系でも、縄文系の人は大和民族になっています。

 しかし、従軍慰安婦という、基本的にキモイので、和人が勃起しないアイヌ顔系である独脚鬼・Баба Яга やロマはアフリカからの優性遺伝子で、混血後も、アフリカのフェロモンで群れて利権強盗の狩猟をします。

 

 このキモイは、北米の混血(ミックス)だらけの国の人たちにはご理解いただけないかもしれませんが、東国人種の江戸時代と同じ人相のエミシの人種(縄文)である僕だから大和民族を代表して言える主張なのですが、混血をしていない人種から、アイヌ顔や独脚鬼・Баба Яга 顔などとのセックスなど経験などの嘘や、彼ら人喰い人種の放つフェロモンへの差別反対は、拷問のようなものです。

 

 

 かれら、コリアンなど、アイヌと同じ肉食系の人喰い人種の共通するアフリカ産廃奴隷は、

同じ極東アジアの、縄文(いざなみ)フェロモンを持っていない行動なのです。

 

 僕の祖母は秋田のロシア系も混ざっていた色白な肌ですが、肉は食べない人でした。

 一方、朝鮮人やアイヌ人は肉をよく好みます。

 

 アイヌ民族などは神様のクマを、大人が小熊を集団リンチして、その日のうちに、肉が熟成もしていないのに、アフリカ系でも産廃になったタイプの人喰い土人なので、即日に間食して、神様の熊を食べちゃう」くらいです。

 

従軍慰安婦話も、朝日新聞社の発行した小説が、従軍慰安婦騒動の起源なのですが。

● YouTube - 朝日(新聞社)が作った歴史  様(上映 8分54秒  

http://www.youtube.com/watch?v=EoAmItpLGuE

 

 大日本帝国軍人は、全員が、教育勅語という、アラブのムスリムが神聖にしているコーランよりも厳しいかもしれない、天皇の声による戒律がありましたので、天皇が「神と同等の時代」に、その教育勅語である「天皇の命令」に背いて、敵ではない同胞を、売春婦や奴隷にしたりなど、皇軍の名で行いませんよ。

 もし、そんな、南京大虐殺や従軍慰安婦の事件があれば、教育勅語の軍人世代なので、「部下からその場で殺されていた」でしょう。

 天皇の名を汚す行為はありえない事件だったのです(従軍慰安婦は小説内に限定の宇宙人と同じ事件)。

 

  売春婦人種のロマ顔・ヒスパニック系顔・アイヌ顔・独脚鬼・Баба Яга のイガー/Яга の г は、ガクノー(Гагно) といい、ロシア語で産業廃棄物や、「糞便・うんこ(フィーシーズ、ドゥドゥ、ドックスダート、シット)を意味」します。  モスクワ民族の白人にも、和人と同じ天敵への日本の東国人の蝦夷(えみし)と同じ嗅覚をもつようです。  アフリカ系奴隷で、スラブを構成する時代の、アイヌ顔である従軍慰安婦系の顔(ロマ、独脚鬼・Баба Яга )という、産廃奴隷が放つ、天敵である人喰い人種のフェロモンを悪臭と感じるようです。  独脚鬼・Баба Яга も、産廃になる以前までは奴隷なので片足がない表現なのです。

 

 

 

 

 

マサイ系は、乳製品を食べ、人喰い人種のように肉を好んで食べないようです

 

 奴隷が帝政ロシア側のモスクワ民族と一緒にやってきました。

 この佐々木族は、牧系です。

 アイヌ顔はアフリカ時代も、野人であり食糧を自給しませんので、現代でも狩の延長本能で、議会山賊(対軍鶏)や利権強盗団(黒い瞳なのに先住民族)や、市民生活でも、大和民族に罪悪感を持たず逆恨み泥棒やヤクザや、大和民族を恨むカルト教団や政治政党の支持者や構成員も多いです。

 不思議とアイヌには、朝鮮の白丁奴隷(アイヌよりは商品価値があったので朝鮮へ売られた) のように下着泥棒のニュースを北海道も聞いたことがありません。

 その時の産廃奴隷がアイヌ民族という、旧土人保護法での対象民族でした(和人は南京大虐殺や従軍慰安婦や日帝がコリアンに赤紙を朝鮮で配った事件状態)

 オホーツクでは、アフリカから誘拐をされて、人を喰ったり、ジャングルの土人のように近くの者をいじめたり、戦争したり殺したり、隣の集落と戦争をすることなど、世界共通のアフリカ系産廃狩猟人種知能で、頭が悪いので、マサイ系を選んだ後に捨てられた奴隷の産廃奴隷を運んでいた白人を、皆殺しにしたパルチザンを結成しました。 アイヌ顔(トケビ、ヒスパニック顔、ロマ顔、ヤガーばあさん)でなければヒトを食べないと思います。

 

 

・ イタオマチプ (アイヌ民族たちの伝説の和人の北前舟よりも大きな船

 

  サロマ (北海道オホーツク) 発音に「読み変化があるので負け組ロマノフ王朝時代の落ち武者ロシア系語

 

・ ウトロ/羅臼(ラウス)/網走(アバシリ)  

 

・ 釧路 くしろ KUSIRO = КСЫро

 

 

 

■ PigNoseLogy  『豚鼻学』  / 獣医学の人類応用編

   

◆ http://www.cais.hokudai.ac.jp/

          

       豚鼻城 (ぶたばなじょう)

  大学の先生の称号を得たアイヌ人は、先住民だと偽って和人から騙し取った血税で建城し、和人を赤軍活動で社会の第一線から突き落としておきながら、豚鼻なのに先住民族のフリをして所得を税から得ながら生活をしている。

 

● 豚鼻城 「城主は、ウソで税を使い込む日本社会党、老中は大地党」

http://www.geocities.jp/orionseijin_cacacakah/ainu_rosuke/yoroz_HTML/ButaBanaJoh_26700506a.html

 

● 忍法:お国透かし 【三種の神器】 鏡の術 

 

■ トンコリ尻 (アイヌ民族の楽器の形)は、河童尻(ニューハーフ? 子供の尻?)

  (シャモ=大和民族の多くは安産型=Venus